歌うようにゆるやかに(andante cantabile)

マイペースで歌を歌い続けようっと☆

慈しむこころ

2011-04-30 23:24:37 | テレビ・映画・本
GW一日目の昨日は、映画をみてきました。

『大地の詩』
明治時代に刑務所の教誨師となり北海道にわたった
留岡幸助。そこで家庭的にめぐまれないほとんどの
子どもたちが不良になることがわかり、家庭学校を
つくり自然の中で子どもたちを教育し育てていく・・・

自分に与えられた仕事だと家庭をかえりみずに
打ち込む夫。それを支えた明治の妻はどんなに
大変だっただろうと思います。
結局幸助の妻も無理がたたって幼い子たちをのこし
若くして亡くなってしまいます。

しかし家庭学校は今もなお受け継がれているそうです。

どんなに時代は変わっても、まわりの人に慈しんで
育てられた子どもは健やかに成長していくことでしょう。
子どもたちをやさしく見守る社会でありますように☆



今日はウォーキングで神社を歩いてきました。

参拝客でにぎわうなか
結婚式やお宮参りの人たちもたくさんいらっしゃいました。
実は私のまわりはクリスチャンが多いので
神前結婚式というのはテレビでしかみたことなかったんです。
一般の人にも式が公開されていたので
興味深く見せていただきました。さすがA田神宮は
雅楽の演奏や巫女さんの舞まであるんですね。なるほど~~~

人生の節目で晴れやかな人たちをお見かけするだけでも
なんだかうれしくなってにこにこしてしまいました。
結婚式をあげられたみなさんがお幸せでありますように☆
今日出会った赤ちゃんたちが健やかでありますように☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙台からの歌声♪

2011-04-29 11:34:34 | 音楽
仙台からの歌声「大震災復興支援チャリティコンサート」


歌は聴く人にも力を与えることがあるけれど
歌う人自身にも力を与えるってことを考えていたところ・・・
仙台のステキな歌声に出会いました♪
歌の力をあらためて感じました。
M城三女OG合唱団のみなさん、ありがとうございます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌はわたしのチアリーダー

2011-04-28 23:56:28 | 音楽
「広瀬香美の歌い方教室」という本をみつけました。

とっても伸びる高音の彼女はどんな練習をしてるんだろう。
クラシックとは分野が違うけれど、いろいろと共通点も
ありそうです。

特に最近、歌えることは幸せだし
歌うことで力を与えられるなあと感じています。

ほんとに、歌は自分を励ましてくれるチアリーダーですね。

「つらい時でも、悲しい時でも、歌えば歌うほど、心が穏やかになり
 和み、癒されていく」

全く同感です!!

本を読んで、自分の可能性を信じてみたくなりました。

「何歳になっても、歌はうまくなる」って♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分らしくいること

2011-04-28 23:28:35 | 家庭・子ども
ある人からメールをもらいました。
「自分はまわりの人から暗いといわれてしまう。
 無理にでも明るくしなくてはならないのかな?」

きっとその人のためを思ってアドバイスをしたのかも
しれませんが、「あなたって暗いわよ」なんて
いわれたら気にしますよね。

人はそれぞれうまれ持ったものがあると思います。
キリスト教的には神様からひとりひとりそれぞれ
タラントを与えられています。それを大切に
自分らしくいれば、人のいうことなんか気にしなくて
いいはず。

私は両親が教師というのもあって、いい子でいなくてはと
小さい頃からかなり生真面目でした。でもまわりの人に
「真面目だ」と思われたくなかったんです。
真面目イコール「あなたってつまらない人ね」と
いわれてるようで・・・・・

ある時、友人に「真面目でいいじゃない!
自分らしくあればそれでいいのよ」といわれて
それからはすご~く気持ちが楽になりました。

人からいわれたことで傷ついたり、元気づけられたり。

次女に聞いてみました!
「私が言ったことで傷ついたことない?」

「そうだなあ・・・
 進路を決めるときに、『文学部なんて無理じゃない?
 あなた本をそんなに読んでないじゃない。
 国文科の友人は好きな作家とかいてすごく本を
 読んでたもん』っていわれたときはカチンときた。」

いわれてみると、子どもの気持ちを尊重しようと思いながらも
上から目線でいろいろ言っちゃってるなあと反省しました。

まわりの人を認めて元気づける言葉が語れるといいなあ☆



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朱蒙チュモンより 「インスニ 世界が私を呼んでいる」

2011-04-26 23:59:09 | テレビ・映画・本
朱蒙チュモンより 「インスニ 世界が私を呼んでいる」


ここしばらくチュモンにはまってしまいました。
チュモンが激しく闘いながらも、
やさしく微笑む表情がまたすてきなんですよ~

これは役がいいのか?それとも役者がいいのか?
ソン・イルグクさんの現代物もみてみたいです☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加