歌うようにゆるやかに(andante cantabile)

マイペースで歌を歌い続けようっと☆

後輩へゆずる!!

2007-03-30 22:41:23 | 自分探し・仕事
家庭学習教材のチーフさんが、後輩に仕事をゆずって
平のモニターさんになったそうです。

「体力的にきついし、五年後を考えたらそろそろ
引き際かなって思ったんだよね。」

私より二つ上のかたなんだけど、すごく元気で
そんなことを考えてたなんて思っても見ませんでした。

みんなそれなりに身体の不調とたたかってるんだなあ。
更年期はひとそれぞれだけど、その人なりに身体の変化を
受け止めなくてはならない時期なんですねえ。

「自分ががんばると、家族に迷惑かけるでしょ。
だんなもやっぱり年をとってきて、体力的にもきついみたいだし
サポートしていかなくちゃね!!!」

えらい!!
疲れて帰ってきたご主人を笑顔でむかえてあげたいって!!!

ちょっと耳の痛いまるっちでした。

先日ちびとテレビをみてたのしんでいるときに
おとうのおやじギャグがうるさくて
「もう、お父さんうるさい。早く寝てよ!!」と
邪険にしてしまいました。

おとうはおとうなりに家族とだんらんを楽しみたいんですよね。

仕事は代わりの人がいくらでもいますが、
家族はそうはいきません。きちんとむきあって毎日すごしたい
ものですねえ。

「芋たこんなんきん」も明日でおわりです。
健次郎さんと町子さん夫婦のように仲良くありたいものです!
コメント

すばやい対応だあ!

2007-03-29 17:46:06 | 自分探し・仕事
我が家はファックス・コピー・スキャナー・プリンターの
複合型電話を使っています。

一つで何役もこなしてくれるんだけど、
調子が悪いと仕事がはかどりませ~ん。

コールセンターに電話しろとの表示がでたので
とりあえず電話してみました。

内容をきいて係りのかたが「では本日中に
修理のものからご連絡をさしあげます。
伺うまでには2・3日かかると思います。」とのこと。

ちょうど土曜日だと都合がいいかなあと思っていたら
連絡があり、「本日の3時半はいかがですか?」
「今日ですか?」あまりのはやさにこちらがびっくり!

電話して二時間後には直していただいちゃいました。

「ご迷惑をおかけしました。」とインクジェットも
セットでサービスしてくださいました。


混んでてなかなか修理の人にきてもらえなかったり
するものだけど、電話したタイミングがよかったのかなあ。
機械の調子が悪いと、それだけで気分が落ち込んでしまうけど、
げんきんなもので調子がよくなると、気分もすっきり。

さあ、お仕事はかどりまっせ~(うちでなんの仕事があるんだあ~)
コメント

人に任せる!

2007-03-29 17:32:29 | 自分探し・仕事
あなたは仕事を人に任せられるタイプですか?

私は自分でできないことが多いものです。
そのくせ人に甘えることがへたなので
「◇◇さん、おねがいしま~す!」なんて気安く
たのんだりできません。
でもでも「○○やろうか?」と声をかけてくださる
かたがいると「おねがいしま~す」と
喜んでてつだってもらっちゃいます。

多少自分の考えとはちがっても、まあ
お願いしたんだから・・・と思うんですが、
世の中には『人には任せられない・自分でやらないと
きがすまない。万が一、人に任せたとしても、どうしても
自分のやりかたじゃないと文句たらたら・・・』と
いうタイプのかたがいらっしゃいますよねえ。

きっと周りの人が気をつかってるんじゃないかなあ。

少しくらいいいじゃんと思ってしまう私です。

子どもたちとつきあってたら、自分の思うようになんか
うごいてくれませんから、鍛えられました~!!!
コメント

看護士不足で病棟閉鎖!

2007-03-27 22:40:15 | ニュース
夕方のニュースをみていたら、
なんと都会でもあるこの地区の市民病院で
看護士が不足して病棟を閉鎖。合計90床ほどのベットが
使われなくなってしまうそうです。

大学などの待遇がいい大病院へ看護士さんがながれてしまい、
十分な看護士さんが確保できないというのです。

過疎のまちではなく、こんな都会でそんなことがおきるのかと
びっくりしてしまいました。

先日総合病院の外来にいって、ぐったりしてしまったけれど
大病院ばかりになってしまっても困りますよねえ。

ものづくり日本をささえる企業でも、優秀な人材が
確保できないと会社自体があぶなくなります。

最近は引く手あまたで就職も学生が選べるように
なってきたようですが、社会をささえられるよう
適材適所で人材がまんべんなく確保されると
いいなあと願っています。


コメント

一年前の今頃は?一年後の今頃は?

2007-03-27 22:12:00 | 家庭・子ども
今年の受験シーズンもおわり、高校の入学説明会があったとか・
下宿へ引越しをしたとかいう話を聞くと、そうだ一年前は
そんなことがあったよなあ~となつかしく思い出します。

なんだかバタバタしていて、子どもたちの準備も十分には
してやれなかった気がしたけれど。あわただしくスタートを
きったこの一年、子どもたちもそれなりに自分の道を歩いて
くれているので一安心です。

中学からたった一人で入学した高校へすすんだおねえ。
うまく友人ができるかなあと心配したけれど、
吹奏楽部やクラスやはたまたオタク友達(?)もでき
毎日忙しいながらも楽しそうに通学しています。
「高校いくのめんどうだなあ。」なんて言い出さないかと
ひやひやしましたが、この一年無事に過ぎてほっとしてます。

親元を離れたおにいも、結構がんばってます。
もっと心配させられるかなあと思っていましたが、
離れていて行動がみえないってこともあるんですが
信じて祈ってることしかできません。
いいことも悪いことも、どんなことも人生には無駄なことは
ないと思うので今は自分を見失わないようにいろんなことに
挑戦してほしいなあと思ってます。

さてさてそして来年はちびが受験をおえて、高校への入学が
きまっているころです。

どんな春がまっているのでしょうか。

毎年桜の花は同じように咲いているけれど
それをみている私自身は毎年違った思いで
桜の花をみているような気がします!
コメント