歌うようにゆるやかに(andante cantabile)

マイペースで歌を歌い続けようっと☆

声は出すのではなく出るもの!

2012-06-16 13:30:08 | Weblog
先日合唱祭で若い人の無理のない澄んだ歌声を聞いて
自分の発声を見直すことにしました。
とにかく頑張って出している声は歌っていても
聴いていても心地よくありません。
う~~~ん、発声の本を引っ張り出したり・・・

そんなとき
メゾソプラノ歌手波多野睦美さんの言葉が目に飛び込んできました。

 “エオリアン・ハープ”という楽器があります。たんなるきれいな

 箱のように見えるその楽器にある風が通ると、中の弦が共鳴して夢

 のような音をたてるという楽器。発声のレッスン中、無心に言っ
                
 たとおりの“作業”をしていた生徒さんの体からとつぜん別人のよ
 
      
 うな声が出た瞬間に、「あ!風が通った!」と思うことがあります。

 別人のよう、といってももちろん同じ声帯、同じ体、同じ人格から

 出た音。しかしあきらかに“美しい”声です。「今の!それ!」と

 言うと本人は「??? たしかにすごく楽で気持ちよかった。でも

 こんなのでいいですか?」と心もとない様子。“体を抜けていった

 声”は出している感覚があまりなく、からっぽになった感じがする

 ため慣れるまではひじょうに不安にかんじるのです。

  美しい声は“出す”ものではなく、“出る”ものなんだと感じる

 時間です。

  「風が起こる」p.124-125



以前T岡先生が「こんな声を出そうとするのではなくて
こんな声がでちゃいました~っていう感じ!」とおっしゃってました。

体が解放されてて自由であれば、声も自由に出ちゃうものなんでしょう。
なかなかむずかしいですが・・・

コメント

わたしと小鳥とすずと♪

2011-10-24 23:09:27 | Weblog
女声合唱:わたしと小鳥とすずと 詩:金子みすゞ
(お借りしました)

透明感のある歌声ですね。
すなおに金子みすゞの詩が心にしみわたりました。
コメント

母と子の「心の糸」

2011-02-08 23:51:49 | Weblog
ドラマ「心の糸」~松雪泰子・神木隆之介・谷村美月


とても美しいドラマをみました。
聾者の母とその母を助け期待に応える息子の物語。
松雪さんと神木くんの手話とピアノに引き込まれました。
母と子の葛藤の末、新しい関係がうまれそうなラストシーン。

かわいらしかった神木くんが、こんなナイーブな青年を
演じるようになったんですね。
これからもいろんな役に挑戦してほしいです。

本当に出会えてよかったと思えるドラマでした。
コメント

絶句!

2010-07-26 21:19:14 | Weblog
昨日勉強のことで泣いた次女が
今日は後輩のことで泣いていました!!

今夜、中学のバレー部1年後輩のお通夜だったんです。
昨夜メールがまわってきたとき、詳しいことは
わからなかったのですが、今日お別れをしてきて
事情がわかりました。

なんと自宅で心筋梗塞発作のため亡くなったとか。
自分の部屋で寝ていたので、ご家族もまだ寝てるんだろうと
思っていて発見が遅れたということです。
お父さんが早く見つけてやれなかったと悔やんでいらっしゃった
とか・・・・
もし、すぐに気がついて処置ができたら助かったのでは
ないかと思われてご両親もお辛いことでしょう。

元気だった娘が突然天に召されてしまうなんて
想像しただけで、全身の力が抜けてしまいます。

ご家族の悲しみが癒されますように☆

次女もご両親の悲しみを目の当たりにして
何か感じるものがあったようです。

当たり前のように思う毎日も
命を与えられていることに感謝して精一杯生きなくてはと。
コメント (4)

ハモネプ 東京姉と僕 あの素晴らしい愛をもう一度

2010-01-23 12:05:33 | Weblog
ハモネプ 東京姉と僕 あの素晴らしい愛をもう一度


今回の優勝は
ハモネプはじめてという兄弟のみのグループ、
3人のおねえちゃんと変声期の弟君の
異色グループ「姉と僕」でした。

リビングで誰かが楽器を弾きながら歌ってると
みんながくわわってハモるという
本当に音楽が好きで、音楽がない生活なんて
考えられないというご家族でした。
(ちなみにVではお父様もギター弾いてた~)

今回も上手なグループが多かったけれど
メインボーカルとコーラスというかんじで
歌う前からこんな感じかなと予想できました。
でも「姉と僕」はメロディーをみんなが
受け渡していって、最後までどんなアレンジなのか
聴いていてもわくわくしました。
ここまで歌われたら他のチームはお手上げですね。

弟君の変声期が過ぎたら、また違ったハーモニーに
なることでしょう。それもまた聴いてみたいなあ♪
コメント