鹿児島青果㈱ ブログ

鹿児島の青果市場から『野菜や果物のお話』や、私たち『鹿児島青果㈱の活動』をご紹介します!

「第18回こどもたちが育てた桜島大根まつり」を開催しました

2020年02月03日 | 日記


令和2年1月31日(金)「第18回 こどもたちが育てた桜島大根まつり」を開催しました
今回は、鹿児島市立 桜峰小学校・東桜島小学校の子供達と先生など約40名のみなさんが参加しました。


↑ また、鹿児島女子短期大学の福司山 エツ子名誉教授と、鹿児島大学 農学部 食料生命科学科の加治屋 勝子博士も参加されました。
加治屋博士は「桜島大根には血管機能を改善する成分(トリゴネリン)が多量に含まれる」という論文を発表されました。「モンスター ラディッシュ('Monster' Radish)が、心臓病と戦うのを助けるかもしれない」などと紹介されるほど、世界からも注目されています。


↑当日の朝、各小学校ごとに並べられた桜島大根と、子供達が書いた楽しい桜島大根の絵です。
桜島の小学校4校(桜峰・東桜島・桜洲・黒神)と春山小学校の子供達が育てた、
桜島大根 約400本
が入荷しました。
昨年の9月に種をまき、収穫までの約5ヶ月間、一生懸命に毎日の水やりや草取りをしました。
 
自分の手で野菜や果物を育てることで、安心・安全な農産物を育てる農業への関心や、
「食」に対する意識を高めるとともに、鹿児島の伝統野菜や地域について学習
しています。

…さて、当日の朝7時30分頃、

↑子供達がドキドキしながら見守る中…いよいよ桜島大根のセリが始まりました
拍手をしたり、元気な掛け声で応援する中、次々とセリが進んでいきます。
その迫力を目の前で見た子供達は、どんどん笑顔になっていきました

会場へ移り…



↑桜島大根の成長日記や、学校行事などを紹介する発表会がありました。

このあと…

↑みんなが育てた桜島大根を使って調理した豚汁を振る舞いました。
人参・ごぼう・里芋・青葱など、食材のほとんどを鹿児島産にこだわった、野菜のうまみたっぷりな豚汁です。特に桜島大根は甘く、ホクホクした食感です。
寒い冬の朝早くに集まってくれた子供達も温まって、おかわりしていました。

「桜島大根まつり」の締めくくりは…

↑青果市場ならではの模擬セリ体験です。
ちょっと難しい“セリ手”を習いながら、野菜や果物を次々に元気良くセリ落としていました!
今回も子供達の笑顔にあふれた「桜島大根まつり」となりました。
 
…最後になりましたが、
この「桜島大根まつり」に携わり、ご協力頂きました皆様へ、心より御礼申し上げます。
ありがとうございました



この記事についてブログを書く
« 令和2年 鹿児島市中央卸売市... | トップ | こどもたちが育てた桜島大根... »

日記」カテゴリの最新記事