鹿児島青果㈱ ブログ

鹿児島の青果市場から『野菜や果物のお話』や、私たち『鹿児島青果㈱の活動』をご紹介します!

第10回「こどもたちが育てた桜島大根まつり」を開催しました。

2012年02月02日 | インポート
平成24年1月28日(土)
「第10回 こどもたちが育てた桜島大根まつり」を開催しました

01

鹿児島市立小学校6校(桜峰・東桜島・桜洲・黒神・石谷・春山)の子供達と、
先生や保護者の方など約150名のみなさんに参加して頂きました

ちょっとだけ、桜島大根のお話です
鹿児島弁で「しまでこん」と呼ばれる桜島大根は、
直径約40cm~50cmまで育ち、重さは約6kgにもなる、
ギネスブックにも認定された世界一大きい大根です

P1110006

ずっしりどっしりしています。
見た目は大きいですが、キメが細かく甘味があります。
煮くずれしにくく味がしみやすいので、
おでん煮物にピッタリ
また生食で
サラダにするのもおススメです
子供達は、鹿児島の伝統野菜である桜島大根を育てることを通して、
鹿児島の食文化や伝統、地域について学習しています。
昨年9月、子供達の手で畑作りから始めて種を蒔きました。
11月に入ってもまだまだ暑い中、桜島から降り続く火山灰にも負けず、
水やりや草取りをして一生懸命、大切に育てました
そのたくましい“さつまっ子”を応援したいという想いから、
この「桜島大根まつり」が始まり、今年で
10回目を迎えました

P1000697

当日の朝、ズラリと並べられた桜島大根です。
前日までに収穫されて、青果市場に続々と運ばれて来ました。
これからセリ見学にやって来る子供達の到着を待っています。
一つ一つの桜島大根に、
子供達が書いたお手紙が添えられています
今年の
入荷本数は394本でした

Ap1000742

朝7時前には集合した子供達がドキドキしながら見守る中、
いよいよ桜島大根のセリが始まりました
次々とセリ落とされていく桜島大根ですが、

ナント最高値は3,000円が付きました

P1000751

会場全体が
大きな歓声と熱気に包まれましたよ
このあと・・・

P1000761

安納芋の焼き芋、キティちゃんバナナを食べました
中央卸売市場で農産物の流通を学ぶために、
いつもより早起きして来てくれた子供達。
スプーンを使って上手に焼き芋を食べたり、
バナナモリモリ元気に食べていましたよ
それから・・・

P1280032

P1280034

 市場のしくみ・桜島大根の歴史を紹介しました。
2枚目の写真は、今から約60年前(昭和24年頃)、
桜島で撮られた写真ですが、
畑で収穫した桜島大根を、馬で海岸の船着場に運んでいたんですよ
そのあと・・・

P1000792

子供達は桜島大根の生長日記を発表しました
今年は高温や桜島の降灰が続いたため、
空洞や亀裂が目立つ作柄となりましたが、
それでも
たくさんの“さつまっ子”の輝く笑顔に出会いました
また子供達が育てた桜島大根は、想いを込めたお手紙と一緒に、
日本のいろんな学校に届けられました
鹿児島市内の小学校の学校給食の食材になったり、
福島県いわき市の2つの小学校、
東京都杉並区の1つの小学校などに届けられました。

今回の参加校の中には、桜島大根の売上代金を
東日本大震災で被災された方へ寄付する小学校もあります。

そして「桜島大根まつり」の締めくくりは…

P1000821

青果市場ならではの模擬セリ体験です
セリ人顔負けの勢いで値段を付けてくれましたよ

最後になりましたが…
この「桜島大根まつり」に携わって頂いた全ての方へ、
心から御礼申し上げます


子供達にとって、先生方や保護者のみなさんの温かい応援のもと、
自分達の手で一生懸命に大地に汗を流して桜島大根を育て、
青果市場を通して、たくさんの方々と交流した経験は、
きっと心に残る
大切な“宝物” になったと信じています

ありがとうございました

Photo

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« いちご生産者「 生産組合 農... | トップ | 貯蔵ぽんかん「薩州ぽんかん... »

インポート」カテゴリの最新記事