”ご縁日記”木挽棟梁をめざして

出会いに偶然はないと聞く。これまで出会った方々からどんなメッセージを受け、私はどのように進むのだろうか?

弱腰になってないか?性根を据えなきゃ。

2007-05-25 20:45:38 | 日記

19、20日と気分の変わる週末を過ごすことができた。横浜と筑波での嬉しい再会のおかげだろう。

と言うのもこのところ、「背負えるものは背負ってやろう」が禍しているのか、腹の底から笑えない自分がいた。元々雑念の多い私は、「やめてしまおう」というネガティブな気持との葛藤にいつも苦しんでいる。本来夢や理想は、キラキラしていて楽しくさせるもののはずなのに、どうも最近は深夜の歯ぎしりがひどいらしい。夢だけでは飯は食えない。しっかりと地に足をつけ、小さなことを積み上げなければ。そんな現実との狭間で、いつしか当初のワクワク感は消え去ってしまうのである。

5月19日、横浜の開港記念館にて開催されたJMRAの理事会と総会に出席し、JMRAを立ち上げた一人 佐藤彰啓さんと再会。二次会後の別れ際、路上の佐藤さんは足が縺れるような酔っぱらいだった。ところがフラフラしながらも私の方へ近づいてくると、熱っぽく語りだしたのだ。

「杉岡さん、夢と理想を大事にしなさいよ。人の関心には波があって、追い風の時もあれば逆風の時もあります。でも理想のためには、たとえ自分一人になったって最後までやってみせる、っていう信念が必要だと僕は思う。」

心に響いた。正直、凄みさえ感じた。これまで生きてきた中で、足のおぼつかない姿にかっこよさを感じたのは「ドランクモンキー酔拳」くらいだ。

もともと農記者だった佐藤さんは、「田舎暮らし」というコンセプトを掲げ、全国の農山漁村にある空き家を紹介する情報誌を立ち上げた。全国の田舎町を飛び回る不動産屋さんとも言える。不動産屋さんって普通、「地域密着・人口集積地・資金力・嗅覚」でしょう。それらの常識を覆して存在できているところにリアリティがあるわけで。今の自分には、間違いなく一番応えた言葉だと思う。頷きながらも、気がつくと歯を食いしばってたから。

弱腰になってないか?性根を据えなきゃ。・・・そう自分に言い聞かせると、なんだかスッキリとした気持ちになった。

翌20日は安藤先生と会う約束をしていた。15時まで来客があるということだったので、久しぶりにのんびりと起床し、つくばエキスプレスで筑波へと向う。つくば駅までお迎え頂いた里山建築研究所の上野さんのジムニーに乗り込むと、一路筑波山麓へ。ところが車は里山建築を通り過ぎる。どうも安藤先生は別のところにいらっしゃるようだ。そして到着したのは再生された茅葺民家I邸だった。

駐車場から母家に近づくと、たくさんの笑い声が聞こえてくる。どうやら先客がまだいるらしい。土間に新設された階段で屋根裏部屋に上がると、笑いを引き起こしている方がすぐに掴めた。田中文男棟梁だった。

「おお、久しぶりだなあ。九州からわざわざ来てくれたのかい。」

そうです、と言えずはにかんでいると、すぐさま安藤先生のフォーローが入った。

「杉岡さんは今週末、たまたま東京に来てたんです。」(笑)

それからも、ひとしきり建築談義は続く。学術的にも技術的にも雲の上の存在である田中棟梁の話は、知らないことばかりで正直面食らってしまう。でも感動するんです。自分が知っていることを伝えなくてはならない。そんな情熱と真剣さに。面白い話をひとつだけ残すことにしよう。

田中棟梁の若かりし頃、親方に「チャン」を買ってこいと言われたそうだ。それはなんですかと尋ねると必ず大目玉を食らうから 仕方なく買いに出かけたらしい。するとそれは「杉ヤニ」だとお店(薬局?)で聞く。買って帰ると親方はそれにごま油?を調合して(つくるところは見せてくれなかったらしいが)接着剤を作ったようだ。なんとその「チャン」は木と石をピッタリとくっつけたという。独り立ちした後しばらくして、屋外では劣化が激しいエポキシ樹脂にとって変わる材料じゃないかと気づき、いろんな文献を調べたらしいのだが、結局「チャン」の作り方を見つけることはできなかったそうだ。

田中棟梁は笑いながら「杉岡 チャンをちゃんと作らないとな。」

師は、志を抱き、学び、いいものをつくり、稼ぎ、人を育て、新しい流れを生み出してきた。そんな凄みを感じさせつつも、和やかで人懐っこい笑顔なんです。。。

これまでいろんな修羅場をくぐりぬけてきたからこそ、こんな笑顔になるんだろうな・・・性根を据えなきゃ。

そうこうしているうちに、時計はタイムリミットの17時を過ぎていた。安藤先生とは打ち合わせできずじまいだったが、なんだか、とてもスッキリとした気分で羽田へと向かった。

戻ってきてからのこの一週間、気分も一新し、仕事を仕掛けている。今の自分に足りないものにようやく気付いた気がする。

田中棟梁の「八つの心得」の八つ目、これを楽しみながらやらないと。いい感じになってきました(笑)

James Blunt の You’re Beautiful でも聴こう!


最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (memaido)
2007-05-25 20:56:30
はじめまして、楽しく拝見させていただきました。
またちょくちょく拝見させていただきます。
memaidoさんへ (まるすぎ)
2007-05-26 09:51:14
コメントありがとうございます。
「楽しく」って言葉に感謝です。
これからもヨロシクお願いします。
いい話だなあ! (アキコ)
2007-05-31 09:45:17
杉岡さん、ブログ読ませていただきました。いい出会いには、本当に勇気付けられるものですよね。
わたしも弱腰になっていたところに、このブログを読むことができて励まされました。がんばりましょう。
アキコさんへ (まるすぎ)
2007-05-31 15:28:34
コメントどうも。
アキコさんとの出会いはとても励みになりましたよ。
人といろんなことお話しすると気分が変わりますよね。
自分一人じゃホント煮詰まっちゃいますから。
林業や民家は都市部の方にとってリアリティの低い話題です。
今後のご活躍を期待しています。

コメントを投稿