まるしん米屋ときどき日記(品川区・のんき通りの米屋)

品川区・のんき通り商店街ある米屋お米の話。のんきな地元の話題。最近は主に趣味の野草撮影山歩き話。

新米 千葉産ふさおとめ入荷しました。

2018年08月16日 | 米屋だからお米の話・お店の話




今年も千葉県産ふさおとめ入荷しました。

おいしい千葉県の新米を、ぜひ。

コメント

ナツエビネの咲く山

2018年08月13日 | 趣味の山登り・山野草撮影・カメラの話


かすかな情報というより、あれば儲けもののつもりで
ある県のある山へ登ってきました。

夜明け前に自宅を愛車に乗り
渋滞前の高速道路を走り目的地へ。

この季節、ほとんど登山者のいない山。
蜘蛛の巣を除けながら、ヤブ蚊の猛烈な来襲にあいながら
早朝に関わらず、蒸し暑く、汗が流れ出ます。

ありました。ナツエビネ。
よくも盗掘されずに。

そして、その数の多さにびっくり。

喜んで撮影し、渋滞が始まる前に帰宅しました。



コメント

白鳥さんからの便り 8月

2018年08月07日 | Weblog


宮城県の篤農家の白鳥さんからの便りです。

8月1日付け

猛暑です。

熱中症・熱射病ですでに死者が、出っており、この高温では
もはや災害に近いと言えます。

これまでは、お年寄りの症例が多く伝えられてきましたが
今年は小学生・中学生など子供が倒れたニュースが
ショッキングです。

これまでの常識ではくくれないほどの気象状況は
大きく変わってきています。

七月は西日本各地で雨の大被害が出ました。
当地では、六月二十九日に梅雨明けしてから猛暑続きで
二日ばかり雷雨が降っただけで、雨が降らず、水不足が心配されておりました。

七月二十八日の台風十二号で恵みの雨がもたらしてくれると思えば
異例のコースを取って西日本にいってしまいました。

これから稲にとって出穂期を向かえるにあたり、水が一番必要で
重要な時期になります。

にわか雨でもいいので降って欲しいと願います。

今年、稲の生育は平年より進んでいるので、このままであれば
収穫も早まると思われます。

これから二ヶ月間の生育期間がありますが
米粒を袋に入れるまでの最後まで安心はできませんので
災害等のないことを願っています。

コメント

新米・七夕コシヒカリ入荷しました。

2018年08月06日 | 米屋だからお米の話・お店の話


今年も、佐賀県産特別栽培米・コシヒカリ新米入荷しました。

当店の新米第一号です。

数量に限りありますので、お早めに。

なお、旧盆あけに、千葉県産のふさこがね・新米入荷予定です。
コメント

お知らせ・夏期休暇

2018年08月03日 | ご挨拶


酷暑お見舞い申し上げます。

8月11日山の日から旧盆の14日 火曜日まで
夏休みを取らせていただきます。

よろしくお願いします。
コメント

北岳2

2018年07月16日 | 趣味の山登り・山野草撮影・カメラの話


写真は整理後・・間に合いません。




夜明けの富士山



仙丈ヶ岳



甲斐駒ヶ岳



ご来光



朝五時に起床。小屋から出って、夜明けを待つ。
眼下に広がる雲海。薄紅色に染まる富士山。
甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳の巨峰。
雲海の向こうには、北アルプスの乗鞍岳・槍が岳・穂高・鹿島槍が岳・白馬の峰
中央アルプスの向こうに御嶽山
平らな山容の恵那山。
やがって、鳳凰小屋の向こうに、陽が昇る。

山小屋で朝食をいただき、頂上めざし出発。
朝の冷気が快い。



富士山と北岳



ムカゴユキノシタ

チョウノスケソウ・ミヤマダイコンソウ・シナノキンバイ
ミヤマオダマキ・チシマギキョウ・オヤマノエンドウ
ムカコユキノシタ・シコタンソウ

そして、今回一番の目的の花・タカネマンテマを撮影して
山頂にたつ。
間ノ岳の雄志が目の前に。
雄大なるパノラマを楽しむ。



コメント

北岳

2018年07月15日 | 趣味の山登り・山野草撮影・カメラの話




広河原より北岳

駐車所ある芦安温泉。夜通し愛車を飛ばし午前三時につく。すでに
駐車場は満杯。第六駐車場でやっと止めることが出来た。
少し車内で休んで、4:30出発。
広河原行きのバス・乗り合いタクシー乗り場へ。
乗り合いタクシーに乗り、7:00に広河原に着。
めざす北岳の雄志を見る。



キソチドリ



ゴゼンタチバナ

大樺沢の道は先日の大雨で荒れているというので、白根御池コースを行く。
カニコウモリ・キンレイカ咲く登山道を行く。
後から続々と来る登山者にすべて抜かれながら、のんびりと行く。
過去五回の北岳登山は、前半飛ばしすぎて、すべて高山病にかかり苦しんだ。
今回も寝不足の登山であり、高山病にならないようペースをおさえる。

キソチドリ・コイチヨウランの野生ラン。ゴゼンタチバナ・ギンリョウソウ
エゾノヨツバモグラの花を撮影する。

急な登りを終え、しばらく平行な道と小さなアップダウンをへて
白根御池小屋へ。ここまで、四時間もかかってしまった。
コースタイムの約1,5倍だ。
小屋で空きペットボトルに水を詰め、新たにペットボトル一本購入。
暑いせいか、水の消費はいつもより多い。


ミヤマハナシノブ

白根御池小屋からの草滑り。この道はつらかった。苦しかった。
いくら登っても、御池小屋とテント場が振り返れば見える。
上を向けば、登れど登れど、急な登り坂続く。
ブヨも多く、顔にまとわりつき、うっとしい。

ミヤマハナシノブ・カイフウロウ・サンリンソウ・マルダケブギ
タカネグンナイフウロウ・フジオトギリ・キバナノコバノツメ・ホザキイチヨウラン

撮影しながら、あえぎながら登る。
この登りだけで、なんと四時間もかかってしまった。



ウサギキク



ハクサンチドリ



チングルマ

右股分岐14:15着。
シナノキンバイ・ミヤマキンポウゲ・ハクサンチドリ・ノビネチドリ
ウサギキク・タカネヤハズハハコ・アカイシミヤマクワガタなどの高山植物のお花畑の中を行く。



甲斐駒ヶ岳

一登りで小太郎分岐へ。
小太郎山の向こうに甲斐駒ヶ岳。仙丈岳・渓隔ててそびえる鳳凰三山のパノラマ。
しばし、休む。
ここから本日泊まる肩の小屋まで、高山植物を撮影しながら
のんびりと行く。
ほとんどの登山者に抜かれたのであろう。歩く人は少ない。

チョウノスケソウ・チシマキギョウ・シコタンソウ・ミヤマオダマキ
ミヤマミミナグサ・イワウメ・クロユリ・ハクサンイチゲ・イワヒゲ



チョウノスケソウ



クロユリ


次から次へと現れる高山植物を夢中になって撮影し
登山客で賑わう肩の小屋へ。17時到着。
宿泊手続きして、宿と夕食。
山小屋としは、なかなかのメニュー。
ごはんと味噌汁はおかわり自由。おかわりは私はできなかったが
美味しくいただくことができた。



北岳肩の小屋の夕食

寝床も混雑予想していたけど、就眠前に開いているスペースに
人がはだけ、難なく寝ることが出来た。

また、ここまで高山病のきざしなし。
用心に、いつもは就眠前のビールもやめておいた。
コメント

白鳥さんからの便り 7月

2018年07月09日 | 米屋だからお米の話・お店の話


5、6月は好天に恵まれ、田植えや大豆の捲種作業は
順調に進み、それぞれの生育も順調で大変安心しております。

6月に入ってつゆいりしたものの、曇りの日があっただけで
今年は空梅雨のような感じです。

気象庁は6/29に関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表しました。
1951年以降始めてで、昨年より7日早く、平年より22日
早かったとされます。

これも異常気象の一部ではと、私は少し心配で
それによって問題がなければと先行きが心配されます。

これからの天候は読めませんが、稲の生育において
誠意が進み早く穂が出て、高温の時に稔り時期に入ると
高温障害などで、稔りが進まないこともあるので、
日中は温度が高くても、夜には温度が下がり、日較差の
合った方が、収量は上がりますし、食味も高いものが
出来ると言われています。

当地では、8月に入ってからの出穂で生育することが
理想で、9月いっぱい天気良いことが望まれます。

北陸・東北地方の良質米と言われることは
そのような影響もあります。

コメント

ラン・らん・蘭

2018年07月08日 | 趣味の山登り・山野草撮影・カメラの話


静岡県のある場所へ、友人と野草撮影に行ってきました。

いくつかの自生地をはしごして、撮影。

ギボウシラン・ハコネラン・ホザキイチヨウラン
シテンクモキリ・クモランと
まさにラン・らん・蘭。
ごきげんな一日になりました。



ギボウシラン





ハコネラン






シテンクモキリ



クモラン
コメント

メールソフトLiveついに使えずに・・

2018年07月03日 | まるしんの日々のあれこれと

ウィンドス10のパソコン使っていても、つい慣れと使い勝手の良さで
すでに、終了しているメールソフトLive使用していましたが
本日の午後、ついに使えなくなりました。

ウィンドス7では、Liveはまだ使えました。

Outlook365に、データーを移せたので
一安心。

ちなみにHP制作には、いまだに、ウィンドスME時代に購入した
ホームページ・ビルダー6が使えるし、使い勝手良いので
まだまだ現役で使っています。
20年近く使っているソフトなんて・・・我ながら信じられません。
コメント