ケニチのブログ

ケニチが日々のことを綴っています

G.シュワルツ+シアトル響=ストラヴィンスキー「火の鳥」他

2018-11-22 | 音楽 - ストラヴィンスキー
 先日買ったCDを聴いた.G.シュワルツ指揮+シアトル交響楽団による,ストラヴィンスキー『火の鳥』ほか.

 同じ演奏を収めたディスクを15年ほど前にも購入して持っているのであるが,そちらはN.マカロワによるナレーションが重ねられており,これが終始うるさく肝心の音楽をかき消すのが鑑賞にあたり煩わしいため,本盤にリトライ.改めて感想を述べれば,全編を通して,やや遅めのテンポを採り,譜面を丹念に再現した演奏.シアトル響は,力強くも決してくどくならない明瞭なアンサンブルが魅力で,とりわけ木管ソロの美しくくぐもった独特の音色は印象に残る.ただし,曲中のところどころで譜読みミスが聴かれるのは残念.シュワルツの曲作りはパート間の音量バランスや,内声の動きによく耳を傾けた丁寧なものであるが,各フレーズの開始時にいちいち僅かな溜めが入り,音楽の横の流れを悪くしている嫌いあり.録音は鮮明.


STRAVINSKY: The Firebird・Fireworks
Seattle Symphony,
Gerard Schwarz (conductor),
NAXOS,8.571221
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« T.クルレンツィス+ムジカエテ... | トップ | 尾高+県芸オケ=R.シュトラウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽 - ストラヴィンスキー」カテゴリの最新記事