ケニチのブログ

ケニチが日々のことを綴っています

大井剛史+東響=伊福部昭「シンフォニア・タプカーラ」他

2018-10-07 | 音楽 - 伊福部昭
 昼すぎ,ミューザ川崎にて行なわれた,東京交響楽団の演奏会をPと聴いた.めあての「タプカーラ」は,終始やや遅めのテンポを採り,歌うところでは伸びやかに歌い,踊りのリズムになれば大いに活気づいて烈しいオスティナートを叩き付ける,コントラスト豊かな充実の演奏.大井率いる東響は,ヴァイオリンソロなどに僅かなミスが出たのと,テンポの変わり目で指揮者のあいまいな棒に起因してアンサンブルの不揃いが聴かれたことのほかは,正確な技術に安定しており,また,伊福部の悠大な音楽に欠かせない管打楽器群の強奏はじゅうぶんで,迫力があった.

 珍しいほかのナンバーにも触れておくと,いずれも初めて接する曲で,少し緊張して聴き入った.深井曲は確かにフランス色に傾倒しがちで没個性的ではあるが,きめ細やかなオーケストレーションが目に耳に楽しく満足.いっぽうの早坂・小山曲はごくありふれた平凡な作風で,とくに前者の協奏曲は,抑揚に乏しい単調な楽想が30分余り延々と続き,退屈極まりなかった.


川崎定期演奏会 第68回
【演奏者】阪田知樹 (ピアノ),大井剛史 (指揮),東京交響楽団
【日時】2018.10.7 14:00-
【会場】ミューザ川崎 シンフォニーホール
【曲目】
■深井史郎: 架空のバレエのための三楽章
■早坂文雄: ピアノ協奏曲
■武満徹: 雨の樹素描II (ソロイスト・アンコール)
■小山清茂: 弦楽のためのアイヌの唄
■伊福部昭: シンフォニア・タプカーラ (1979年改訂版)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 石丸幹二他「兵士の物語2018」 | トップ | 映画「ウミヒコヤマヒコマイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽 - 伊福部昭」カテゴリの最新記事