ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

さいたま市桜区南端にある桜草公園では、ニホンサクラソウがたくさん咲いています

2019年04月16日 | 季節の移ろい
 さいたま市桜区南端の荒川河川敷にある桜草公園では、ニホンサクラソウの濃い桃色の花がたくさん咲いています

 桜草公園(正式には、さくら草公園)の奧には、荒川の水門のさくらそう水門がそびえています。



 この荒川の水門のさくらそう水門は、荒川支流の鴨川が荒川に合流する個所に立っています。

 4月中旬は少し寒の戻りもありましたが、春の陽気の暖かさによってニホンサクラソウの開花が進んみました。

 桜草公園の天然記念物ゾーンの大部分では、明るい黄緑色の花を咲かせているノウルシが占めています。



 この山野草のノウルシも絶滅危惧種です。

 天然記念物ゾーンの中では、ニホンサクラソウはその一部で群生して育っています。

 ニホンサクラソウがよく群生して花を咲かせている部分です。





 この群生するニホンサクラソウの花を良く見ると、手前のニホンサクラソウの花の色は赤みが強いです。









 また、ニホンサクラソウは花びらの数は5枚ですが、たまに7枚のものなどもあり、いくらかの違いがあります。

 ニホンサクラソウと山野草のノウルシは互いに争って成長しています。背丈は、ノウルシの方が高いので、ニホンサクラソウが埋没してしまう個所もあります。

 天然記念物ゾーンの中では、水はけが良すぎて乾燥気味の場所では、ノウルシもニホンサクラソウも成長しにくい様子です。





 もうしばらくすると、この天然記念物ゾーンの中では、ヨシなどの夏草がどんどん成長し、背丈を伸ばします。

 ニホンサクラソウとノウルシは、迅速に種を実らせることが次の世代を咲かせるためには重要なことです。

 草原部分で、ヨシなどがどんどん成長し、太陽光を遮り、ニホンサクラソウやノウルシなどを覆います。

 こうなる前に、ニホンサクラソウは種を実らせて、次の世代が発芽する環境を整えることが重要になります。、

 シロバナタンポポも一部では、既に種を実らせています。



 カントウタンポポもどんどん花を咲かせています。小さなハチ(種類は不明)が来て、受粉を助けています。



 桜草公園の周囲のソメイヨシノの花園の木は半分ほど花を落としています。

 春は早足で過ぎ去っていきます。しばらくすると、チョウジソウが花を咲かせます。

 4月13日土曜日と4月14日日曜日には、さいたま市主催の「さくら草まつり」が開催され、多くの方がニホンサクラソウを鑑賞したそうです。

 天然記念物ゾーンの隣のふだんは草原として解放している部分に、さまざまな模擬店などが並ぶ、賑やかなお祭りだったようです。

 このさいたま市主催の「さくら草まつり」後は、天然記念物ゾーンの中に自然観察の調査員が入り、ニホンサクラソウやノウルシなどの成長、その競合の仕方などを調べていました。具体的に、どのように保護するのかを調べています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 埼玉県新座市中野にある跡見... | トップ | 日本経済新聞紙の見出し「厚生... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本桜草 (レレレのおじさん)
2019-04-16 05:06:53
さいたま市桜区の荒川河川敷にある桜草公園では、日本桜草が天然記念物として、保護され、毎春、その姿を見せてくれます。
最近は、日本桜草は都心では貴重な存在になっています。
これからも毎春、その花を見せてほしいです。
レレレのおじさん様 (ヒトリシズカ)
2019-04-16 06:04:48
レレレのおじさん様

コメントをお寄せただき、ありがとうございます。

さいたま市桜区の荒川河川敷にある桜草公園は、ニホンサクラソウなどの貴重な山野草を守るために、天然記念物ゾーンを設けて、保護しています。盗掘を防いでいます。

昭和以前は、荒川河川敷では、ニホンサクラソウはよく咲いていたそうです。
Unknown (kazuyoo60)
2019-04-16 06:21:09
日本サクラソウたち、ノウルシに負けませんように。
チョウジソウも咲くのですね。可愛い花です。
日本桜草 (T-REX)
2019-04-16 06:21:35
さいたま市桜区の荒川河川敷にある桜草公園では、今ごろは日本桜草の可憐な花を見ることができる貴重な場所です。
この土日には、さくらそう祭りが開催され、多くの方が日本桜草を観賞なさったようで、いい話です。
桜草公園 (イケリン)
2019-04-16 06:23:37
桜草公園ではノウルシの黄緑色が一層濃くなり、
ニホンサクラソウも咲く数を増やしてきていますね。
クローバーなんかと同じで、葉の枚数の異なるものが存在するようです。
近年は四つ葉のクローバーを生産して売られているようですが、
ニホンサクラソウも園芸種として、7枚花びらの生産に成功すれば人気を集めそうですね。
kazuyoo60さま (ヒトリシズカ)
2019-04-16 07:27:02
kazuyoo60さま

コメントをいつもお寄せただき、ありがとうございます。

さいたま市桜区の荒川河川敷にある桜草公園では、ニホンサクラソウとノウルシなどがよく育ってます。

ニホンサクラソウとノウルシなどが勢力よく育っているために、他の山野草はそのすき間で育っています。

ニホンサクラソウとノウルシなどとの勝ち負けではないと思います。

チョウジソウは、天然記念物ゾーン以外の普通の場所でもよく咲きます。
T-REXさま (ヒトリシズカ)
2019-04-16 07:29:42
T-REXさま

コメントをお寄せただき、ありがとうございます。

さいたま市桜区の荒川河川敷にある桜草公園では、ニホンサクラソウなどの貴重な山野草が保護されています。

このニホンサクラソウなどを鑑賞するための会が先週の土曜日・日曜日に開催されました。
イケリン様 (ヒトリシズカ)
2019-04-16 07:50:37
イケリン様

コメントをいつもお寄せただき、ありがとうございます。

ニホンサクラソウは江戸時代などから、さまざまな園芸種が開発され、愛好家の間では取引きされているようです。
専門の品評会が開催されています。

イケリンさんは今日はまた遠征中のようですね。
Unknown (花ぐるま)
2019-04-16 10:41:47
こんにちは
桜草公園に行かれたのですね
私が行った時はまだすいていましたボランティア外国人さんがいろいろ教えて下さいました
それで野漆が増えすぎて困ると言われたのです👩
花ぐるま様 (ヒトリシズカ)
2019-04-16 13:53:11
花ぐるま様

コメントをいつもお寄せただき、ありがとうございます。

さいたま市桜区の荒川河川敷にある桜草公園は、割と近所なのです。ここでは、さくら草祭りの「ボランティア」以前から、募集をしていました。

今回のボランティアの方は、たぶん基本的なルールを無視して、個人的な非科学的な感想を説明をしたと思います。

以前に、さいたま市のこの桜草公園を担当している学術研究員(正式名称は忘れました)の方は、「桜草公園に観賞に来た方が一番多くいうことは『ノウルシを刈り取れです』。しかし、自然界はそう単純なことではなく、科学的には意味がない感想です」とのことでした。

また、天然記念物ゾーンはニホンサクラソウだけを保護している訳ではありません。夏の山野草を含めると、多様な山野草や昆虫が棲息してます。 


コメントを投稿

季節の移ろい」カテゴリの最新記事