二代目のつれづれなる日記

大阪で別注家具・オーダー家具の製造、家具のリメイク・修理をしている丸一木工所の二代目の日々の日記です。

『木の仕事展`11』

2011-09-23 15:29:38 | 展示会
今日から開催される『木の仕事展`11』の告知をさせていただきます。

以下、私も参加させていただいている木の仕事の会のHPより抜粋させていただきました。


~ここから~

今年も、木の仕事の会で毎年一回行なっている『木の仕事展』の時期が
やってまいりました。
『木の仕事展`11』は、いつもより少し早い目の9月開催となります。
さらに今年は、会員が東海地区に多いこともあり『木の仕事展IN東海』と
題して記念すべき第一回が開催されます。
10月の開催で、会場は木工家ウィークでもお馴染みの東桜会館の
一階ギャラリーにて開催します。
また、『木の仕事展`11』と『木の仕事展IN東海』にて、<木の時計展>を
併催いたします。
こちらは巡回展となり、両方の会場で個性あふれる木の時計に出会えると思います。


【詳細情報】

『木の仕事展`11』
私たちの創作する「木のもの」は、使い手の生活をより楽しくできると自負します。
しかし、「木のもの」だけでは生活できません。「生活には住まう空間」が必要です。                                 
私たちは日頃、木のものづくりに携わりながら「空間と人と木のもの」の
バランスをより深く考え創作していく必要があると感じています。
その先に〔光、風、水、音、色、形〕が澄み渡る生活の情景を
提案出来るのではないでしょうか。                              
『木の仕事展`11』では、そんな思いを込めて『木工家が考える<住む=澄む>』を
合い言葉に参加の会員16名が個々に<住む=澄む>を意識し、それぞれの答えを
持って本展に望みます。                                                                                 
■開催期間:2011年9月23日(金/祝)~25日(日) 9:30~17:00まで
  ※最終日25日には、つくり手本人によるギャラリートークを開催します。
■開催場所
  ものづくり総合施設 「大阪市立クラフトパーク」展示室
  〒542-0083
  大阪市平野区長吉六反1-8-44 大阪市立クラフトパーク 1F展示室
 ■出展者:池田 耕太郎、賀来 寿史、久代 昇男、城森 陽介
高橋 章子、谷山 勉、鳥羽 勅存、豊川 忠宏
名嘉 眞正、成田 雅司、南部 和幸、西尾 吉世 
服部 篤、前田 智之、松下 由典、山中 仁史

DM表面はこちらです。
http://www.kinokoubou.jp/file/DM2011omote.pdf


DM裏面はこちらです。
http://www.kinokoubou.jp/file/DM2011ura.pdf


プレスリリースはこちらです。
http://www.kinokoubou.jp/file/2011press.pdf



『木の仕事展IN東海』
■開催期間:2011年10月21日(金)~23日(日) 10:00~19:00
      ※最終日は17:00まで 
■開催場所: 東桜会館
DMなどの詳細は後日追加致します。
是非ともご来場くださいませ。
●問い合わせ
『木の仕事展`11』 広報担当 城森陽介 
 〒551-0021 大阪府大阪市大正区南恩加島2-11-17 ブリコラージュファクトリー 
 TEL:06-6551-2170 FAX:06-6552-3285
 mail:jomorix78y@drive.ocn.ne.jp


~ここまで~


別注家具製造、家具の修理・改造の丸一木工所のホームページ

メールでのお問い合わせ:maruiti@kawachi.zaq.ne.jp
コメント

抽斗付きローテーブルの改造

2011-09-20 22:42:06 | Weblog
このメープル突板のローテーブルを真ん中でカットして二台にしたいとの
ご依頼がありましたので・・・



カットしますと、




ハニカムコアが出てきましたので、芯を詰め直す部分のみ取り除きました。

写真の状態で天板のウレタン塗装が、経年で痛んでいたので軽くサンディング
してから、下地の塗装をし直し、現状より気持ち濃い色のカラーイングを
してからウレタンクリアー7分艶消しで仕上げさせてもらいました。




今週の日曜日に引き取りにきていただいたのですが、ご無理を言って
設置写真をメールしていただきました。




別注家具製造、家具の修理・改造の丸一木工所のホームページ

メールでのお問い合わせ:maruiti@kawachi.zaq.ne.jp
コメント (2)

変形丸テーブルと椅子の高さ調整

2011-09-11 21:37:54 | 修理
先週は、色々出かける用事(月・火・水・木)&ご来客(火・木・土)
が多い1週間でした。。。

月曜日にこの変形の丸テーブルと椅子の高さ調整をする為に東大阪に向かい、





テーブルの総高さが720ミリ、椅子の座面高さが440ミリと少し高めの設定で
使いずらかったとの事で、販売店さんにこのお客さんがご相談した所、
うちと全然取り引きのない会社さんだったのですが、「弊社(販売店さん)
ではこういうサービスはしておりませんので、こういう会社(うち)が
あるので、直接電話してください。」と言われたそうでなんです

脚は幸いにも組立式(鬼目+ボルト式)でしたし、椅子の高さをカットするのも
特に問題なかったので引き受けさせてもらったという流れでした。




天板の裏面に鬼目の穴が四箇所増えるぐらいは、機能面重視で問題ないとの
事でしたので中心の柱の長さと天板裏に接合するアームの高さを40ミリ
椅子の高さも40ミリカットさせていただき、木曜日に納品しました。

火曜日は奈良の生駒市までテーブルの改造の引き取りに伺い(本来ならば
仕事の工程を考えると、日曜日にでも伺いたかったのですが)出掛けた
ついでに寝屋川市にローテーブルの改造の下見に伺い(話が無事にまとまり
昨日、お持込いただきました。)水曜日は、富田林市に下駄箱の改造の
納品に伺いといったというスケジュールでした。

現状の仕事を何点か同時に進めつつ、なぜか?桧の無垢フローリングを
四坪程貼る事になっており、今日も遅れを少しでも取り戻そうと
オイル塗装をしていたら、日曜日にもかかわらずお問い合わせの電話があり
急遽、八尾市のお隣の柏原市まで下見に伺ったりと何やかんやあり
今日も1日が終わってしまいました。


別注家具製造、家具の修理・改造の丸一木工所のホームページ

メールでのお問い合わせ:maruiti@kawachi.zaq.ne.jp
コメント

下駄箱の改造

2011-09-04 16:19:56 | リメイク
婚礼家具のセットで購入された引き違い扉の下駄箱を開き扉に変更して
その内部にオープンBOXを4台(その内の1台は、スライドレールの抽斗付き)
作ってほしいとの依頼を受けました。

ちなみに買われた当初から下駄箱として使わずに、ベニヤ板で作られた簡単な
仕切りをその家具屋さんに頼んで付けてもらい、レコードの収納用として
お使いになられていたので、内部は臭いもなく綺麗でした。





スライドレールと取手は、お客さんからの支給品で、簡単な図面まで
ご自身で書かれていたので、お話を伺ってみるとそういう事を自分で
されるのが結構好きらしく、出来る範囲だったら自分でしようかと思って
おられたそうでした


別注家具製造、家具の修理・改造の丸一木工所のホームページ

メールでのお問い合わせ:maruiti@kawachi.zaq.ne.jp
コメント