精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

オーダーメイドで箱・ケース・BOXを作ります

2019年07月11日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛)取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続けます ―


精密板金加工はオーダーメイドの箱・ケース・BOXを作ることが得意です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金加工はお客様のご要望通りに作るオーダーメイドです。世界に1つだけの物もありれば量産と言って同じ物を何百個と作る物もあります。その中でも箱・ケース・BOXの形状をした加工の依頼が比較的多くお客様ごとに設計思想や用途の違いがあるので様々な形状の物を社内で見かけます。箱の構成としてはフロントパネル・リアパネル・シャーシ(本体)・カバーと4つの部品からなるパターンが一般的なスタイルですが、下の写真はシャーシとリアパネル・カバーとフロントパネルがそれぞれ一体になっていて2つの部品で構成された箱です。スイッチ類を付けるフロントパネル、コネクタ類を付けるリアパネル、放熱用の穴(スリット穴)を空けたカバー、プリント基板を付けるシャーシ、これらは常に長方形のケースとは限りません。精密板金加工なら操作性や用途に合わせて様々な形状の箱が作れます。


精密板金 丸井工業 加工例
▲ シャーシの裏側です 圧入されたスペーサーはねじ穴が貫通(スルータイプ)を使用しています


精密板金 丸井工業 加工例
▲ シャーシの表側です 精密板金加工製品の中ではよく見かける加工のスタイルです


精密板金 丸井工業 加工例
▲ シャーシをフロント側から見た写真です これにフロントパネルと一体になっているカバーが付きます


精密板金 丸井工業 加工例
▲ 脱脂処理後にシルク印刷します 材料の生地がそのまま製品外観になるので一切キズ不可です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。 

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

精密板金で作った部品の組み立て

2019年07月09日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛)取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続けます ―

精密板金で作った部品の組み立て作業について。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金で作る部品は単体でお客様に納める物と購入部品を含め組立てて一つの製品として納める物があります。部品の組立作業を「板金アッセンブリ」とか「板金組立」などと言っています。丸井工業は組立作業と共に電子部品を組み込み配線・調整などを行う「組立・配線」まで受注しています。


精密板金 丸井工業 組立・アッセンブリ
▲ ネジ止めやリベット止めなど組立の順番を間違えると組立られなくなります


精密板金 丸井工業 組立・アッセンブリ
▲ 社内の組立風景です 1台数十点からなるアルミの板金部品を組立ます


精密板金 丸井工業 組立・アッセンブリ
▲ サイドパネルをネジ止めしている工程


精密板金 丸井工業 組立・アッセンブリ
▲ 本体内部にはヒートシンクが組み込まれています


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。 

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

ステンレス(SUS)の表面を磨くバフ研磨

2019年06月27日 | 精密板金 表面処理
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛)取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続けます ―


ステンレス(SUS)の表面を磨くバフ研磨についてです。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

バフ研磨とはステンレスの表面処理の一種で研磨をして表面をピカピカにします。高速で回転する布に研磨剤を付けて製品を押しつけながら磨いて行きます。ステンレスは溶接をすると溶接をした周辺部に茶色い焼け焦げが出来ます。そのままでは見た目も悪く製品価値が下がってしまうので焦げを取る必要があります。薬品などで取り除く方法もありますがバフ研磨は全体を磨くことによって焦げも一緒に取り除けます。また形状が複雑な場合は研磨がしにくい部分が出来るので、予め表面を研磨した材料(BA材)を使えば細かな部分まで綺麗に研磨された物を作ることが出来ます。


精密板金 丸井工業
▲ 下の製品から切取った穴の残材です ステンレス2B(SUS 2B)材の2mm 表面の色はグレー  


精密板金 丸井工業
▲ 上の写真の円盤と同じ材料ですが研磨をするとこの様にピカピカに


精密板金 丸井工業
▲ ブルーバックで分かりにくいですが表面は物が写るぐらい綺麗に磨かれています


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。 

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

サーバー用のシャーシ(箱・ケース)

2019年06月13日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛)取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続けます ―


ステンレス(SUS)の板金材料を使って作ったサーバー用のシャーシ(箱・ケース)です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

ステンレスは腐食しにくい材料です。光沢もありそのままの状態で十分綺麗なので表面処理(塗装やメッキ)などをせずに製品として使用されることが多いです。下の写真はラック内に数多くが収まるサーバー用のシャーシ(箱・ケース)です。ステンレス板を材料とする場合は外観や内側にキズが付かない様に注意します。また、特に注意すべき所は材料切断面のエッジの処理(バリ取り)です。NCT加工機は「せん断」(引き千切る様な切り方)と言う材料を金型で押し切る加工をしています。打ち抜く表面側はなだらかなカーブが付き切断面の裏側は引きちぎった様なバリが残り刃物に近い状態になります。レーザー加工機の場合はNCTの様なバリは残りませんが、表も裏も切断面のエッジは鋭くなるのでやはりそのままではケガをする可能性は高いです。人の手が多く触れる様な処にステンレス(SUS)を使う場合は十分なエッジ処理を行う必要があります。次回は幾つかエッジ処理の方法について紹介します。


精密板金 丸井工業 加工
▲ ステンレス(SUS)の板金材料を使ったサバ―用のシャーシです


精密板金 丸井工業 加工
▲ シャーシにはマザーボードや部品などを固定する為のスペーサーも取付られています


精密板金 丸井工業 加工
▲ 正面側の左右にはラックに固定する為の金具がついています
 

精密板金 丸井工業 加工
▲ このシャーシは一部分ですがこれらに多くの電子部品が取り付けられてサーバーとなります


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。 

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

部品の削減・切り起こし・曲げ・バーリング

2019年06月11日 | 精密板金 技術
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛)取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続けます ―


部品の削減・切り起こし・曲げ・バーリングについて。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金加工で作る部品は組み立てて一つの製品になります。短時間で組立てられるように部品を減らす工夫が図面から伝わってきます。しかし、部品が減り見た目はシンプルになったとしても加工が複雑になりコストアップになる場合も考えられます。できるだけ設計の早い段階でご相談頂ければ最新の加工方法なども含め最適なご提案ができると思います。


精密板金 丸井工業 技術
▲ この部品は一枚の板金を使い曲げと2か所の接合により出来上がっています


精密板金 丸井工業 技術
▲ 曲げ・切り起こし・バーリングタップなど多くの加工が施されています


精密板金 丸井工業 技術
▲ 切り起こしはプリント基板を乗せたり、隙間に板金を差し込むなど利用方はいろいろです


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「技術」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。 

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業

コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業