精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

キーワードで見る! 精密板金の丸井工業ブログ記事

CAD システム レーザー ベンダー スポット溶接 環境 品質
スタッド溶接 TIG溶接 機械加工 バーリング 配線 NCT リベット組立
金型 塗装 シルク 受入 検査 圧入 梱包
材料 抜き 曲げ 図面 メッキ 製品 設備
最近の記事一覧(投稿日の古い記事から見る新しい記事から見る)

金属板は曲げると伸びる

2018年08月14日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます! ―

金属板(鉄板・ステンレス板・アルミ板・銅板・他)は曲げると伸びるということを紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

紙を使って箱を作った経験があると思います。展開図を書いてハサミで切り取って手で折り曲げて作ります。金属板は紙の様に曲げることはできないので曲げ専用の機械を使います。金属板を金型に押し当てて曲げるので曲げた部分がある一定量で伸びるという現象がおこります。金属板(鉄・アルミ・ステンレス・銅・他)の伸びる量は材質・板厚・曲げる角度によって異なります。したがって金属板を使って箱を作る場合は、予め伸びる分をマイナスして展開図をつくらないと実際より大きな箱が出来あがってしまいます。


精密板金 丸井工業
▲ 金属板を曲げる為の加工機プレスブレーキ(ベンダー)です


精密板金 丸井工業
▲ 金属板を曲げる為の金型に置いた所です 金型が下から上昇してきます


精密板金 丸井工業
▲ 金属板を曲げ始めた状態です V字の金型に挟んで曲げます(下が凹で上が凸)


精密板金 丸井工業
▲ 金属板を90°に曲げた状態です 金属板は矢印の方向に伸びます


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「曲げる」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

金属板を曲げる

2018年08月09日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます! ―

金属板を曲げる作業について。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金加工で金属板(鉄板・ステンレス板・アルミ板・銅板・など)を曲げる作業にはプレスブレーキと言う専用の機械を使います。使う金型は先端がV字に尖った形をしており下金型は上部がV字にくぼんだ形状になっています。一見単純に見える作業ですが金属板の圧延方向(ロール目)板厚の微妙なバラつきや機械の圧力の掛かり方など経験を含めた様々な力量が必要とされます。複雑な形状をした製品の場合は曲げる回数が多くなり曲げる順序を間違えると曲げられなくなってしまう場合もあるので、その様な場合は作業前に曲げる順番シュミレーションを行います。


精密板金 丸井工業
▲ 曲げ加工機「プレスブレーキまたはベンダー」に装着された上金型と下金型です


精密板金 丸井工業
▲ 曲げたい位置に金型の先端が来るようにプログラムを行い材料を金型の間に入れます


精密板金 丸井工業
▲ 材料を挟んだ状態で下金型が上昇し曲げたい角度まで上金型と下金型で挟み込みます


精密板金 丸井工業
▲ 2回曲げた先端部分に有るバーリングタップを押し潰さない様に最後の曲げを行います


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「曲げる」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

精密板金の曲げ加工「切り起こし曲げ」

2018年07月10日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます! ―

精密板金の曲げ加工「切り起こし曲げ」の紹介です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

アルミ・ステンレス・鉄板などで作られたシャーシ・蓋にL金具を加工します。L金具を取り付けるにはネジ・リベット・溶接などの方法があります。いずれの場合にしても本体とは別にL金具を作る必要があります。条件さえあえばL金具を別部品とせず、シャーシや蓋の一部として曲げによって作ることができます。これを「切り起こし曲げ」と言っています。


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 切り起こし曲げをする前 抜き加工が終わった板金です


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ ベンダーで切り起こし曲げをしました


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 他の部分が曲がらない様に曲げたい部分のみに金型をセットします


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 必要な部分だけが綺麗に曲がり切り起こし曲げの完了です


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「曲げ」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

複雑な曲げや深い曲げ作業

2018年06月14日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続けます! ―


深い曲げや複雑な曲げ作業について。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

精密板金加工で、材料(鉄板・アルミ板・ステンレス板)を曲げる機械のことを「ベンダー」とか「プレスブレーキ」と呼んでいます。一つの製品の中に幾つもの曲げ加工をする場合には曲げる前に十分な検討が必要です。作業が進むにつれて形状が複雑になり金型が外せなくなったり曲げられない箇所が出来てしまうからです。また、これとは別に幅が狭く深い曲げを行なう時は材料が機械や金型にぶつかってしまう可能性が高くなるので通常とは違う機械のセッティングが必要になります。下の写真の様に金型を留めている中間板に材料がぶつかってしまうことが想定される場合は中間板を外して材料が中間版に当たらない様なセッティングを行います。


精密板金 丸井工業
▲ 100mm位の深さが有る曲げです 曲げの近くにはバーリング加工などもあります


精密板金 丸井工業
▲ 数が多いので重ねても製品の表面に細かなキズが付かない様に青い保護シートが付けてあります


精密板金 丸井工業
▲ 金属板がぶつかってしまうので間の中間板を外してあります(機械の裏側から撮影)


精密板金 丸井工業
▲ 外した中間板の間に金属板が入って曲がっています(機械の表側から撮影)


精密板金 丸井工業
▲ 金型が板金製品の中にピッタリ納まる様に幾つかの金型を組み合わせて曲げます


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「曲げ」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。  

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

ナットやスペーサーの圧入加工

2018年01月09日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛) 取得 お客様に選ばれる企業として革新を続ける! ―

ナットやスペーサーの圧入加工について。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

圧入加工するプレスファスナー(ナットやスペーサー)は数多くの種類があり、専用機を使って板金に圧入します。プレスファスナーの加工で重要なのはメーカーが推奨している圧力を加えると言うことです。圧力が不足していると脱落の原因になります。専用の圧入加工機を設備していない企業はプレス機、ケトバシ、ベンダーなどを代用として加工している場合もある様ですが、特にケトバシの場合は圧力を設定出来ないので品質が安定しません。丸井工業は社内認定試験に合格した作業者がプレスファスナー専用の圧入加工機で加工を行っています。作業後は社内で規定された検査を実施し出荷しています。


精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 圧入加工機の自具部です ココに板金と圧入部品を入れてプレスします


精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 板金に穴をあけてファスナーを入れた状態です


精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 板金圧入したファスナーはスルータイプのM3ネジのスペーサー


精密板金 丸井工業 圧入作業
▲ 裏面から見るとこの様になります


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
コメント

創業1971年 豊富な技術と経験を持ち革新を続ける丸井工業

精密板金の丸井工業

〒230-0003 神奈川県横浜市鶴見区尻手1-5-15
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp精密板金の丸井工業へメールe-mail

サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧することができます

・Google画像検索による精密板金の丸井工業ブログ掲載の写真のサムネイル一覧です。このサイトに掲載されている写真のイメージ把握にお使いください。
>>サムネイル(縮小版写真)で精密板金ブログの写真を一覧する
精密板金の丸井工業