精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

タッピングマシンに取り付ける錐(きり)

2014年01月23日 | 精密板金 加工
精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


タッピングマシンに取り付ける錐(きり)についてです。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

錐(きり)とは金属・木材・皮革などを含め物に穴をあけたり削ったりする工具の事です。以前、大工さんから聞いた話ですが、近頃は材木を切るのにノコギリは使わず電動カッターでスパっ!と切るそうです。ネジ締めや穴あけも電気ドリルを片手にビュンビュン作業が進むということで錐といえば木工で使う穴あけの道具ですが今はあまり使われないそうです。そればかりか、木の表面を整える鉋(かんな)やノコギリも昔の様に大工さん自身が刃先を研いで使うより手間賃を考えると使い捨ての良い物があるとかで大工さんの世界も日進月歩、道具を効率良く使いスピーディーな仕事が勝負だそうです。

さて、タッピングマシン(タッパー)で使う錐ですが、これは穴をあけたり削ったりする錐とは違い金属などにネジを加工する為の錐です。タッパーでは加工出来ない位置にネジを加工する場合などは、タップハンドルと言う道具に錐を取り付ければ人の手でもネジ加工ができます。しかし、これはとても効率が悪いので丸井工業の場合、条件が合えばNCT加工機を使い抜きや絞りと同時にネジ加工もスピーディーに正確に行うことが出来ます。


精密板金 丸井工業
▲ 奥がM4用タップ 手前がM2.6用タップの錐です


精密板金 丸井工業
▲ M4タップの先を拡大してみました 


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2014 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

コメント   この記事についてブログを書く
« ねじを加工するタッピングマ... | トップ | 精密板金加工で使う電動工具”... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

精密板金 加工」カテゴリの最新記事