精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

金型を作らなくても板を円弧に曲げられる

2010年01月27日 | 精密板金 技術
精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―


専用の金型を作らなくても板を円弧に曲げられます。

おはようございます、丸井工業(株) 専務の井手野です。

精密板金で板を曲げる加工機の事をベンダー(プレスブレーキ)といいます。通常は指定した位置に対して汎用の金型で目安として1~180°の範囲で角度を決めて曲げを行います。しかし板を円弧に曲げるといった特殊な加工に関しては専用の金型を用意する必要があります。

板を曲げる時に重要なのは曲げる位置です。その昔は大きなハンドルを回しながら手動で曲げるハンドプレスやケトバシなど曲げる位置に印を付けて目見当で作業者が曲げていた時代もありましたが現代はバックゲージと言うNC制御(コンピューター制御)の位置出し装置が曲げる位置を的確に決めてくれるので精度はバッチリ出せます。そこで圧力を調整しバックゲージの移動距離を細かく刻み材料(板金)を送り込む事で専用の曲げ金型を用意しなくても板金を円弧(R曲げ)に曲げる事が可能です。量産品には向きませんが試作や少量の製品には適しています。


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ ベンダーで専用の曲げ金型を使わずに円弧に曲げた板


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 円弧に曲げた板を拡大。細かく何回も曲げた跡がわかります(回数を増すごとに滑らかな円弧に)


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ ベンダーのバックゲージ(白丸内)。右側の上下が曲げる為の金型です


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ この金型を使いそのまま圧力を上げて行けば写真の様に90°に曲がります


精密板金 丸井工業 曲げ
▲ 圧力と寸法を調節する事により任意の円弧に板を曲げられます(材料によっては制限があります)


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの 「ベンダー」 をテーマにしたブログ一覧

にほんブログ村 企業ブログへ←クリックしていただくと、「精密板金の丸井工業ブログ」の応援になります。


精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) 2010 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業株式会社に帰属します)

ブログポリシー
精密板金精密板金加工についての説明や具体例について執筆します。
精密板金顧客名等、守秘義務のある特定企業情報は執筆しません。
精密板金当ブログは著作物です、文章・画像・内容の引用や転載の際はご一報ください。

コメント   この記事についてブログを書く
« リベットを打つ為の工具 | トップ | ラックや操作卓の製品加工例 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

精密板金 技術」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事