精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

ハーフパンチを使ったスポット溶接の位置決め

2019年09月19日 | 精密板金 技術
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛)取得 ―

お客様に選ばれる企業をめざして革新を続けます


ハーフパンチを使ったスポット溶接の位置決めについて紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

フロントパネル(操作パネル)の組立を板金部品単体から完成まで見てみたいと思います。

精密板金 丸井工業 技術
▲ パネル本体部分にはハーフパンチ凹が裏面からパネル表面に向けて加工されています

大きな部品がパネル本体でそこに板金部品をスポット溶接とアルゴン溶接(TIG溶接)によって取り付けていきます

精密板金 丸井工業  技術
▲ パネルと言ってもその形状は様々です 写真はサンプルに組み立てるパネルの部品です

このパネルの様にスポット溶接部品が多い場合は取付の位置を決める為にハーフパンチを使います

精密板金 丸井工業 技術
▲ 上部に加工したハーフパンチ凸を パネル本体部に加工した凹に差し込み位置決めをします

ハーフパンチとはNCTで行う穴加工の際に穴をあけきらない状態で止める「半抜き」加工のことです

精密板金 丸井工業 技術
▲ 部品はスポット溶接・アルゴン溶接によって本体に溶接されています パネル裏面

板金から飛び出した円柱状の出っ張りを取り付けたい相手側に加工したハーフパンチに差し込むことで位置が決まるので正確で早い作業が行えます

精密板金 丸井工業 技術
▲ 塗装前のパネル表面


精密板金 丸井工業 技術
▲ 黒のメタリック塗装 溶接の跡は綺麗に無くなります


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「加工」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています こちらもご覧くださいにほんブログ村 企業ブログへ

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業

コメント   この記事についてブログを書く
« 精密板金加工で使う工具「グ... | トップ | アクリル樹脂(アクリル板)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

精密板金 技術」カテゴリの最新記事