精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

プレスブレーキのバックゲージ

2019年06月20日 | 精密板金 設備
精密板金の丸井工業

― ISO 9001(品質)& JIS Q 9100(航空・宇宙・防衛)取得 お客様に選ばれる企業をめざして革新を続けます ―


プレスブレーキ(曲げ加工機)バックゲージの紹介です。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

金属板を曲げる加工機を「ベンダー」または「プレスブレーキ」と言ってます。昔の位置決めは材料に直接線を引いて(キズを付けて)ベンダーの金型がその線の上に来る様に位置を微調整しながら曲げていました。目視と手で曲げの位置を微調整するといった精度の悪い加工から解放されたのが、バックゲージ(突き当て)と呼ばれる曲げ位置を決める補助装置の登場でした。曲げの金型と並行な位置にあって前後に移動します。バックゲージが出たての頃は手動だったので1曲げごとに作業者が機械の裏に回ってハンドルを回して寸法を決めていました。現在はプログラムで幾つもの曲げ工程を記憶して自動でバックゲージが移動するので精度と作業性は各段に上がっています。


精密板金 丸井工業 ベンダー加工機
▲ バックゲージを立てた状態 (この状態ではバックゲージは機能しません)


精密板金 丸井工業 ベンダー加工機
▲ バックゲージを下した状態 矢印の先の面に板金材料を当てれば位置が決まります


精密板金 丸井工業 ベンダー加工機
▲ 実際に板金材料をバックゲージに当てた状態です 上下に有るのが曲げる為の金型


精密板金 丸井工業 ベンダー加工機
▲ 機械を作動させると板金材料が上下の金型に挟まれて 指定の位置で指定の角度に曲がります


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「設備」をテーマにしたブログ一覧

ブログのランキングに参加しています気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(1人1日1票です)こちら→にほんブログ村 企業ブログへを押して頂けると嬉しいです。 

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm

Copyright(C) Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.
(ブログ内の文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業

コメント   この記事についてブログを書く
« ステンレス板のエッジ(切断... | トップ | 箱・BOX・ケースの作り方... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

精密板金 設備」カテゴリの最新記事