持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

一面のきのこ

2019年01月14日 | どこかの空の下
太い倒木の幹の表面すべてから吹き出した真っ白なキノコ。


光の透き通る傘がなんとも幻想的だ。


小さなキノコって、幽かで妖しい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ホタルが飛んできた | トップ | そして光るんだな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

どこかの空の下」カテゴリの最新記事