AYAKO’s MOVING CASTLE

映画は楽しいね!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「サマータイムマシン・ブルース」DVD

2006年03月21日 | ☆☆☆映画
サマータイムマシン・ブルース 2005年 日本

ポニーキャニオン

監督:本広克行
原作・脚本:上田誠
出演:瑛太、上野樹里、与座嘉秋 ほか

とある大学のSF研究会の仲間の目の前にタイムマシンが現れた。

馬鹿げてるけど面白いです。
最初の方は、なんかつまんないなぁ。と何も起こらないので少し飽きる。
副音声で監督も言っていたけど、最初の15分は問題だったらしい。
何か他に観客を引き付ける内容に出来なかったのかなぁ。と ちょっと残念。
結局、彼らは過去を変えることの無いように奮闘するのだが、くだらな過ぎて結構笑える。
タイムマシンの物語はたくさんあるけど、タイムマシンを使う人によってかなり違う物語が出来上がるんだね。
彼らが過去で何をしたいのかがポイントです。

コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 「旅するジーンズと16歳の夏... | トップ | 「ブロークバック・マウンテ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントどうもでした~ (さくさく)
2006-03-26 09:57:37
そうなんですよねぇ

最初は、なんだかよくわかんなくって

タイムマシンものだから、なにかの伏線なんだろうと

思ってみていたけど

でもなかなかでした

今までのタイムマシンものにはない

スケールの小ささが逆によかったですね

では~
こちらこそ (AYAKO)
2006-03-26 22:57:14
いつもTB&コメントありがとうございます。

最終的には 馬鹿げていて面白いお話でした。

あのばかばかしさがいいのかも知れませんね。

コメントを投稿

☆☆☆映画」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

サマータイムマシン・ブルース (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 まったくノーマークでいながらなかなか面白そうだったDVD「サマータイムマシン・ブルース」を観てみましたよ~う!!  夏休みの大学、SF研究会。  SF研究とは名ばかりで夏休み中も日がな一日野球もどきをするお気楽な寄り合い所帯。  しかし事件が!  なんと
サマータイムマシン・ブルース・・・・・・・ (サクサクっと・・・)
サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) タイムマシーンもので青春?もの 「サマータイムマシン・ブルース」 けっこう好きな要素がいっぱい 評判もよさげなのでちょっと期待・・・・
Back to the 昨日?!~「サマータイムマシンブルース」~ (ペパーミントの魔術師)
あの~、ある日突然、自分の部室に タイムマシンがポンと置いてあるとして。 ・・それもすんごくちゃっちい。 乗りますか? リモコンなしでは作動しないエアコン。 リモコンが壊れる前の時間に戻ればいいじゃん・・・・って。 そんな理由でリモコン取りに行くんですよ、マジ
サマータイムマシン・ブルース (39☆SMASH)
『サマータイムマシン・ブルース』 あらすじ 『暑すぎる夏の、とある大学のSF研究会の部室。そこにはSFの研究などまったくせず、ただぐったりと夏休みを過ごす5人の男子学生と、2人の女性写真部員がいた。前日にクーラーのリモコンが壊れ、あまりの酷 ...