丸顔おばさんのブログ

ムーンショット計画を丸裸に。

昨日、おばさんが見つけちゃったあいつらのやばい計画だけど、

わかりやすく説明してる動画を見つけた。


以下、要約。青字、おばさんのつぶやき。****************

内閣府は2020年1月にムーンショット計画なるものを発表した。
コロナがちょうど流行り始めたとき。日本の未来について詳しく目標を掲げている。
2050年までに実現する目標を6つ掲げている。
〈おばさんつぶやき〉
コロナが流行ってるから、自粛、新しい生活様式をしなければならない、のではない。逆だ。
この計画を実現するために、あいつらがウイルス禍を作り出し、自粛、新しい生活様式をせざるをえない状況に意図的に持って行ってる。強引に。







1、身体・脳・空間・時間からの解放
サブタイトル:サイバネティックアバター生活
・脳の制約からの解放・・・暗記したり、データ分析したりが不要に。ロボットスーツ着て、労働、生活?

・空間、時間の制約からの解放・・・AIによるオンライン事業。登下校不要のオンライン授業。2030年までに一つのタスクに対して、一人で10体以上のアバターを操作できるように。例えば、家に居ながらにして重機などを遠隔操作するなど。

機械と人間の融合


2、疾患の予測・予防を実現
サブタイトル:100歳まで健康不安なく人生を楽しめる社会を実現
「基本的生命過程の制御技術」人の生涯にわたって臓器等の変化、衰えとかを、ネットワークシミュレーターでとらえ、病気を発症する前段階で未然に防いで、健康的な状態へ軌道修正していく方法を確立していく
〈おばさんつぶやき〉
これは、ICチップを体に埋め込むんだな。それが不調までも軌道修正するようにしたいんだとさ。てことは、医者も薬のも要らなくなっちゃうな。
そして、このICチップにいろんな細工をしてくるんだろうね。肉体の情報まで丸見え。逆らったら、毒が出て死ぬように細工するとかいう噂、聞いてるよ。
あいつら、今、やたらワクチンをやりたがってるけど、ワクチンにICチップを仕込む計画だ。

3、人と共生するAIの実現
・2050年までに人が違和感を持たない、人と同等以上の身体能力を持ち、人生に寄り添って一緒に成長するAIロボットを開発する。
〈おばさんつぶやき〉
AIと結婚するヤツが現れそうだな。人間と上手につきあえなくて、ロボットに相手してもらうしかないヤツ。現在もすでにそんなようなヤツ、いるよな。ゲームの世界だけに生きているヤツとか。それで悪いあいつらがそのAIを裏で操っててさ、騙されて悪事に加担させられたり、よけいに洗脳されちゃったりするんだろうね、本当の家畜の完成だ。
操ってるあいつらは絶対に捕まらない。オレオレ詐欺の進化版みたいな感じか。

・2030年までに、一定のルールの下で一緒に行動して90%以上の人が違和感を持たないAIロボットを開発する。
例)AIロボットが人を火災現場から救出。建築現場でロボットがフル稼働。介護ロボット。こどもをあやすロボット。スマホから3Dホログラムが登場。犬の散歩代行ロボット。農作業。⇒5Gが必要不可欠。同時多数接続。

4、持続可能な資源循環を実現
5、持続可能な食糧供給を創出
これは↓、

SDGs
「持続可能な開発目標(じぞくかのうなかいはつもくひょう、英語: Sustainable Development Goals: SDGs〈エスディージーズ〉)とは17のグローバル目標と169のターゲット(達成基準)から成る[1]国連の持続可能な開発目標。(←国連はあいつら)
2015年9月の国連総会で採択された[1]『我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ』(Transforming our world:the 2030 Agenda for Sustainable Development)と題する成果文書で示された2030年に向けた具体的行動指針。」

これを受けて、

リサイクルの効率をあげて、物の循環効率を良くしましょうということ。
食糧の無駄をなくしましょう。
内閣府:食品ロスをゼロに。
家庭から生じる残飯を粉にしてカートリッジ化。3Dプリンターを用いて再食品化。
〈おばさん、つぶやき〉
要するに、家畜のエサ。家畜にふさわしいお食事をしなさいってこと。

6、量子コンピューターの実現
今のコンピューターで1万年かかる計算を3分で終える。AI開発。天気予報の複雑な演算技術をより高度に。未来の天気予報は分刻みで100%の的中率。3Dホログラム。テレポーテーション。宇宙技術の開発。
(もうわけわかんないw)
すでに、回転ずしなどロボット化は進んでいる。
**************************

それから、2の医療に関する部分は、ICチップ、ワクチンが関係してくると思いますので、それに関する記事を以下に転載しておきます。

https://www.trendswatcher.net/050919/geopolitics/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97%E5%9F%8B%E3%82%81%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%81%8C%E7%BE%A9%E5%8B%99%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%97%A5/ 
↑リンクが貼れなくされている。
以下、全文転載。赤字、おばさん追記。青字、おばさんつぶやき。**************

マイクロチップ埋め込みが義務付けとなる日
31.10.2019

今年2022年までに犬・猫にマイクロチップの埋め込みを義務化する法案が日本で成立した。人間に対してもこのような動きが進められている。ID2020プロジェクトによって世界の77億人全てにRFIDマイクロチップが埋め込まれる社会の実現化が進んでいる。
 
*RFID (Radio Frequency Identification)とは、ID情報を埋め込んだICチップから、電波を使って管理システムと情報を送受信するデバイス。Wikipedia:RFID
 
ID2020とは何か
 ID2020プロジェクトに共同参加しているのは、マイクロソフトと複数のIT企業、世界最大の経営コンサルティング会社のアクセンチュア製薬会社などを含む150社、ロクフェラー財団、GAVI(ワクチンと予防接種のための世界同盟)と複数の国連機関である。プロジェクトの目的はRFIDマイクロチップを全ての人に埋め込み、国際的なデジタル認証システムを構築することである。
〈おばさんつぶやき〉
出たな!あいつらが勢ぞろい!
 
 ID2020の公式サイトでは、目指す目標は、発展途上国の未だ公式IDを持たない11億人にID を与え、出生登録、医療や教育、社会保障サービスなどを受けられるようにする人道的なプロジェクトとしている。

 しかし、既に個人認証システムがある先進国の人々にもRFIDマイクロチップの埋め込みによるデジタルIDを将来義務化する動きとなっているのかが疑問である。

RFIDマイクロチップの埋め込みは、ワクチン接種とともに行われることになっている。現在多くの先進国ではワクチン接種の法律上の義務付けはない。子供がワクチン接種を受けるか受けないかは両親の判断に委ねている。アメリカでは18歳までに70種類のワクチン接種が求められている。成人してもインフルエンザ、肺炎、肝炎などのワクチン接種があるが、これも個人の判断で受けるかを決めることができる。近年、このワクチン接種を巡りその有害性と危険性が問題となって、ワクチン接種が減少している傾向がある。
 
製薬会社のID2020への参加
 製薬会社にとってワクチンの利益率は高くないと言われているが、”Global Human Vaccine Market 2016-2020” のレポートによると、2015年に240億ドルのワクチン市場は、発展途上国での拡大で2020年には製薬会社に61億ドルの利益をもたらす市場規模になると予測している。製薬会社にとってワクチン市場は将来利益を確保できる市場として考えられる。
 
 ID2020はワクチン接種の義務付けと同時にRFIDマイクロチップ埋め込みの義務付けを行う方針で進められている。現在バングラデシュで試験的に実施されている。

IT企業のID2020への参加
 世界全ての人にRFIDマイクロチップの埋め込みとワクチン接種を強く提唱しているのがマイクロソフトのビル・ゲーツ氏である。国際的なデジタル認証システムを構築すれば、世界全ての人が一つのシステムに登録され、マイクロソフトの管理下に置かれる恐れがある。マイクロソフトは世界最大のビッグデータ企業となる。

健康の面でも体内にマイクロチップを埋め込むことの危険性やリスクなどの医学的検証も行われないまま、デジタル認識システム構築のプロジェクトが進んでいる。個人の全ての情報が、国ではなく、マイクロソフトといった一巨大企業やコンサルティング会社によって管理されることに誰もが不信感と不安を感じるべきである。
******************************

以上が、ムーンショット計画の概要だ。

こんなあからさまなあいつらの狂った計画を内閣府が推し進めている。
現在公募を締め切り、書類選考中。

国立研究開発法人科学技術振興機構 という文部科学省所管の国立研究開発法人がやっている。官僚の天下り先だ。

コロナ騒ぎ、言論弾圧、数々の妨害、うすっぺらく激しいアビガン論争
無理やり火事場泥棒のようにスーパーシティ法案をとおしたわけ、専門家会議廃止従わない場合の罰則検討・・・・。

全部このためだ。

全部つながったな。

こんな具体的な計画が表に出てるとなると、わたしももう、ユダヤについて詳しく書かなきゃなんないじゃない!

もうハニトラとか似非右翼のプロレスごっこがかわいらしく見えるね。

ユダヤ、詳しく書いちゃうと、ユダヤからお手紙来ちゃうかな?

まいったね。

ユダヤについて詳しく暴露してる人もいるけどさ、さりげなくシンゾーを擁護したりして、うまくやってるんだよね。そうやってご自分の命守ってんのかなぁって思ったりして。

それから、このムーンショット計画、本格的な家畜化計画だけど、今もちゃくちゃくと進んでいるし、今後もあいつらがいる限りは進めようとしてくる。

半ロボットにされ、ICチップで管理されるわけだが、今、我々が縛られている、仕事や家庭での役割からの解放を表向きの理由に進めてくるだろう。

私がいいたい役割からの解放は、自分で自分を洗脳から解放してあげることだ。結果、平和的に人と関われるように、幸せになることだからな。

AIと結婚したいのか、生身の人間と愛ある関わりに行くのか、分かれ目だ。

いずれにしても役割から解放され、お金の苦労からも解放されるだろう。
国連のSDGsにもそんなような項目が入っている。
そのうちどうせ自粛の給付金を足掛かりに、ベーシックインカムにしていくんだろう。
これ↑もICチップと個人番号で個人を管理するってことだからな。

さあ、どうする?

少しでもマシになるといいね。この計画。


この人たち↑がどこまでできるか、わかんないけど。
パージも始まっているしね。


ビルゲイツのワクチンの陰謀も有名になってきちゃったし。
完璧にはできないんじゃないかなぁ。



あいつらに関しましては、「あいつら(裏側から見る社会のシステム)」カテゴリー、古い順をクリックのうえ、初期の記事よりご覧ください。



ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「あいつら(裏側から見る社会のシステム)」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2020年
人気記事