おおまちまるかのなんてことないひび。

パリーグと広島カープを愛し始めたブログ。
タイガースの話題はどうした?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ペナントレース大予想大会』前説とパリーグ編

2005年03月21日 15時31分37秒 | ぷろやきゅうな日々
 というわけで、「今日から野球ファンになった人のためのブログ」略して「きょうろぐ」さんのところで今シーズンの予想大会が開かれております。
 自分もやっぱり参加しなければー。

 まぁ、当たりませんが。。。

 予想は野球観戦の花です。
 決め付けはよくないとか、偏見はよくないとか学校で習ったりしたと思いますが、やっぱりある程度の偏見と決め付けってのは存在しており、それを如何に自分の中で昇華するかということが問題だと思うわけですよ。
 偏見の無い、決め付けの無い人間なんていませんから。
 その偏見が普遍的なものであるから一般的なものになったり、偏見・決め付けが正しかった場合というのも往々にしてあり、それが主たる社会の考えになるのではないかと思うわけですよ。
 そこに悪意の有る無しに関わらずですが。
 問題は悪意を持つかどうか、悪意なくとも人を立ち直らせないようにするような偏見・決め付けってのが問題だと思うわけです。
 堅い話をしておりますが、何が言いたいかというと。

 独断と偏見と決め付けに満ちた予想をするからです。(言い訳カヨ)

 というわけで、悪意の一欠けらも無く(本当か?)独断と偏見と決め付けにみちた予想をしてみたいと思います。できるだけ客観的に見たりしつつ。

 では開幕日の早いパリーグ編からー。

 パ・リーグ

 1位・西武ライオンズ

 シーズンの覇者はライオンズと予想します。
 投手力は松坂を筆頭にパリーグ1を誇っていると思います。
 打線もカブレラ・フェルナンデス・和田の強力クリーンアップの他、一番二番も安定、中島もいます。
 問題は捕手位です「キャッチャー監督の俺」とか言い出しても問題ない捕手層の薄さってのがかなりまづいと思いますが、それでも自分的には優勝イケルと思っています。
 本当に穴が少ないんですよね・・・。捕手が穴といいますが、オリバファとかイーグルスより格段に上に思えますし(苦笑)
 どうしたもんでしょ。

 2位・福岡ソフトバンクホークス

 ヤフーマネーで強力補強したソフトバンクホークスですが、金の使い方を誤っているようなそうでないような感じがします。
 確かに、打線強化等ホークスの戦力は確実に上がっています。
 バティスタは普通にやってくれそうな雰囲気をもっています。きっと彼の敵は「神の声」だと思います。
 しかし、投手陣に相次ぐ怪我や不調ってのが気がかりです。
 そして第三の外国人捕手のジョージ・マッケンジーの後が居ません。野手層は確実に厚くなっていますが、投手・捕手に意外な落とし穴があると思っています。
 なのでこの位置。
 金満球団が嫌いってのもアリマスガ。

 3位・北海道日本ハムファイターズ

 今年のプロ野球ナンバー1の打線といえば、このチームではないのでしょうか。
 こうしてみると、パリーグは投手受難のリーグですね(苦笑)
 打線の割に投手陣が気になりますが、それがこのチームの魅力の一因にもなっています。
 新庄・稲葉・坪井等の外野陣に小笠原・セギノール、それにショートのアルモンテも結構やってくれそうです。守備も意外と言ってはなんですがかなり上手いです。
 調子に乗れば一気の優勝もありえると思っています。
 ネックはやはり守備と投手。守備に関しては内外野はともかく盗塁阻止率の低さなど高橋捕手が気になります。打力はあるのでそれで補ってくれれば良いんですが・・・。 

 4位・千葉ロッテマリーンズ

 マリーンズは打力の無さが気になります。
 投手はそれなりに安定すると思います、小宮山はネタボールを駆使するんでしょうか?(苦笑)
 コバマサの抑えも去年より成績は上がると思います。
 先発も揃ってます、新しいアゴの人も悪くなさそうです。
 しかし、それを生かせる打線ってのがあやしいです。
 今年も見殺し多数でしょうか・・・。
 注目の選手は初芝様とジョニー黒木。今年こそはあの熱い投球を再び見たいものです。
 初芝様は、初芝様ですから(意味不明)

 5位・東北楽天ゴールデンイーグルス

 どう贔屓目に見てもこの位置かなと。
 全選手が過去成績のMAXをたたき出せば、プレーオフ争いには噛めると思います。 
 ただ・・・、それができた球団ってのは全く存在しないわけで(苦笑)
 密かな隔年選手の礒部の働きも気になります。
 ただ、一ついえることは去年から今年にかけてのストーブリーグの覇者は(ネタも含めて)このゴールデンイーグルスだと思います。
 ポフェッショナルベースボールや楽天一場・ナベツネなど、ネタには困らない強力無双な新球団でした。
 シーズンでも頑張ってほしいと思います。
 後、最初は嫌いだった三木谷オーナーなんですが、最近イイ感じではないかと思うようになってきました。これは周囲のオーナーとかネゴロとかがあまりにもアレ過ぎなのと、対抗馬であったホリエモンの弾けっぷりが原因なのでしょうか?(苦笑)
 なんにせよ来年再来年、そして今後の球団史に繋がる戦いを見せてほしいと思います。

 6位・オリックスバッファローズ

 省略。










 といいたいくらいの球団です。もうバッファローズでいいじゃない、バファローズじゃなくて。(確信犯)
 戦力的にはそりゃあ、確実にアップしてますよ、若手もめぼしいの奪いましたしね。監督もステキですし、助っ人もかなり良さそうですよ、ええ。(投げやり気味)
 でも、確実にやってくれますよ、ええ。

 塩谷様の呪いが

 多分、日本で一番最下位を経験している選手ではないんでしょうかね。

 今年も期待しています。

 いやでも、実際結構強いと思いますよ・・・。

 今年も熱いペナントレースに期待しています。
 
 というわけで、パリーグ編はここまで。
 近日中にセリーグ編をアップしたいと思いますー。
コメント   この記事についてブログを書く
« 3月21日「うますぽ」 | トップ | ブログの行く先をふと立ち止... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ぷろやきゅうな日々」カテゴリの最新記事