・*・ etoile ・*・

映画・美術・お買物・おいしいもの σ(゜∀゜*)

【Googleのロゴ】中秋の名月 2018

2018-09-24 00:12:20 | Google's logo☆

毎度のGoogleのロゴがこんなことに!

 

 

 

中秋の名月2018

 

毎度のWikipediaは"月見"ってことらしいので、

今回は国立天文台の記事から引用

中秋の名月(2018年9月)|国立天文台(NAOJ)


今年の中秋の名月は、9月24日です。


「中秋の名月」とは、太陰太陽暦(注)の8月15日の夜に見える月のことを指します。

中秋の名月は農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。

中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。


今年は9月24日が中秋の名月、翌日の9月25日が満月と、

中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。


太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、その月の朔日(ついたち)になります。

今年は9月10日(新月の瞬間は3時01分)が太陰太陽暦の8月1日、

9月24日が太陰太陽暦の8月15日となります。

一方、天文学的な意味での満月(望)は、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間

(月が太陽の光を真正面から受けて、地球からまん丸に見える瞬間)の月のことを指します。

今回は、9月25日11時52分に満月の瞬間を迎えます。

今年のように、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります。

詳しくは、国立天文台暦計算室の暦wiki「名月必ずしも満月ならず」をお読みください。


とのこと😌


このロゴかわいい😍

検索画面のロゴはこんな感じ


よいお月見ができますように

コメント

【art】「五十嵐健太 飛び猫写真展」@オリナス

2018-09-23 01:11:13 | art☆

🐈【art】「五十嵐健太 飛び猫写真展」@オリナス🐈

 

 

 

ベストセラー写真家五十嵐健太さんの写真展。五十嵐健太さんのインスタをフォローしてて知った。錦糸町のオリナス1階で開催ってことで、バレエ前に見に行ってきた!

 

 

 

 

 

 

オリナスってリニューアルオープンするんだよね? なので今閉まっている店舗などもあってちょっと不思議な感じ。いわゆるショッピングモールの通路でのパネル展示。もちろん無料。思ったより点数ある。

 

撮影OKで、#飛び猫 と #オリナス のハッシュタグつければSNS投稿もOKってことなので、いっぱい写真撮って来た! とはいえ全部Tweetするわけにもいかないので、適当にテーマ分けしてお気に入り写真をチョイス。

 

 

 

 

 

 

まずは「飛んでる子たち」 1枚目の子はポスターにもなってるし有名な写真。たしか五十嵐さんがタモリ倶楽部に出演した時に、このジャンプは失敗したんじゃないかってタモリに聞かれてた気がする。このジャンプは成功したってことだった。

 

4枚目の子だけ垂直飛びだけど、この子とっても個性的だった。後ほど再登場する。この子はオスだよね? オスの顔つき。2枚目の茶トラは女の子かな? そんな気がする。

 

 

 

 

 

 

2つ目は「自撮りっぽい子たち」 1~3枚目の子たちはカメラが気になっちゃったのね😌 自撮りみたいになってておもしろい。4枚目の子が「飛んでる子たち」の4枚目の子。自撮りっぽくはないのだけど、どうしてもこの子を載せたくて無理やり入れちゃった😅

 

 

 

 

 

 

3つ目は「表情のいい子たち」 いい表情だよね~ 特に1枚目がお気に入りだけど、3枚目の2にゃんもいい感じ 2枚目は美人さん😍 まだ子猫かな? 4枚目は後ろ姿で表情は写ってないのだけど、このかわいさは外せなかった! 実は撮影中の自分が写っちゃってる💦💦

 

 

 

 

 

4つ目は「ねこ禅」 これはこのタイトルの本があるのかな? 50の教えとなっているけど、もちろん50個展示されてはいない。でも10個くらいあったかな? 特にお気に入りの2つをチョイス。

 

 

 

 

 

5つ目は「なかよし」 2枚目はテレビでも取り上げられたことのある有名な子だよね? 大阪だったか名古屋だったかのねこカフェの子。フクロウとなかよしな子。肩に手かけてるのかわいい😍 野良猫の親子はかわいいけれど、いつも切ない気持ちになる。子どもみたいなお母さんが子育てしてるの切ない😢

 





 

6つ目は「フォトジェニック」 1枚目のかわいさったら! この丸顔と手の短さはマンチカンかな? マンチカンの顔のかわいさは最強!

 

思ったよりも点数あったけど、錦糸町駅から結構歩くのでこれを目当てに行くのは微妙かな🤔 今リニューアル中で開いてるお店も半分くらいだから休日にプラプラとかもオススメしにくいけど、TOHOシネマズ錦糸町も入っているので映画のついでとか、ニトリもあるのでお買物ついでとかにいいかも😌 平日だったのでやってなかったけど、休日は物販もあるらしいので是非!

 

🐈ベストセラー猫写真家 五十嵐健太 飛び猫写真展:2018年9月15~24日 @オリナス1階通路

ベストセラー猫写真家 五十嵐健太 飛び猫写真展|錦糸町ショッピングモールオリナス

コメント

【Googleのロゴ】秋分の日 2018

2018-09-23 00:17:33 | Google's logo☆

毎度のGoogleのロゴがこんなことに!

 

 

 

秋分の日2018

 

毎度のWikipediaから引用


秋分の日(しゅうぶんのひ)は、日本国民の祝日の一つであり、

祝日法により天文観測による秋分が起こる秋分日が選定され休日とされる。

通例、9月22日から9月23日ごろのいずれか1日。


しばしば昼が短くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれるが、実際は昼の方が少し長い。

詳細は秋分を参照のこと。

本項では「秋分の日」と「秋分日」と区別して記述する。



「秋分の日」は、1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律

(「祝日法」、昭和23年法律第178号)によって制定された。

同法第2条では「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」ことを趣旨としている。


「秋分の日」は毎年9月23日の1日間に定められる。

祝日法上で「秋分日」としており、日付を指定していない。


毎年国立天文台が「秋分日」を含め作成する翌年の『暦象年表』という小冊子に基づき、

施行年の前年に閣議で決定されて2月第1平日付の官報政令暦要項」に「秋分の日」として公告される。

『暦象年表』以降の将来も秋分日は天文学で計算できるが、

このような手続きを経るため正式な「秋分の日」は公告でしか確定しない。


従来9月15日だった敬老の日が、祝日法の改正(いわゆるハッピーマンデー)により、

2003年から9月第3月曜という移動日に変更されたことにより、

9月15日 - 21日のいずれかとなった。

秋分の日が9月21日9月22日9月23日のいずれかで、かつ水曜日となった場合、

その2日前の月曜日が敬老の日となり、

祝日法の規定により間に挟まれる火曜日が国民の休日となり、

結果として敬老の日前日の日曜から4連休(週休2日制であれば5連休)となる。
この連休はいわば「第2のゴールデンウィーク」であり、

敬老の日と国民の休日が関係することもあって「シルバーウィーク」と呼ばれることもある。


とのこと😌


このロゴかわいい😍

検索画面のロゴはこんな感じ



よい秋分の日を~

コメント

【tv】100分de名著「薔薇の名前」(第3回)

2018-09-20 00:30:21 | tv☆

【tv】100分de名著「薔薇の名前」(第3回)

「異端」はつくられる

 

 

1回25分×4回で1つの作品を読み解く番組。9月はウンベルト・エーコ著「薔薇の名前」(Wikipedia)で、講師はイタリア文学者の和田忠彦氏。今回はその3回目。


事件は夜に起きている。①人が死ぬ②人が歩き回る③女が招き入れられる。修道院には昼の顔と夜の顔がある。アドソが深夜の図書館で出会った厨房係レミージョは異端の教派ドルチーノ派に属していた過去があり、食べ物と引き換えに村の女たちを厨房へ引き入れていた。2日前ギリシャ語翻訳者ヴェンナツィオが図書館で死んでいるのを発見したが、自分の悪事がバレることをおそれ放置。翌朝遺体がなくなっていたと語る。

 

ウィリアムはこのレミージョの告白と、ヴェンナツィオと図書館長補佐ベレンガーリオの指先が黒ずんでいたことから、ヴェンナツィオはアフリカの果てで禁書を発見したが、読んでいる途中で突然死亡したのではないか。また、ヴェンナツィオの遺体を豚小屋に運んだのはベレンガーリオであり、彼もまた禁書を読みながら激しい痛みを感じ、入浴中に溺死したのではないかと推理する。

 

ウィリアムは全ては本がらみの殺人であると確信する。ヴェンナツィオが残した「手を偶像の上に置き、4の1番目と7番目を押せ」というのはアフリカの果てに入るための暗号か? ウィリアムはそれを読み解くために他の本を読む必要があるとつぶやく。アドソは書物が書物について語ることがあるなんてと驚く。

 

厨房係レミージョと厨房係助手サルバトーレはドルチーノ派(Wikipedia)に属していた。ドルチーノ派は教皇派と闘い弾圧を受けた宗派。2人は過去を隠して修道院に入り込んだ。

 

他の書物で書物を調べることに驚くアドソについて。当時は書物は真実が記されている"教典"のような存在だった。ウィリアムは書物が書物を呼び寄せるものであり、「知」は封じ込めるより連鎖を探るべきで、多様な知識を取り入れないと謎は解けないと考えたのではないか。

 

伊集院光氏の感想:アドソのような考え方は今現在の自分も陥りがちである。

 

アドソは厨房で会った娘が忘れられずに苦しんでいた。肉体は忘れているが魂は憶えている。4日目、皇帝派と教皇派の和解のため教皇側の使節団が修道院にやって来る。教皇派を率いる異端審問官ベルナール・ギーは自分が事件を解決すると宣言する。

 

その夜、ウィリアムとアドソは再び図書館に潜入。アフリカと呼ばれる禁書を収める部屋に入る。アドソは一角獣について書かれた本を見つけ、純潔の象徴である一角獣の本が何故ここにあるのか疑問に思う。するとウィリアムが、おそらく最初に見つかった一角獣は醜い動物であったのだろう、しかし学者たちが論ずるうち純白で優しい美しい姿になったのではないかと答える。アドソがならば本を信じることができないと言うと、書物は信じるために作られるわけではない、書物は研究に供されるべきものとして作られると答える。結局アフリカの果てを見つけることはできない。鏡の向こうかと思われたが、鏡を動かすことはできなかった。

 

ベルナール・ギー(Wikipedia)という人物について①拷問も辞さない教皇派の異端審問官(Wikipedia)②実在した伝説の人物で「異端審問の実務」を記した③自身の主張の正当性に固執し寛容さを持たない人物としてウィリアムと対照的に描かれている。

 

当時はローマ皇帝派(神聖ローマ帝国)VSバチカンを主体としたアビニョンの教皇派(Wikipedia(皇帝派と教皇派))という状況であった。ウィリアムは異端審問に疑問を持ち、審問官を辞めた過去がある。

 

一角獣のエピソードについて。そもそもはサイのような動物を発見したが、学者などの権威がその姿を美しい馬の姿に変えてしまった。書物をまるごと信じてはいけないということ。

 

伊集院光氏の感想:角が一本の動物がいたことは嘘ではないが、一方の都合だけをとらえて行くとおかしなことになるのは興味深い。

 

ウィリアム「為すべきことは個別の真実のなかに事物をとらえ直すことであるはずだ。それゆえ、この痕跡の痕跡から出発してそれら連鎖の始まりにある個体としての一角獣へたどり着きたいと願うのかもしれぬ」と語る。

観念とかイメージではなくて「事物」にまでたどり着く必要がある。一角獣の学者によって付与されたイメージから元の動物の痕跡に辿り着くべきだ。

 

アドソ「ですが、そうなると、どこまでもひたすらほかの何かについて語りかけてくる何かについて語ることしか、できなくなってしまいます。すると最終的な何か、真実なるものは、どこまでいっても無いということなのですか?」と問う。

記号というものが持っている本質。記号を読み解いていくと終わりのない連鎖に陥ってしまう。

 

答えが出ない? 何かを素人する時に陥る"罠" ウィリアムに対する警告。記号から犯人にたどり着けると思っているようだ?

 

翌朝、教皇派と皇帝派の会談が始まる。キリストが清貧であったかという清貧論争。薬草係セヴェリーノはベレンガーリオが隠した書物を見つける。しかし何者かに殺されてしまい、書物も持ち去られる。犯人として、厨房係レミージョ、厨房係助手サルバトーレ、そしてあの娘が捕らえられる。3人は異端の罪に問われる。ギーによる異端裁判が始まる。これには修道院の権威を貶め、会談を優位に進めたいという意図があった。

 

アドソは娘を思い、愛する人の名前を呼ぶことも出来ない。生涯一度の地上の愛だが、相手の名前も知らず、その後も知ることはなかったと記す。

 

そもそもはアリストテレスWikipedia)の「詩学」(Wikipedia)が関係しているわけだから、ギリシャ語が読めないレミージョたちが犯人のはずがないわけで、これはギーのでっち上げ。異端の存在を暴き出して修道院の信頼を貶めることにより、会談を有利に進めたいという考え。

 

異端裁判のシーンは執筆当時にイタリアで起きた事件が反映している。当時記号論者として活躍していたエーコは、この事件により小説を書くことを決意した。その事件とは、1978年3月16日に起きたアルド・モーロ誘拐事件。元首相のアルド・モーロが極左テロ組織「赤い旅団」(Wikipedia)に誘拐された事件。彼らは政治犯13人の釈放を要求。この間、モーロ本人から嘆願書が出されるも、見殺しにされる形で55日後の5月9日に殺害された。


ここから「鉛の時代」と呼ばれるテロと弾圧の時代が続いた。この年イタリアでは2,700以上のテロが起きた。エーコはこの時のことを全てが薄暗い場所で起きたと語り、薄暗い場所について語ろうと思ったことが小説を書いたきっかけであった。

 

アルド・モーロ(Wikipedia)はキリスト教民主党保守政権の中では穏健派でリベラルな存在であった。イタリア共産との和解や、中絶法の推進行っており、これに対して不都合と感じる人々がいたらしい。

 

監禁されたモーロから70通の嘆願書が送付されたが無視された。嘆願書自体は本人によるものだと鑑定されたにもかかわらず、強制されて書かれたものだと判断された。モーロを不都合と感じる人々による見殺しであった? 背後にマフィアやバチカンを母体とした教会の存在が噂され、メディアや学者たちも真実を見なかった。

 

「鉛の時代」(鉛の時代とは - コトバンク)とは? 1979年テロ対特別措置法(予防拘禁が可能)が制定される。疑いが生じれば拘禁できため、口を開くことが恐れや怯えを生み、自己規制を加速させた。密告と相互監視の重苦しい「鉛の時代」が続いた。

 

伊集院光氏の感想:14世紀に飛ばさないとストレートに書くことができなかった。今の時代にも似たようなことが起きる可能性がある。結末がどうなるかによって自分の情報に対するアプローチの道筋になると思う。

 

全4回の3回目ということで、事件含む物語自体も、エーコが描きたかったことについても明らかになりつつあり、佳境に入っておもしろくなってきた! イヤ、最初から面白かったけど、正直何のこっちゃ?な部分もあったので。次回いよいよ最終回! 映画見てるから犯人は知ってるけど、この難解な物語を通してエーコが描きたかったことは何なのか? 楽しみ😍

 

100分de名著:毎週月曜日 午後10:25~10:50 Eテレ

100分de名著

コメント

【tv】100分de名著「薔薇の名前」(第2回)

2018-09-18 00:40:37 | tv☆

【tv】100分de名著「薔薇の名前」(第2回)

知の迷宮への旅

 

 

1回25分×4回で1つの作品を読み解く番組。9月はウンベルト・エーコ著「薔薇の名前」(Wikipedia)で、講師はイタリア文学者の和田忠彦氏。今回はその2回目。


図書館長補佐ベレンガーリオは同性愛者で、細密画家のアデルモに肉体関係を迫っていた。その見返りにアデルモは何かを要求していたらしい。しかし、罪の意識に耐えられず自殺。自殺は神に背く行為なのに何故? 修道院で80年を過ごす最長老のアリナルドは、図書館の書庫は迷宮だと語り、秘密の入り口を教えてくれる。謎は図書館にあり。


図書館の役割とは? 修道院は"世界の縮図"なのだそう。ベネディクト会(Wikipedia)はキリスト教世界最大級の図書館を持ち、貴重な図書を保有していたとのこと。当時の図書館は閉架式(Wikipedia)で、何を読みたいかを図書館長に伝え、意図が正当かつ敬虔であれば読むことが出来たのだそう。また図書館には禁書も置かれており、これは異教の書が流通しないように修道院の図書館に封印していたからだそう。


ウィリアムとアドソは"アフリカの果て"を探す。図書館内には同じ部屋がいくつも続き迷ってしまう。アドソが開かれた本を見つけ中を覗くと竜が飛び出し光につつまれた女性が現れた。アドソは気を失ってしまう。一方、血の付いた布を残しベレンガーリオが失踪してしまう。


番組では図書館の展開図が映されており、各部屋に名前が名前がついていたのだけど、それを細かく言葉で書いても伝わらないし、メモも取り切れなかったので、ザックリ四方のみ記載しておく。東:地上の楽園、西:アイルランド、北:イングランド、南:獅子(アフリカ)。この南の中心に秘密の部屋があり、それが"アフリカの果て"らしい。しかし、2人は到達出来ず💦

 

アドソが見た竜や光の中の女性は幻覚で、図書館の入室を防ぐ仕掛け。アフリカの果てには何があるのか? 異教の本もしくはキリスト教の教義に反する本があるのではないか? 知識はそれで守られている?

 

「知」をめぐる14世紀前半の状況としては、外から新しい知がイタリアに入って来ており、大学が作られた。イスラムの知も持ち込まれるなど、修道院だけで先端の「知」を独占できる時代は終わりつつあったとのこと。

 

アドソは元異端者サルバトーレの身の上話を聞き異端の宗派と出会う。アドソは夜の図書館に侵入し、1階で人影を見かける。その娘と交わる。彼は悩みを抱えることになる。

 

サルバトーレが属していたのはドルチーノ派(Wikipedia)で、これは14世紀に実在した異端の教派で弾圧により滅んだのだそう。13世紀末~14世紀のイタリアやフランスでは教会に権力が集中しており、批判的な者から異端派が現れ、略奪や殺人が行われたらしい。どの宗教でもいろんな教義が生まれて、いろんな派閥に分かれていくものなんだね。

 

アドソは生涯一度の経験をする。これは大きな意味があると思うけど、そのことについては触れていたかな? とにかく彼の中では大混乱💦 映画ではクリスチャン・スレイターが演じていたアドソ。確かにそういうシーンはあって、相手は知的障害がある感じの女性じゃなかったかな? 普通ではない感じで、一言も話さず彼女の方から動物的に求めているように演出されていたと思う。その辺りのことに触れなかったのはNHKだからなのかな? 原作読んでいないので、この感じが映画化にあたっての解釈なのか、原作のもあるのか分からない。

 

アドソは大混乱する。異端とは何か? ウィリアムは異端とは幻想であると語る。異端思想があるわけではない。正統を守るために異端が作られる。教義を厳格化すると排除される人が出て来る。その人々が集団化し、そこに悪意が加わると暴徒化してしまう。

 

教会は自分たちにとって危険という理由で異端の烙印を押し弾圧した。これは教会が作り出すねつ造で、異端を作り出すことにより自分たちを正当化したのではないかとのこと。

 

第三の事件が起きる。ベレンガーリオが見つからないまま3日が過ぎる。最長老アリナルドは一連の事件が「ヨハネの黙示録」に符合していると警告する。7人の天使がラッパを吹くと世界が滅びるというもの。そして、浴室でベレンガーリオの遺体が発見される。

 

「ヨハネの黙示録」(Wikipedia)の七つのラッパについて補足。七人の天使により七つのラッパが吹き鳴らされると、それぞれ異なった災害が訪れるという予言。第一のラッパ:血の混じった雹と火が降って来る=細密画家アデルモの死、第二のラッパ:海の三分の一が血に変わり、生き物の三分の一が死ぬ=ヴェンナツィオの死、第三のラッパ:水という水の三分の一が苦くなり、それを飲んだものが死ぬ=ベレンガーリオの死。第四、五と続くのか? 

 

好奇心を抱いた人間からその順に代償を払っているらしい? 代償とは命。知・好奇心に対する代償が重い。現代はそれに比べてお手軽である。「知」は力を持った側から選別することができる。権力の象徴は図書館。権力の側から異端の烙印を押されると、その「知」は排除されるべき対象となる。

 

とはいえ、知と権力の関係は現在も変わっていないのではないか?というのがスタジオの意見。確かにSNSなどの発展により、「知」を得ることは手軽になったけど、それにより普通の人々が手軽に権力を手に入れることになり、さらにその権力者により異端が生み出される構図も変わっていないかも? 「知」を侮るなとのこと。

 

 うーん💦 第1回の記事(コチラ)にも書いた通り、この物語はシャーロック・ホームズをモチーフにしているらしいし、ミステリーでもあるのだけど、宗教的背景というか中世の文化的な部分も題材にしているので難解💦 説明を聞いてる時点ではなるほど!と思うのだけど、記事にしようとするとホントに何のこっちゃ?😣 でもすごく楽しいので第3回見るの楽しみ! 

 

100分de名著:毎週月曜日 午後10:25~10:50 Eテレ

100分de名著


コメント

【tv】100分de名著「薔薇の名前」(第1回)

2018-09-17 01:11:38 | tv☆

【tv】100分de名著「薔薇の名前」(第1回)

修道士は名探偵?


 

1回25分×4回で1つの作品を読み解く番組。9月はウンベルト・エーコ著「薔薇の名前」(Wikipedia)で、講師はイタリア文学者の和田忠彦氏。原作未読だけど映画は2度くらい見てて好きな作品。なので、とっても楽しみ!

 

「薔薇の名前」は1980年出版。ウンベルト・エーコが48歳の時に書いた処女小説。1986年に映画化。知・言葉・笑がテーマとなった作品で、全世界で5,500万部のベストセラー。日本では上下巻で1,000ページを超える大作。中世を舞台にしたミステリー小説。 中世の修道院で起きる殺人事件をめぐる7日間の話で、大変難解で1日目を読み終えらえるかどうかがカギ。小説自体が"迷宮"で、それは意図的なもの。"知"がテーマとなっている。

 

講師の和田忠彦氏はウンベルト・エーコ(Wikipedia)と親交があったそうで、エーコはおちゃめで涙もろく、歩くのが早かったのだそう。前衛的な文化番組を制作していたけれど、これは「記号論」につながるらしい。記号論とは文化的なことを記号ととらえることだそう。"理論化できないことは物語らなければならない"とメモ取ってあるのだけど、これがエーコ自身の言葉だったのか今となっては分からない💦💦

 

 1968年に作者は古書を入手した。それは老僧アドソの手記であった。1327年11月フランチェスコ会の修道士ウィリアムが、弟子でベネディクト会に所属するアドソを伴い北イタリアの修道院を訪れた際、修道院長アッボーネが細密画家アデルモの死の解明を依頼するところから始まる。

 

どうやら、ウィリアムは洞察力が優れていて、修道院に到着するやいなや推理を披露したらしい。①馬の蹄の跡②馬の蹄の跡が等間隔である③皆が探しているのだから美しい馬④美しい馬はブルネッロと名付けられる。という4つの理由から、修道院ではブルネッロという馬が逃げてしまったということを推理した。このことから修道院長アッボーネが細密画家アデルモの死の謎の解明を依頼することになる。

 

で、このウィリアムと弟子のアドソというのがある有名な作品のオマージュとなっているそうで、それはシャーロック・ホームズ! ウィリアムがシャーロックで、アドソがワトソンであるとのこと。なるほど!

 

捜査依頼されたのは、細密画家アデルモの遺体が図書館の塔の下で見つかった事件。カギとなる人物は、盲目の長老ホルヘ、図書館長マラキーア、図書館長補佐ベレンガーリオ、ギリシャ語翻訳者ヴェンナツィオ。長老ホルヘは笑いを許さない。

 

中世ヨーロッパでは笑いは不謹慎なものであった。笑いは悪魔の所業であると考えられていた? なんで? だって笑いって普通に出てきちゃうものじゃない? それを禁止するって🤔 細密画家アデルモは動物など笑いを誘う挿絵を描いていたのだそう。彼が描いた"ライオンを射ようとする鹿"は逆立ちした世界を表しているとのこと。ウィリアム自身はユーモアの効用を信じてる。

 

2日目、ギリシャ語翻訳者ヴェンナツィオが豚の血を貯める樽に殺されて入れられていた。アデルモが殺される前日、笑いについて議論している姿が学僧ベンチョに目撃されていた。

 

議論のテーマはアリストテレス(Wikipedia)「詩学」(Wikipedia)の失われた第二部について。これは文学理論の書であり、第一部は悲劇について書かれており、第二部は喜劇について書かれているのではないかと言われているのだそう。ヴェンナツィオは笑いは大切であると語り、老僧ホルヘは第二部は初めから書かれていないのではないかという意見。

 

うーん💦自分メモに唐突に"アフリカ or アフリカの果て 自論→出禁の書庫"と書かれてるけど何だ? ただ、この"アフリカの果て"というのは今後の捜査のカギになってくる言葉で、図書館にアフリカという場所があるらしい。その果てに何があるのか? 

 

知りたいというのは原動力である。開かれた"知"は権力者にとっては信仰の妨げになるものと考えられた。

 

この番組、興味のある題材の時には録画して、一時停止しながらメモ取って見てるけど、毎回見終わった時はなるほど!と思っているのに、こうして記事にしようと思うと、何のこっちゃ?な状態になっちゃう💦 今回もそうだった💦 ただ、見ている間はめちゃめちゃおもしろかった! 第2回もメモ取りながら鑑賞済みなので、記憶が曖昧になる前になるべく早く記事書いておきたい。頑張る!

 

100分de名著:毎週月曜日 午後10:25~10:50 Eテレ

100分de名著

コメント

【Googleのロゴ】敬老の日 2018

2018-09-17 00:24:44 | Google's logo☆

毎度のGoogleのロゴがこんなことに!

 

 

敬老の日2018

 

毎度のWikipediaから引用!


敬老の日(けいろうのひ)は、日本国民の祝日の一つである。

日付は9月の第3月曜日


2002年(平成14年)までは毎年9月15日を敬老の日としていたが、

2003年(平成15年)から現行の規定となっている。


とのことで、趣旨としては・・・


敬老の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている。


とのことで、始まりは・・・


兵庫県多可郡野間谷村(後に八千代町を経て現在の多可町八千代区)で、

1947年(昭和22年)9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのが「敬老の日」の始まりであるとされる。

これは、野間谷村の村長であった門脇政夫(1911年 - 2010年)が

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から開いたもので、

9月15日という日取りは、農閑期にあたり気候も良い9月中旬ということで決められた。


( ゚Å゚)ホゥ


2001年(平成13年)の祝日法改正(いわゆるハッピーマンデー制度の実施)によって、

2003年(平成15年)からは9月第3月曜日となった。


敬老の日を第3月曜日に移すにあたっては、

当時存命であった提唱者門脇政夫が日付の変更について遺憾の意を表明したほか、

財団法人全国老人クラブ連合会(全老連)が反対を表明した。


ハッピーマンデーへの移行については、物議をかもしたことは憶えているけど、

提唱者の門脇さんがご存命で遺憾の意を表明されていたのね?😲


このロゴとってもホッコリする感じでいいね😌

検索画面のロゴはこんな感じ


よい敬老の日を~

コメント

【動画】宇野昌磨選手 ロンバルディア杯 2018 FS

2018-09-16 02:17:42 | 【動画】figure skate★

⛸【動画】宇野昌磨選手 ロンバルディア杯 2018 FS⛸

 

 

イタリアのベルガモで開催中のロンバルディア杯での宇野昌磨選手のFS演技。今季FSの曲はベートーヴェンの「月光」。昌磨のFSが「月光」と聴いてどんな感じになるのか楽しみにしてた!

 

冒頭は今季から入れると言っていた4S。ステップアウトで-2.13点。続く4FはURで-0.66点。4Tはキレイに着氷して2.28点の加点。でも、次の4Tがコンビネーションにならず重複ということで基礎点が下がってしまった💦 さらに得意の3Aで転倒😣 なんと-4.0点。これは痛い💦💦 3A-1En-3Fは3Fがつまった。回転不足は取られていないが、GOEが-0.16点💦 これ昨季までは3A-1Lo-3Fと表記していたのだけど、1Lo部分にオイラーという名前がついたそうで、1Enと表記するのだとか。なるほど。さて、最後の3S-3Tは着氷するも、これも本来の出来とは言えず、加点も0.34点と渋い。

 

ステップはレベル3だけど、スピンは全てレベル4! しかし、今季から演技時間が4分半から4分に短縮されたため、得意のクリムキンイーグルはなし。これは残念😢 試合時間の短縮ということらしいし、ジャンプが1本減らされているようだけれど、つなぎの時間がなくなるため選手にとってはかえって負担らしい。何故、改悪ばかりするんだろう😠

 

PCSも8点台が出るなど得点が伸びず172.05点。とはいえ、FSでも1位となりトータル276.20点で優勝! まぁシーズン初戦だし、プログラム的にはどんどん滑り込んで音楽の表現などは上がって来ると思うし、ジャンプが安定すれば問題ないでしょう!

 

ということで動画をドゥゾ♪(っ'ω')っ))

 

Shoma Uno. Lombardia trophy 2018, FS (1-place, total 276,20)

優勝おめでとう

コメント

【動画】宇野昌磨選手 ロンバルディア杯 2018 SP

2018-09-16 01:58:46 | 【動画】figure skate★

⛸【動画】宇野昌磨選手 ロンバルディア杯 2018 SP⛸

 

 

 

フィギュアスケートシーズン到来! 応援している宇野昌磨選手の初戦はイタリアのベルガモで開催中のロンバルディア杯。そのSP演技。今季SPはロドリゴ・イ・ガブリエーラの「天国への階段」。これどうやら著作権問題で動画削除されちゃうらしく、YouTubeで上がってる動画は音声なし、もしくは途中で音が切れてるのしかなかった💦

 

冒頭4Fはきれいに着氷! 3.74の加点がついた つづくコンビネーションは4T-2Tに。本来4T-3Tなのかな? でも、これは4T-2Tとして評価され2.85の加点がついている。後半3Aは2.56の加点。今季からGOEが最大±5点になったので、まぁまぁの評価ということになるのかな? 昌磨比ではキレイな3Aという感じではなかったかも? 昌磨の3A着氷が本当にキレイなので。

 

スピンは全てレベル4を獲得したものの、ステップがレベル3。ステップのジャッジ評価は5が3人で4が4人なのに、加点1.45点てどういうことだろう? ルールちゃんと勉強してないのでよく分からない💦 

 

曲が途中で切れてしまっているため、音楽との感じがよく分からないのだけど、相変わらず美しい滑り。104.15点で1位発進!

 

ということで動画をドゥゾ♪(っ'ω')っ))

 

(*Some Music Blocked by YouTube*) 宇野 昌磨 / Shoma Uno - Lombardia Trophy SP - Sept. 13, 2018

コメント

【shopping】フルッタ タンブラー 追加購入

2018-09-16 00:47:44 | shopping☆

【shopping】フルッタ タンブラー 追加購入

 

 

今年3月、楽天スーパーセールで再販され、1人2個限定販売にも関わらず、1日で4万個が完売したiittalaのフルッタタンブラーが、9月のスーパーセールのタイミングで再販! 前回、販売開始を告知したところサーバーダウンしてしまったので、しれっと販売開始してメルマガで告知するスタイル。慌ててサイトに飛んだらまだ残ってた! 

 

3月に2個購入(記事はコチラ)して、梅酒飲んだり、ワイン飲んだり大活躍! 使いやすいし、何より形や柄がかわいい😍 ということで追加購入。今回も4万個が半日で完売したらしい😲

 

フィンランドのデザイナー オイバ・トイッカがデザインしたフルッタは、1960年代に1年くらいの間しか販売されなかったそうで、ヴィンテージコレクターの間でも幻の商品なのだとか。これをscopeが復刻! クリアの他に、グリーン、アメジスト、レモンが販売されたけど、現在レモンは欠品中。これらはそれなりのお値段なのだけど、このクリアはなんと1個税抜き1,500円! これ赤字企画なのだそう。

 

再販予定の情報は知っていたのだけど、すでに2個持っているしどうしようかと思っていた。しかし、scopeのシャチョウによると、ホントに赤字企画なので、次回2019年3月か4月の再販は予定しているけれど、それ以降どうするか検討中とのこと。となると、買えるうちに買っておかねば! だって、もし割ってしまっても手に入らないからね💦💦

 

イヤ、カラーものもかわいいのだけど、個人的にフルッタのかわいさが引き立つのはクリアだと思う。クリアだと柄が分かりにくいのだけど、飲み物を注いだ時に浮かび上がる柄がかわいいので😌 ただ、ピンクを作るかもしれないとのことなので、これは気になる!

 


 


scopeの素敵なところは、フルッタ柄の布で丁寧に梱包してくれること。この布がかわいくてベッドサイドに置いている北欧風バスケットに掛けたり、手作りスマホケース(布切って100キンのスマホカバーに入れただけ😅)にしたりしている。OMKことオマケのティッシュもかわいいし、請求書はオリジナルクリアファイルに入っているのも素敵✨

 

 

光によって色が変わるアメジストも素敵😳

コメント