韓流ドラマ、海外ドラマ、映画紹介

韓流ドラマ、海外ドラマ、映画紹介

『王は愛する』少女時代ユナ、ホン・ジョンヒョンのために復讐放棄..イム・シワンには片想いか?

2017-08-31 09:45:34 | 日記
ドラマ『王は愛する(原題)』で少女時代のユナが、ホン・ジョンヒョンのために復讐をあきらめた。だが、イム・シワンには断固たる姿を見せて残念にした、

29日放送されたMBCの月火ドラマ『王は愛する DVD』27、28話ではウン・サン(ユナ)が、ワン・リン(ホン・ジョンヒョン)を救うために偽りの証言する姿が描かれた。

この日ワン・ジョン(ユン・ジョンフン)とワン・ヨン(キム・ホジン)が、宮に引きずられて行った死んでこそ生きる男 DVD。1人残ったワン・ダン(パク・ファニ)は、ワン・ウォン(イム・シワン)にすがって泣いたし、ウン・サンに「2番目のお兄様にめんじて1番目のお兄様のことを許してはくれないか」と、哀願した。

これに対しウン・サンは「お嬢さん、1番目のお兄様だけ殺して離れようとした。再会した世界 DVDそれ以上どのようにさらに許すことを願うのか」と、大声を張り上げてワン・ダンに衝撃を抱かせた。

ウン・サンは真実いってワン・ゼンを罰するのとワン・リンを救うことの間で葛藤した1%の奇跡 2016。証言の瞬間ウン・サンの選択はワン・リンを救うということだった。ウン・サンは「ワン・ゼン皇子が私と私の小間使いを救った」と、偽りの証言し、自身の選択に傷つく姿を見せて遺憾に思わせた。

以後、ワン・ウォンはウン・サンを訪ね、ウン・サンの母親の墓にお辞儀をして謝罪した。彼はウン・サンに「君を私のそばに置くことに決心した。君が私を見てくれる時まで待ってまた待つ」と、話した。

一方、次回の予告編ではワン・リンとウン・サンが共に離れると宣言し、ワン・ウォンを衝撃に陥れる姿が描かれた。今後3人が描いていく話に関心が集まっている。
コメント

『宇宙家族ジェットソン』実写版パイロットが制作決定、製作総指揮はロバート・ゼメキス

2017-08-29 15:52:43 | 日記
アメリカではシーズン1が1962年から1963年まで、シーズン2、3が1985年と1987年に放送された人気TVアニメ『宇宙家族ジェットソン』。その実写版のパイロットが米ABCにおいて制作されることが決まったオスマン帝国外伝 DVD。米Deadlineなどが報じている。

ハンナ・バーベラ・プロダクション制作による『宇宙家族ジェットソン』は、2062年の未来を舞台に、ジェットソン家(ジョージ、ジェーン、ジュディ、エルロイ)と飼い犬のアストロ、ロボットのロジーの活躍を描いた作品(日本では『宇宙家族』というタイトルでNHKにて吹替版が放送された)タイムアフタータイム DVD。今年の6月末から企画が浮上していた今回の実写版はシットコム形式となり、100年後の未来を舞台に、全米で愛されたジェットソン一家を、現代的なフィルターを通して描くということだ。
エレメンタリー5 DVD

製作総指揮者は、ロバート・ゼメキス(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ザ・ウォーク』)と、ジャック・ラプケ(『ザ・ウォーク』)タイムアフタータイム DVD。また、『ふたりは友達? ウィル&グレイス』や『ファミリー・ガイ』など、実写やアニメのコメディを手掛けたゲイリー・ジャネッティが、脚本・製作総指揮を担当する。

なお、今回パイロット制作が決まった実写版のほかに、同シリーズのアニメ映画の企画も6月に具体化しており、こちらはアニメ映画『ソーセージ・パーティー』の監督の一人であるコンラッド・ヴァーノンによって進められている。
コメント

『最強配達屋』コ・ギョンピョ、愉快な拘置所生活記

2017-08-28 15:42:37 | 日記
『最強配達屋』でのコ・ギョンピョの愉快な拘置所生活記が公開された。 

KBS第2の金土ドラマ『最強配達屋 DVD』が、速戦即決の展開でお茶の間を沸かせている。 多彩な物語の饗宴が続き、目を離すことができない。

チェ・ガンス(コ・ギョンピョ)を中心に展開する事件の中で、19日に放送された第6話のエンディングは、強烈な印象を残した。
略式起訴で釈放されたオ・ジンギュ(キム・ソンホ)に怒ったソンジェ(キム・ギョンナム)が、オ・ジンギュ襲撃を試みた。品位のある彼女 DVD  チェ・ガンスは、気配を感じて逃げたソンジェと出会い、ソンジェが持っていた鉄パイプを奪って問い詰めた。再会した世界 DVD ところが、鉄パイプを捨てるチェ・ガンスの姿が監視カメラに映っていた。 結局チェ・ガンスはオ・ジンギュを襲撃した犯人の濡れ衣を着て逮捕された。 
操作 DVD

今日(25日)放送される『最強配達屋』の第7話では、拘置所に移送されたチェ・ガンスが描かれる。 
コメント

『最強配達屋』チェ・スビン、冷たい現実の前に涙で立ち向かう…視聴者の共感指数上昇

2017-08-25 14:48:24 | 日記
『最強配達屋』でのチェ・スビンの涙の前に視聴者が共感している。彼女が生きていく話が辛い現実を反映しているからだ。

今月11日に放送されたKBS第2の金土ドラマ『最強配達屋 DVD』第3話では、身体が痛くても冷たい現実に立ち向かわなければならないダナ(チェ・スビン)の姿が描かれた。

この日のダナはジンギュと一緒に川に落ちた衝撃で寝込んでいた。ハベクの新婦 DVD彼女は病気の体を引きずって配達に行って、あらゆる侮辱を受けた。料理をもう一度持ってこいと言われておかもちを持って出かけたダナは、玄関にあった陶器と一緒に倒れた。

幸いなことに緊急治療室に行こうとしていたダナをジンギュが発見し、保護者を自任して彼女のそばを守った秘密の森 DVD。ダナは我に返るとすぐに「早く行って働かなきゃならない」と言って職場に戻ろうとしたが、これを止めてダナの代わりに配達をしたのもジンギュだった。

また、病院代を支払って割れた陶器の弁償をしただけでなく、命を助けてくれた代価としてダナがほしいだけ支払うとも言った。再会した世界 DVDいきなり訪れた幸運にダナは幸せを感じるよりも「これ夢じゃないの」と不安に思った。

また「これ完全にシンデレラコンプレックスじゃない。プライドがまったくない子供たちが見る夢」とジンギュに自分の頬を叩いてもらい、ジンギュは目を閉じたダナを見て微妙な感情を感じ、ロマンスの開始を予告した。

『最強配達屋』は、持っているものはおかもちだけの人生の痛快な逆転劇を描く迅速、正確な熱血青春配達劇。劇中、ダナというキャラクターは過度に事実的で、かつ具体的な現実が反映されていることで共感する視聴者が増えている。
コメント

シン・セギョン「ハベクの新婦」放送終了の感想を伝える“ソアに出会えて幸せだった”

2017-08-24 16:02:33 | 日記
シン・セギョンが、tvN月火ドラマ「ハベクの新婦 DVD」を終え、「ドラマでソアに出会えて、本当に幸せだった」と伝えた。

シン・セギョンは22日に韓国で放送が終了した「ハベクの新婦」でトラウマを持ったまま生きる主人公ユン・ソア役を演じた操作 DVD。彼女は視聴者に繊細な演技でキャラクターをよく表現したという評価を得た。
王は愛する DVD

特にドラマの中で、恋人として共演したナム・ジュヒョクとときめく瞬間を上手く演じきり、“次世代ロマンチックコメディ女王”の可能性も見せてくれた。

シン・セギョンは所属事務所NAMOO ACTORSを通して、「夏に最初の撮影がスタートして、秋に終わった韓国ドラマ 操作 DVD。長い時間を『ハベクの新婦』と共に過ごした」と話し、「何よりもソアを応援してくれた視聴者のおかげで無事に終えることが出来た」と話した。
コメント