韓流ドラマ、海外ドラマ、映画紹介

韓流ドラマ、海外ドラマ、映画紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「青い海の伝説」チョン・ジヒョン、華麗で美しい人魚姿を公開

2017-01-23 15:15:13 | 日記
SBS水木ドラマ「青い海の伝説」ヒロイン、チョン・ジヒョンが人魚スーツを着ている姿が23日に公開された。

人魚スーツを着たチョン・ジヒョンの姿は、想像の中の人魚そのものだ。数キロにおよぶ人魚スーツを着ても自由に泳ぐ彼女の姿は、人々を感嘆させる。人魚スーツを着て演技をするチョン・ジヒョンの姿は「青い海の伝説 DVD」のメイキング映像「チョン・ジヒョンの人魚挑戦記Part 2」からも確認できる。

チョン・ジヒョンは数キロにもなる人魚スーツを着たまま、時には力強く、時には優雅に、水中演技を見せながらアンデルセンの童話「人魚姫」の人魚をリアルに具現化したアイムソーリー江南区 DVD。スーツを着ているにもかかわらず、水中でトリプル・アクセルをするように体を回す姿は圧巻だ。

水中でも完璧な人魚の姿は、練習の成果だ。チョン・ジヒョンは監督が「OK」しても満足せず「もう一回やります」と繰り返し躊躇なく水中に身を投げた。麗 花萌ゆる8人の皇子たち DVD寒い中で続いた水中撮影でチョン・ジヒョンは「カット」と言われると直後にお湯を浴び、再び演技を繰り返しながら、それでも笑顔で撮影に臨んでいた。

パラオの深海から室内セット、アクアリウムまで水中撮影は場所を選ばなかったが、見慣れない環境でも完璧な感情演技を披露してスタッフから絶賛された。
青い海の伝説 OST

そんなチョン・ジヒョンの努力で仕上がったSBS「青い海の伝説」は、最終回を残すのみとなった。前回で海に戻ることを決心したシムチョン(チョン・ジヒョン) は、ホ・ジュンジェ(イ・ミンホ) の記憶を消すか消さないかで迷った。果たしてシムチョンはどんな決断を下すのだろうか? 25日の午後11時に待望の最終回が放送される。
コメント

ZE:A ヒョンシク、ドラマ「花郎」OSTに合流…Araに対する率直な気持ちを表現

2017-01-23 14:52:18 | 日記
「花郎(ファラン)」で人生に残るキャラクターに出会ったZE:Aのヒョンシクが演技と歌で話題を集める。

ヒョンシクはKBS 2TV月火ドラマ「花郎 DVD」(演出:ユン・ソンシク、脚本:パク・ウニョン、制作:花郎文化産業専門会社、OH!BOYプロジェクト) で顔のない王サムメクジョン(サムメクジョン、新羅の第24代王の真興王) 役を務めた。

サムメクジョンは幼い年齢で王座につくが、母親の裏に隠れなければならない人物だ。いつも刺客たちの襲撃に悩まされ、放浪生活をしてきた彼が、偶然出会った女性アロ(Ara) によって変化し始める。花郎 OSTアロが振り向いてくれなくても彼女に対する一途な愛を見せ、独り立ちして運命の束縛から逃れようとする。

鋭さと冷たさ、切なさ、悲しみと包み隠さない恋まで、サムメクジョンは多彩な魅力を持つキャラクターだ。ヒョンシクは初めての時代劇だったにもかかわらず、安定した演技力と繊細な表現力、視線を引きつけるルックスなどで、サムメクジョンを完璧に演じこなしている。
力道妖精キムボクジュ OST

「花郎」で活躍が続いているヒョンシクだが、特に第6話のエンディングの涙のキスシーン、第10話でサムメクジョンが自身の正体を明かすシーンは、熱血視聴者の間で話題になっている。アロが死の危機に瀕した時、剣を持つ武士に「土下座しろ。君の主君だ」と命じるサムメクジョンの声はどすのきいた圧倒的なものだった。雲が描いた月明かり OSTまた、母親に対して「サムメクジョンではなく、真興(チヌン) です。この国の王!」と叫ぶ姿は、想像を超える強烈さでお茶の間にインパクトを与えた。

「土下座しろ。君の主君だ」で爆発したカリスマ性の余韻が消えないうちに、ヒョンシクは新たな姿で「花郎」の視聴者たちを魅了する予定だ。「花郎」の7番目のOST(劇中歌) の主人公になったのだ。ヒョンシクが歌った「花郎」の7番目のOST「ここにいるから」が1月24日0時、各種の音楽配信サイトを通じて公開される。

ヒョンシクが歌った「ここにいるから」は、顔のない王として傷と痛みを持っていたサムメクジョンがアロに出会って恋に落ち、そんなアロに対して率直な気持ちを告白する内容が込められている。サムメクジョンのテーマ曲で、ヒョンシクの安定した超低音の歌声が引き立つ曲だ。自身が努めたキャラクターの感性が込められた曲であるだけに、ヒョンシクの歌声と共にドラマに対する没入感を高めるものと期待される。

「花郎」の制作陣は24日0時の音源公開に先駆けて、23日にヒョンシクが歌った「ここにいるから」のMVを公開する。今回のミュージックビデオには「ここにいるから」をレコーディングしているヒョンシクの映像と共に、劇中での切ないサムメクジョンのラブストーリーが加えられる予定だ。演技と歌の2つの魅力で話題を集めているヒョンシク、彼が見せる「花郎」の中のサムメクジョンのストーリーに好奇心がくすぐられる。

ヒョンシクが歌った「花郎」の7番目のOST「ここにいるから」は24日0時、各種の音楽配信サイトを通じて公開される。
コメント

新『冒険野郎マクガイバー』に『ボストン・リーガル』のあの人が出演

2017-01-23 13:40:59 | 日記
1980年代の人気ドラマ『冒険野郎マクガイバー』のリメイク版で、現在米CBSにて放送中の『MacGyver(原題)』に、『ボストン・リーガル』でベサニーを演じたメレディス・イートンが出演することが分かったタイムレス DVD。米Deadlineが報じている。

リチャード・ディーン・アンダーソンが主演を務めたオリジナル版は、銃器を使わず、豊富な科学知識と天才的なひらめきを用いて、世界中の悪と対決する主人公マクガイバーの活躍を描いたが、リメイク版では、オリジナル版よりも若い20代の青年という設定ヴァンパイアダイアリーズ シーズン8。秘密組織を設立したマクガイバーは、オリジナル版と同様、型にはまらない問題解決思考で災難を未然に防いでいくというストーリー。主人公のマクガイバー役のルーカス・ティル(『X-MEN』シリーズ)ほか、ジョージ・イーズ(『CSI::科学捜査班』)、ジャスティン・ハイアーズ(『ラッシュアワー』)、トリスティン・メイズ(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)、サンドリーヌ・ホルト(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)らが出演している。
スーパーナチュラル シーズン12

このほど出演が決まったメレディスが演じるのは、フェニックス財団の新リーダーになるマティ・ウェーバー。マクガイバー(ルーカス)とチーム(ジョージ演じるジャックを除く)は、秘密活動の伝説として知られる新しいボスの就任を楽しみにしているという設定になるようだ。
スキャンダラスシティ シーズン3

メレディスは『ボストン・リーガル』に出演した後、CBSの大人気犯罪捜査ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のシーズン7にキャロル・ウィルソン役で登場し、以後不定期で同作に出演していた。

『MacGyver』シーズン1は、米CBSにて放送中。
コメント