韓流ドラマ、海外ドラマ、映画紹介

韓流ドラマ、海外ドラマ、映画紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『師任堂、色の日記』作家、ソン・スンホンの爛熟した演技…本当に素敵

2017-01-19 15:56:41 | 日記
師任堂 色の日記 DVD』の制作陣がソン・スンホンのことを絶賛した。

パク・ウンリョン作家は「実物を見て、思わず自分でも恥ずかしいメントをしていた。確かに男は40歳を越えてやっと熟すよう。時代劇は初めてだと聞いたが、とても素敵。雲が描いた月明かり DVD私が思っていたイ・ギョムだ。本当に素敵な男性。それで途中でメールを送った『私が今まで見た演技中で最高で素敵だった。女性の方がたくさん喜びそう』と送ったところ、本人も喜んでくれた」とコメントした。

ユン・サンホPDは「初めソン・スンホンをキャスティングしたとき『師任堂 DVD』というタイトルを掲げて作る作品だから男性の方たちが負担に感じていた。『師任堂』というドラマに男性は付いていくのではないかという認識が多かった。ソン・スンホンもそんな悩みをかなり真剣に長い時間かけて決定した。以後、現場でヒゲをつけてみると私の期待よりも妙な魅力を発散していたTHE K2 DVD。ソン・スンホンも『師任堂』を通じてイケメン韓流俳優のタイトルを脱いで重厚な男性としてアピールできる場ではないかと期待している」と伝えた。
コメント

草なぎに視聴率で負けられない、キムタクの露出過剰作戦

2017-01-19 13:17:25 | 日記
年明け早々、ドラマの番宣が街に横溢した「キムタク」。この露出過剰、草なぎ剛(42)に数字で負けられぬジャニーズのお家事情も重なっているという。

 ***

 木村拓哉(44)が主演を務めるドラマ「a Life 愛しき人 DVD」(TBS)は、1月15日夜9時からスタートした。SMAP解散後の初仕事とはいえ、外野から見ても肩に力が入ってまっせという、異例の番宣を展開中だった。

〈人を信じて再出発〉

 こんな曰くありげな見出しと共に、読売新聞元日号第3部の1面に木村が登場して番組をアピール。これを皮切りに、1月5日発売の「女性セブン」には巻末カラーに独占インタビューつき、「anan」(6日発売)と「週刊朝日」(10日発売)でも表紙を飾るなど、まるでキムタク一色。
下剋上受験 DVD

 加えて9日、ドラマを放映する同じTBSの「東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP」にも出演。芸能デスクによると、

「スマスマ以外で木村がバラエティに出演するのはかなり異例です」

 背に腹は代えられず。一方、同時期にドラマ「嘘の戦争 DVD」(フジテレビ)が始まった草なぎ剛は「サンデー毎日」の表紙を飾り、スタート当日のワイドショーに出ずっぱりだったりしたものの、その差は大きい。

「木村のドラマはヒロインに竹内結子、脇を固めるのが浅野忠信と松山ケンイチトランジットガールズ DVD。共演者を見る限り、派手なキャストで数字を獲ろうというよりも、しっかりとした芝居をベースにした堅実な作品作りをしたいという局の意向を感じます」

 と、コラムニストの林操氏。更に、少し意地の悪い見方だがと断って、

「数字が低迷しても評論家のウケは狙えるという保険はかけておこう、そういった守りの姿勢が透けて見えますね」

 しかしながら、今の木村には「守り」に転じられぬ、ちょっとしたものが入り込んできているのだ。

■「元・真正SMAP」
 それは、本誌(「週刊新潮」)が報じた“キムハブ解散式”。すなわち、六本木の高級焼肉店で木村を除いたSMAPの4人と元メンバーの森且行(42)が参加し、SMAP最後の大晦日に慰労会が行なわれたことだ。先のデスクは、

「新潮さんの記事だと、1度予約した店がジャニーズにバレてもめげずに別の店で宴を敢行したわけでしょ。事務所の面目なんてもうないんじゃないですか」

 としたうえで、こんな風に業界内の「いま」を描写してくれる。

「『木村vs草なぎ』のドラマ対決がどうなるかという話題で持ちきりです。キムハブ忘年会で、『元・真正SMAP』は木村だけということが明らかになってしまった。4人は事務所の命令に従わなかったんですから。仮に草なぎの番組の方が数字が勝る、なんてことになったらジャニーズの威信は地に墜ちます。メリーさん(泰子副社長)以下、事務所幹部は、そうした事態だけは避けたいはず」

 泣く子も黙るジャニーズとはいうものの、草なぎのドラマの数字を下げろとまでは指示できまい。現時点での対決は木村ドラマに軍配が上がるが――。
コメント

『HOMELAND』、やはりシーズン8で終了へ

2017-01-19 09:58:25 | 日記
米Showtimeで今月シーズン6が放送開始となったばかりのサスペンスドラマ『HOMELAND』。ショーランナーのアレックス・ガンサが、同シリーズをシーズン8で終了させる考えがあることは当サイトでもお伝えしていたが、その言葉通り、やはりシーズン8をもって幕を閉じることが、このほど明らかとなった。刑事ジョンルーサー DVD米Deadlineなどが報じている。

1月15日(日)より放送開始となった『HOMELAND』シーズン6は、舞台を再び本国ニューヨークに戻し、大統領選挙の様子が描かれる。主人公キャリー・マティソン(クレア・デインズ)は、アフガニスタンやドイツでの仕事を終えて帰国し、イスラム系アメリカ人のために働いていたが、再びテロリストとの戦いに身を投じることになる。

ガンサは米Deadlineのインタビューで「最後の2シーズンはキャリーをまたCIAに戻し、どこか外国で撮影をしたいと思っている」と明かしながら、今シーズンの舞台をニューヨークに決めたいきさつを「キャリーを動かそうと思ったのではなく、クレアをアメリカ国内に戻してあげたかったからだシャーロック シーズン4。『HOMELAND』の撮影が始まって以来ドイツや南アフリカなどずっと国外で撮影を続けてきたからね」まだ結末についてはきちんと詳細が決まっていないとしながらも、過去のシーズンで張った伏線を回収する作業が、長く続いたシリーズの醍醐味だ、と語っている。また、シーズン6からは、これまでに登場した人物の再登場もあるとのこと。
24 レガシー DVD

シーズン5で瀕死の重傷を負い、生死の境を彷徨ったピーター・クイン(ルパート・フレンド)も今シーズン、意識を取り戻す。先シーズンまでの彼とは違うが、その存在がシリーズには必要であり、今後のストーリー展開のキーになるだろうと語った。
ザラストシップ シーズン3

今シーズンは女性初の"次期大統領"となるエリザベス・キーン(エリザベス・マーヴェル『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)が登場する。これについてガンサは「エリザベスの性格はどちらかと言うとヒラリー・クリントンよりも、一匹狼的なドナルド・トランプに近い、政策は別として。そういう意味では、性別は違ったけれど、選挙結果と脚本が全く異なったとは思っていないよ」とコメント。

『HOMELAND』は現在の世界情勢をリアルに反映させて進めていくことで知られているが、今回のアメリカ大統領選でトランプが選ばれたことが今後のストーリー展開にどのような影響があるのか。シーズン6は、米Showtimeにて放送中。
コメント