ブログ

marshallのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ移動

2013-06-05 06:39:34 | Weblog
http://www.facebook.com/jikon.kamawanu

フェスブックに移動しました。
名前は

鎌○ぬ かまわぬ  で登録しています

宜しくお願い致します
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

猫に小判

2013-05-14 11:49:38 | Weblog
午前中 生み立ての卵のお礼に近所の●●宅へ
世間話後 こんなものはいらぬかと出された桐の小さな箱
あけてびっくり
茶道で使用する 「蓋置き」である。
彼曰く
底のない湯飲み茶碗か、ぐい飲みなんかいらぬからと 差し出された。
彼の妹が持ってきたそうだ。
いるんだったら持って行け!
早速 家に持ち帰る。
三輪 休雪 の最後の弟子に当たる作品
氏没後 独立 
迦葉山窯  柴田 武師  (号)快  元
萩焼である
使えば使うほど 変化があれわれる
「萩のお化け」と賛え非常に珍重されている。
味のある大胆な作品

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伽羅蕗と伽羅先代萩

2013-05-09 23:57:07 | Weblog
今朝は4時に目が覚め 日の出と共に庭より蕗を採集
板ヅリをし 5センチに切って 皮付きのまま湯の中で5分
あく抜きのため 火鉢より灰を入れたので そのまま外でさます
半日あく抜きで 早速 何度も水を換えておいた蕗を
醤油 砂糖 酒 昆布だし 唐辛子で 薄味にし1時間煮込む

ここで 味み
やや甘味が強いので 調味料をたし 再び火にかけ30分

今夜はこのまま

明日は又かき混ぜ 火にかける
そのまま ほったらかし

3日目 汁がしみこむ蕗
汁がなくなるまで 煮込んで仕上がり

さぁた、男の料理
頭で考えたとおりできあがるかな

できあがったら 写真のセル予定。

伽羅といえば
先日仏事で上京
歌舞伎座の前を通ったら
なんと 
伽羅仙台(先代)萩 の看板
みたいなぁ

4月2日 日記 伊達騒動の張本人
       (伊達綱村)

帝劇では レ・ミゼラブル
これは観劇済み
ジャンバルジャンが 2たりともけがで入院
一人残った 吉原光夫 が頑張っている
連休中に 2日間も公演中止
いいとき観劇しました
映画と同じ流れ
感激した 
涙がたくさん出ました

7月に 再観劇予定

歌舞伎も見たい

年金では苦しい
芝居見るのに 汽車賃 宿代 木戸銭 めし 8万かかる

歌舞伎座向かって右の文明堂から4/5軒目
「銀の塔」
ここは和風ビーフシチュウ専門店
土鍋で出てくる
おすすめである

歌舞伎の俳優さん達の姿も見れる
45/6年のご贔屓の店

そばにあった 仙台が本店の七十七銀行東京支店が
ビルごと 無くなっている
冴えないところに、人通りの少ないところへ引っ越し
営業が冴えないのかな?

やっぱり見に行こう
そして うまい物を食って 友達に会い 茶の友にも稽古場に行って挨拶
多忙だね
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

66年ぶり4月24日の雪

2013-04-22 07:12:57 | Weblog

今日は、朝から牡丹雪
寒いですね
ストーブがフル回転

庭の山野草が 折角 芽吹き始めたのに
雪の重さで おれたり倒れたり

一年間 楽しみにしていたものが あっという間に 雪に埋もれてしまった
椿は満開
これも凍えている

4月23日 9時現在 2センチの積雪
でかい でかい雪がどんどん落ちてくる
音がないのが不思議である

車もタイヤを取り替えたばかり

ここは坂道
キィキィ タイヤの音
事故につながるであろう
外出は控えておこう

庭の藪椿の今朝の写真
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伊達騒動 伊達綱村

2013-04-02 19:19:12 | Weblog

久々に 裏の山まで散歩
2時間歩いた
東北工大の野球場を回り 野草園 ジム仲間の山のてっぺんの門を過ぎ 伊達綱村の廟を参拝

歌舞伎で有名な
伊達騒動  本人である
大地震で墓標が皆倒れていたが 今は整理されて 元の姿にたたずむ
墓石の倒れていた工事の爺様と目が合う
煙草を吹かして 一休みの所におじゃま
いい体格
年の頃は 60代前半
こっちは、腰痛を気にしゆっくりの散歩
世間話をして引き返す
だいすきな 追い羽根 は まだ芽吹く前
櫻もすこし堅い目をふくらませている
疲れがくると 場所を選ばず 腰掛ける
2時間はきつかった今朝。



★「伽羅」と書いて「めいぼく」と読む
  
  伊達家のお家騒動を足利家に変えて人形浄瑠璃で上演し、
評判になったので歌舞伎でも上演した。
  人形浄瑠璃(今の文楽)と歌舞伎では違っていたが、
現在上演するのは両方が交じっている。

(仙台の伊達家当主の座をめぐる後継者争いのこと。)
台藩3代藩主の伊達綱宗は遊び三昧であった為、
叔父にあたる伊達宗勝(兵部)がこれを注意したが
聞き入れられなかった。
宗勝は親族大名であった。
岡山藩主池田光政、柳川藩主立花忠茂、宮津藩主京極高国と相談の上、
老中・酒井忠清に綱宗と仙台藩家老に注意するよう提訴した。
これにもかかわらず綱宗の放蕩は止まず(吉原三浦屋の高尾大夫)、
遂に家臣と親族大名の連名で幕府に綱宗の隠居と、
嫡子の亀千代(後の伊達綱村)の家督相続を願い出た。
幕府より綱宗は21歳で強制隠居させられ、
4代藩主に僅か2歳の伊達綱村(仙台伊達家4代藩主。政宗のひまご)が就任した。
綱宗の不行跡による危機が「仙台藩最初の危機」とするならば、
この綱村のときの危機はまさに「仙台藩最大の危機」である。

万治三年(1660年)に三代綱宗が不行跡という理由で隠居させられ、21歳で隠居
側室の生んだ亀千代がわずか二歳であとを継いだ。
その後見となった伊達兵部が江戸家老の原田甲斐と手を結んで、藩政を握る。
それに対抗したのが伊達一門の安芸人たちだった。
事の真相は、藩政改革の積極派であった甲斐一派に対する保守派の抵抗、
というのが歴史上の解釈
ところが仙台藩での権力争いが激化し、兵部宗勝に対立する伊達安芸(伊達家の親戚のおじさん)が
江戸の幕府に訴え、大老・酒井雅楽頭忠清(姫路藩主)が裁定した。
 その最中、兵部派の原田甲斐(政宗の孫)が伊達安芸を殺傷し、酒井家屋敷で自害した。
(この場所が東京・大手町の将門塚があるあたり)
 幕府裁定の結果、伊達兵部派は九州、四国に流罪、藩主・伊達家は無罪となる。
(これらを伊達騒動という)
http://blogs.dion.ne.jp/amabegoro/archives/254870.html やまとこころより


若君 鶴千代を暗殺から守るのが乳人「政岡」という しっかりもの、
これに対して憎たらしいのが「八汐」。
敵が毒を盛るのを防ぐために、御殿の中で政岡がうちかけを
着たままご飯を炊く
  「飯(まま)炊き場」が泣かせる。
  敵が持って来た毒入り饅頭を若君に食べさせまいと、
政岡の子供の千松が食べて
八汐に殺されるのだが、政岡は我が子が目の前で
殺されるのを、お家のために腹の中では
泣きながら、表面は平静をよそおい、ぐっと我慢し、
敵が去ってから抱きしめて大泣きするところが、 見せ場。客席も涙・涙

  実録では政岡は「浅岡」。
  伽羅先代萩の伽羅(めいぼく)の由来は素晴らしいとか、
最高という意味ではなく
仙台候が伽羅で作った下駄をはいていたので、 伊達騒動・鶴千代・伊達綱村 廟
歌舞伎に出てくる殿様「足利頼兼」が伽羅の
  下駄を履いて、遊里通いの姿をみせるところからきた。

 ちなみに、先代萩の由来は、仙台のお大尽「萩大尽」という人がいて、それから生まれたと
  いわれている
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ガリガリ君リッチ コーンポタージュ(スティック)

2013-03-30 08:23:33 | Weblog
ガリガリ君リッチ
コーンポタージュ(スティック)
赤城乳業株式会社
売れすぎて3日で販売休止になった幻の
「ガリガリ君リッチコーンポタージュ」が復活
コーンポタージュ味のアイスキャンディーの中に、コーンポタージュ味の
かき氷につぶつぶコーンを入れたアイスキャンディです。
コーンは北海道の厳選されたスーパースイートコーンを使用。

2012年9月4日に発売された「ガリガリ君リッチ コーンポタージュ」は
あまりの売れ行きに3日後の9月6日には生産が追いつかず販売休止となる。
本日、2013年3月26日に満を持して再登場。
今回は生産体制を整備したとのことなので売り切れる心配はない、
念のためお店に確認を取って取り置きしてもらい確実に購入し、
早速食べてみました。

こんなファンもでて居るんですね。

ラジオでこのガリガリ君の話題沸騰

思わず耳を傾けた。
耳にすること自体が 子供じみているが なんと発売3日で生産追いつかず
1年以上店頭に並ばなかったようだ。

今回は、社運をかけて 大量生産
これが売れ残れば 倒産になる
と 営業部長が口にしている。

子供じみているが やはり、気になる
早速 買いに行く
近くのコンビニへ 
売り切れ
やはり誰が買うのか 人気商品らしい
こうなると やっぱり食べたい
もう一軒 コンビニに足を向ける
残念  ここも売り切れ
ここまでくると
食欲が 増大

今日はあきらめる

2/3日 多忙で忘れていた

友人と 遠方の日帰り温泉へ

一汗流した後は飲み物が欲しい
途中の工場地帯の コンビニに入る

試しに アイスクリーム冷凍庫を覗くと
ガリガリ君が目に飛び込んできた。
遅い時間でもあったが ここは大人と昼の町?
誰も買わなかったのだろう
たった今 定員の手できれいに整頓 段ボールから出されて並べたばかり

おもむろに一本買い求め 車で食べてみる

香り 味 
紛れもなく コーンポタジュ
朝にパンに添えるあのスープの味
ミルクを多めに甘味を多めに
悪くはない
値段が値段
文句は言えない
珍しさで 買ったものの
半分ほどで ーーーーーーーー。
途中で歯に引っかかる異物
なんだぁ ゴミがはいっている???
ゴミを手に取ってみると 何とトウモロコシの粒であった。
ここまで気を遣っているんだ

最後まで食べてしまったが 粒は5/6粒あったろうか
やはり気になるガリガリ君
又、買い求めてしまうだろうな

赤城乳業株式会社
今度は、みそ汁味の ガリガリ君が企画される日も間近ではないだろうか?
粒が わかめに豆腐
これはいただけないだろうな

卑しい、噂に乗ってしまう 夕べの爺でした。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木蓮とこぶしの季節

2013-03-20 08:54:21 | Weblog
紫木蓮(はねず)

    やまぶきの にほへる妹が 
        はねず色の あかも(赤裳)の姿
           夢に見えつつ

         万葉集 11-2786

唐棣色(はねずいろ)とは鮮やかな朱色に近いオレンジがかった薄い赤色のこと。
朱華とも書く。唐棣とは、庭梅(或いは庭桜)または石榴 木蓮 花の古名。
日本書紀によると天武天皇の頃、親王や諸王の衣装の色として定められたものである。

     思はじと 言ひてしものを
        はねず色の 移ろひやすき
             我が心かも

                  大伴坂上郎女  万葉集

「あんな男のことなどもう決して思うまい」と口に出して言ってはみましたが、
ハネズの色のように私の心はなんと変わりやすいのかしら、
またあなたのことを思いだしてしまいます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

成年後見人

2013-03-17 20:06:23 | Weblog
一番上の姉 大正14年生まれ
亭主もなく 子供もなく 気ままに生活
スチュワーデス 一期生
満州航空 
体が小さい割によくぞ合格と思える小柄
一人でヨーロッパをぶらつくハイからさん

晩年は 俳諧が進み 
グループホームに入れた
一ヶ月 約17万円
7/8年はお世話になったろうか
持ち家もうり
全ての財産は 姉のために使ってやる

其れには 成年後見人とならなければならない

法務局
家庭裁判所
ここで審査がある

合格

財産管理も 一年に一度の貯蓄を検査される

面倒なことである

昨年の8月22日
静かにホームで天国に旅たった

ちょうど僕はヘルニアで入院中

留守を守る 子供達が 葬式の手配
お寺や 葬式 墓 祭壇 香典返し 通や
全て準備してくれた

病院から外出届をだして 3日間抜け出した

痛む手術の後

ただただ暑さと戦いの中 無事祭事は済んだ

その後が 貯蓄のストップ
家庭裁判所より 財産目録 集計表

一月かかって本日出来上がり
彼岸の入りというのに
仏様をそっちのけで 電卓とにらめっこ

疲れました

何も問題が起こらないよう祈るのみです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

311/246

2013-03-11 20:03:39 | Weblog

3月11日 2時46分
忘れられない 恐ろしい大地震

被害は 半損
隣の家 町内会が 地滑りで 150世帯が立ち退き
どんどん家が取り壊され 見慣れた景色が 見晴らしが良くなり
明るくなってきた。

これからは、近所もなく 井戸端会議もできない
寂しい一軒家に取り残されてしまった。

震災後 全国より励ましの電話 メール 手紙が届き
どんなに励まされたか
ありがたい友人を持って 感謝一杯である

当時は 電話が通じず 
公衆電話に群がる  行列

電話の番が来ても 後ろが気になって長話もできない

支援物資を送ってくれた人に短いお礼の言葉

お茶の仲間は 炭を
和菓子を
抹茶を

お米や水
遙か沖縄から
懐かしい 沖縄そばが届く
ミートの缶詰がたくさん

高松の友人は
お米や野菜
花の種 
野菜の種

自分で育てた野菜をたくさん送ってくれた。

福井の友人はお米と名物 里芋
北海道からは  イカめしがたくさん



今日は 腰痛が出始め
ジムへ

2時46分
下のプールの子供達
マシンを使ったジム仲間
ヨガ教室
自転車こぎ

アナウンスと共に 海に向かって 

黙祷

もう、汗を流す余裕が無い
静かにジムは中止し 
家に帰ってきた。

たくさんの友達、有り難うございました。
御陰様で 
元気で75才を過ごしています。

本当に有り難うございました。
      感謝 
           合掌
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二年目の 311

2013-03-11 09:43:39 | Weblog

震災2年目
昨夜の強風が去り 残していったものは 寒さと 真っ白な雪

テレビを付ければ 全チャンネル 強烈に思いを甦がえさせられる
被災当時の悲惨なまでの風景

見ただけで嗚咽になる
年齢と共に 涙もろくなったきた。

今日も町内で 傾いた地割れの中にたたずむ家の取り壊し
約150世帯が 地滑りのため 取り壊し 集団移転
移転先が決まらない
傾いた家に老夫婦がひっそり生活している

忘れて欲しくはない津波

国会の爺々 婆々のテレビから流れる 
吉本よりも笑ってしまう質問や答弁
何も解っていない口から出る言葉に 思わず
誰が選んだんだっけ  と 思ってしまう。

とにかく、国会中継をまともに興味を持ってみたのは初めてだ

お笑いタレント集団としかみれない

今日のテレビも同じ

被災地ではこんな番組は見たくない
思い出したくはない
これが本音である

静かに 心の中で 当時をおもい 手を合わせたい

今朝は真っ白な雪

2年前は 電気もなく 水道 ガスがストップ

薪(家具)を燃やし 湯を沸かし 中華鍋で貴重な水を使い
料理を作った
1000㍍もあるところから ボランテァが運んでくれる給水車に
列を作り頂いてくる水のありがたさ
その両手にかかる重さが 腰痛を悪化
未だ苦しんでいる
思い出したくはないが 
やりきれないかったるさ
何もしたくない この体 
精神までも食い込む津波の恐ろしさ
こんな状態を早く流して欲しい

見せつけられる当時の画面を
直視できない
311である
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする