走る社労士日記

サロマを完走。走ることが好きな社労士の街観察日記

冷えました。

2013年03月31日 23時22分07秒 | Weblog
 今日は、雨のち曇りでした。                  明日から4月、春に季節なのに冬の寒さでした。 本当に冷えて寒かったです。 この寒さに運動不足になるので、ウォーキングをしてきました。 約4キロ、菜の花を見ながらでした。 . . . 本文を読む
コメント (4)

最高気温9度

2013年03月30日 19時15分11秒 | Weblog
 今日は、曇り空でした。                     さくらの花見に行こうと思っていたのですが、寒さに断念しました。 春なのに♪、春なのに♪、寒く、寒く、最高気温が9度のでした。 さくらの散り始まっていて、今週が最後になりそうですね。               . . . 本文を読む
コメント (2)

チューリップ、やっと咲きました。

2013年03月29日 20時07分09秒 | Weblog
 今日は、曇天の一日でした。                  ここ数日、いつ咲くのかと待っていたチューリップが咲きました。 昨年の秋に植えた球根が冬を越していま花をつけました。 植物って咲いている期間は短いのに咲くまでは長く頑張っているのがすごいですね。 . . . 本文を読む
コメント

さくら、ピークに

2013年03月28日 23時18分06秒 | Weblog
 今日は、晴れ時々曇りでした。                 隣の市の広場、ここ数日の寒さで咲き遅れていたさくら、見事に咲いていました。 近くで見てみると見事でした。                    あと数日散らずにいて、週末に楽しめるといいのですが。 . . . 本文を読む
コメント (4)

ツリーも隠れる

2013年03月27日 22時07分02秒 | Weblog
 今日は、曇り時々雨でした。                    本当に寒い1日でした。 曇と雨でスカイツリーも隠れてしまいました。 都内某スーパーのフードコート、こんなたこ焼きに出会いました。              マヨネーズがたっぷりでチリソースのかかったたこ焼き、複雑な味でした。 . . . 本文を読む
コメント (2)

寒さに負けるなもうちょっと!

2013年03月26日 23時48分10秒 | Weblog
 今日は、晴れの一日でした。 少し肌寒かったです。 我が家のチューリップ、この寒さに咲きそびれています。                    もうちょっとで開花。 楽しみです。 . . . 本文を読む
コメント (4)

さくらもびっくり!

2013年03月25日 19時43分04秒 | Weblog
 今日は、曇り時々小雨でした。                   気温は10度以下で冬の寒さでした。 先日開花したさくら、この寒さにちょっとびっくりです。 3月末までに散ってしまうと思われたさくら、ちょっと長持ちするかもしれません。 しかし、3月下旬でのこの寒さ、体に厳しいですね。 さくらの花見で風邪をひかないように注意してください。 . . . 本文を読む
コメント (4)

5キロウォーキング

2013年03月24日 16時54分45秒 | Weblog
 今日は、曇り空でした。                         さくらが開花して最初の日曜日、どんよりとした空に肌寒さを感じました。 午後からさくらの花を見ながらウォーキングをしてきました。 両足にそれぞれ1キロの負荷をつけて歩きました。 何気なく歩くのではなく、足の衰え予防にはこれ一番です。 . . . 本文を読む
コメント

豪華!さくらの下ラン

2013年03月23日 18時47分52秒 | Weblog
今日は、青空でした。 暖かさに市内の用水堀のさくら、7分咲きくらいになっていました。                        午後から1月以来のちょっと長めのランをしてきました。 練習不足で体が重いためゆっくり走りました。 桜のトンネルの下を通りながら、上を見上げると美しさはひときはでした。                   八重桜も美しかったですよ。 . . . 本文を読む
コメント (4)

桃の花もあります。

2013年03月22日 22時03分46秒 | Weblog
 今日は、晴れでした。 いま、桜の花が開花し始めたために注目されています。 隣の市の大きな川の河川敷、桃の並木があり花祭りが行われていました。 ピンクの桃の花も周りには、黄色い菜の花があり色合いがきれいでした。                        桃の木、桜とはまた違って美しさでした。 . . . 本文を読む
コメント (2)