京都マロニエ・お絵かき手帖

趣味ともいえない下手な絵をストックしております

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第45回 喫茶ギャラリー シエナの坂道

2010-06-23 00:04:26 | 風景
●maruman画仙紙ポストカード ●透明水彩&白不透明水彩 ●2時間

こちらは先の『絵を描く人』と殆ど同じ紙と画材ですが
油絵風にコテコテと塗り付けて遊んでみました
ちなみにシエナの風景は前にもこちらに描いています

コメント

第45回喫茶ギャラリー 絵を描く人

2010-06-23 00:01:54 | 風景
●maruman画仙紙ポストカード ●水彩、白パステル ●45分

緑一色の風景は難しいのですが
できるだけ明るめに軽やかに・・を目標に描いてみました
木立の幹など、ちょっと描き込み過ぎた感も・・;
コメント

「第45回喫茶ギャラリー【すずらんのあるテーブル】」 

2010-06-20 09:11:21 | 静物
●maruman画仙紙ポストカード ●水彩
●時間見るの忘れていました 多分40分くらい?

絵にするのが難しそうな課題写真だったのですが
描きたいものだけを並べ替えて明るい雰囲気で描いてみました
仕上がりも、自分のイメージに近いもので珍しくお気に入りです
コメント

第45回喫茶ギャラリー ベネチア  

2010-06-16 20:03:41 | 風景
●maruman sketch Book B5 ●クレパス、クレヨン ●45分

こちらも次の日、何か一枚・・のキブンで・・
ささっとのつもりが楽しくなり、ついつい描きこんでしまいました
ガッシュか不透明水彩で、もう一度描いてみたい課題です
コメント

第45回喫茶ギャラリー 赤い車のある家

2010-06-16 20:00:03 | 風景
●maruman sketch Book B5 ●クレパス、クレヨン ●15分

仕事を始める前に何かひとつ描きたくなったので
手近にあるクレヨン&クレパスに似合いそうな
洋風のお家の課題を選びました
何か描きたい、でも、水彩で描く気力も時間もない・・
そんなときクレヨン、クレパス、色鉛筆の類は重宝します
コメント

「中原淳一の少女を模写する」

2010-06-14 15:25:20 | 模写
●maruman sketch Book B5 ●マーカー、万年筆、色鉛筆

ネット仲間展模写オフ会で、中原淳一さんの絵の模写を・・
というご要望があったので描いてみました
こういう機会でもない限り、なかなか描くこともないでしょう・・
尊敬する先生のこと、喜んでチャレンジしてみました
少し顔が細くなり夢二風が混じりましたが・・・;

中原淳一先生は、最も尊敬するデザイナーとして何度か記事にしています
恥ずかしくなるようなガチガチの記事ですが・・・

【京都マロニエ通りから・中原淳一さんのこと】
コメント

第45回喫茶ギャラリー 清里辺り ②

2010-06-12 16:32:31 | 風景
●WATER FORD WHITE F4/2 ●透明水彩 ●20分

どうも面白くないので筆を走らせて勢いよく描いたのがこちらです
私はこっちのほうがお気に入りですが・・(^^;

少し夕焼け空にして、初夏というよりは、夏の終わりの雰囲気で描いてみました
夏の終わり・・
こんなところで過ごしたい・・・(♪
コメント (2)

第45回喫茶ギャラリー 清里辺り ①

2010-06-12 16:28:09 | 風景
●WATER FORD WHITE F4/2 ●透明水彩 ●40分

清里・・名前はよく聞きますが、行ったことありません(^^;
心が洗われるような清清しい課題写真を『ふたばさん』がご投稿下さいました
でも、実際描くとなると、緑一色の風景は難しい・・・;

とりあえず水彩であっさりめに描いたのがこちらです
どちらかといえば、ドラマティックな絵が好きな私には物足りません
でも色を濃くすると雰囲気が壊れるし・・・
コメント

ネット仲間展52回投稿「蒼いバラ」

2010-06-11 18:23:34 | イラスト
●WATER FORD WHITE F4 ●水彩・ガッシュ・パステル

先の、『イメージで描いた絵』にハマってしまい(^^;
今度は、歌のイメージです・・・

安全地帯の【蒼いバラ】
YouTubeでセツナイ歌を聴きながら、ちょっと韓流ドラマ風ですが;
『美しい人妻に憧れる青年に近い少年(少年に近い青年)』という
私好みの設定にしてみました(笑
更に顔を描き込んでもっと美男美女にしてあげたいところです
コメント

ネット仲間展52回「追憶」

2010-06-08 11:20:17 | イラスト
●WATER FORD WHITE F4 ●ガッシュ

たまにはメルヘンな絵を・・・

フランスの、古城のある町に旅したとき、思いがけず満月にでくわし
えもいわれないような月影の鮮やかさを目にしながら、来し方を追想するという
30年ほど前の思い出が綴られた然る御方の素晴らしいエッセイを拝読していると
イメージが浮かんできたので、即効で仕上げました

色がうまく再現できないのが何とも辛いところです
空はもっとコバルトで、月はオレンジ多めの黄色が少し・・という感じです
コメント (6)