麿呂の散歩道

主役(麿呂)が天使になった今、3代目ゴルらいらが、頑張る日記。

まだまだ、バニ麿呂とゴル茶々丸の事もね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あれから・・

2021-01-24 | らいら
3年弱・・ご無沙汰してます。💦


らいらは





11歳6か月になりました。




あと2週間もしたら麿呂超えです。







じーちゃんだけど、元気に過ごしてます。


世間はインスタなのに今頃?のこのこと・・(笑)

コメント (4)

2019. 桜と犬(らいら)

2019-04-03 | らいら
あれから 1年・・





また、桜の季節です。













まだまだ、満開とは言えません。












らいらは、元気です♪






つい先日も・・仔犬ですか~?と・・・。





お顔は、お猿さん顔なのにねーー

























あー羨ましい!!



コメント

最新のらいら(笑)

2018-05-22 | らいら
今年もフィラリア検査に伴い










血液検査・エコー検査をしました。





共にオールオッケーヽ(〃v〃)ノ ワ~イ










仔犬の時から昨年まで、コレステロールだけはオーバーだったらいら。



今年は、初基準値内でした~。(ダイエットしたからかしら?37㌔→33.6㌔)



体重も丁度いいとのこと。










良かった!











コメ欄を閉じますね。 ごめんなさい。


コメント

桜の季節

2018-04-01 | らいら
雪の季節から桜の季節に変わりました。





何も変わらずに





らいらは





元気に





してるよ。





今年の桜は、あっという間に満開になり





麿呂と行ったところを





急いで 巡る日々。








麿呂・・





元気に




走ってる?(2015・桜の季節)







コメント (6)

麿呂と言う犬

2018-01-28 | 麿呂
<麿呂がやって来た理由>


本当は、1代目茶々丸の時に夫がバーニーズを探したが見つけられずに

ゴールデンとなった。 

その茶々丸(ゴル)も私を明るく生きていける様にと来てくれたはず。

パピー時代は別として(笑)おっとりとして可愛くよき相棒となり時は過ぎた。

生き物はいつかは寿命がくる。

わかっていてもその時(最期)が怖くて仕方がなかった。



その為と言うことでもないが(いや、その為かな)

2006年4月1日、我が家に2代目としてやってきた。

その使命は、きっと私を守る為。と信じてる。

茶々丸の闘病からその後も我が家に落ち着かせることを許さなかった麿呂。

それがあったから茶々丸亡き後もペットロスにならないで済んだと思ってる。



<何事も自分で考えて行動をした麿呂>


あまりのパピー麿呂に着いていけなくて、

2代目で初めてしつけ教室に通った。

始めに訓練士さんに言われたのは

「この子は、自分で考えて行動をするほど頭のいい子です。

飼い主さんは相当頑張らないと悪い方にいきますよ。」と。

そんなことを言われても・・と思ったものです。

私と麿呂の知恵比べは、ずっと続き 結局私が負けてたのかもしれない。

そんな麿呂もワンワン口煩さはあったし、凄くいい犬と言うほどではないが

人様や他の犬に迷惑をかけることもなかった。



<飼い主命な麿呂>


いつもセカセカキョロキョロしながらもいつも目が合う子。

いつも走りながらも私から目を離さずにいた。

らいらが来るまでは、他人様に距離を置く。

誰にでも愛嬌を振りまくでもなく、我が家の2頭のゴールデンとは一味違う子。

その代り、私にはベタベタする。

当初は、それがうっとおしくて仕方がなかった。(笑)

最期まで、私を見ながら逝ったほど。

しかし、それが麿呂の可愛いところだと今は思う。




<ある日兄ちゃんになった麿呂>

兄ちゃんになった時は、誰が教えたのか 厳しい教育的指導を実践してた。 

らいらは、最初こそ気にもしてなかったが

そのうちに麿呂には歯向かわない犬になった。

月日が経つごとに、麿呂はらいらに心を許し。

人懐こい らいらの真似をするように

他人様にも愛嬌を振る舞うことが出来る様になった。

わりと仲良し兄弟になったのではないかと思う。

晩年は、麿呂の方がらいらに頼り切ってた行動を何度も見た。

今となっては、麿呂に弟がいて良かっただろうと思う。









麿呂の犬生は、らいらの存在で楽しくなったのではないかしら?








と思う親であります。







コメント