MARI’S ROOM

左利きの まり が考えたこと

左箸は迷惑か

2002-06-30 12:00:00 | 左利き
カウンター席のように狭い所では特に、左手が隣の人にぶつからない席に陣取らせて欲しい。
できればさり気なく。
左端は私の指定席、空けといてほしい!
これは左利きの私にとって、結構切実なことです。

しかし…左隣の右利きとぶつかるのは、実はこちらの左利きが原因ではありません。
私が食事するとき(左手で箸を持ってます)、左の人とぶつかるのは、右の人がひじを真横に広げて場所を取っているとか、テーブルに肘をつき、上空で箸を振り回しているとき(箸がこちらの目に入りそうで怖いです)などです。
普通に食べている人なら実際はぶつかりません。
こっちはなにしろ極端に脇を締めているのですから。

また、メーリングリストで、Cさんの右利きの同僚の人が、右隣にいた右利きが左手を頬杖で突き出していたため、ひどく迷惑してたという話を読みました。
   「脇をしめる。肘をつかない。」
これらは最低限の食事のマナーです。
大多数である右利きの人も皆、これらのマナーを守っていれば、右利きの右に左利きがいようと「左利きが周りに及ぼす迷惑」などないはずです。

右利きの人が左利きを見て「目ざわりだ」というなら、これが「左利きが及ぼす迷惑」とでも言うのでしょうか。
しかしそれを言うのなら言わせてもらいます。

 右手で持てばいいってもんではありません。

摩訶不思議な持ち方で右手で箸を持ち、ねぶり箸・探り箸などする方が、私は目ざわりです。
むしろ「鏡の中の小笠原流」といった風情で左手で食べる方が美しいと思っています。

右利き用の道具には「右利き用」と

2002-06-28 12:00:00 | 左利き
●右利きは気付かない
右利き用品に「右手用」と書いてあれば、右利きの人の、左利きに対する誤解が解けるきっかけになると思います。

備えつけや学校指定の(右用)ハサミを使うのが下手なのは、不器用ではなく、右手用の物を左手で使っているからだと、わかってもらいたいものです。
私の左手用のハサミを、私の右利きの家族は、実に使いにくそうに使っていますが、そんな経験をする人は多くありません。
右利きですーっと暮らしてきた人は、自分が利き手(右手)で使っている右手専用の道具に不自由を感じたことがないため、使う手を特化した「右手用」だとは気付きません。

特に左利きの子供に初めての道具を買ってやる時から、右利きの親や教師に認識していてもらいたいので、「右手用」表示を希望します。


●「右手用」は普通・「左手用」は特殊という現状と、親心の関係
従来の「普通の」道具という言い方では、

 普通=正常   (この場合に頭をよぎる対語は「異常」)

と感じがちな親心を刺激し「わが子を『普通』にしなければ」…との焦りにつながります。
「直す」「正す」などと考えて「矯正」を強行するかもしれません。
右使いに順応できる子ならいいのでしょうが、完全に左利きな子供は、右手を使う事を強制されても、心身が傷むだけです。
敗北感や劣等感を植えつけられるかもしれないし、自分というものを否定されたと感じるかもしれません。
敗北感・劣等感を一切知らない、過剰な自信が必要とはいいません。しかし、余計な敗北感を与えることがいいともいえません。
少なくとも、これは「立派な大人はみんな、これを乗り越えて大きくなった」というような種類の試練でないことは確かだと思います。
右利きの子が、
「左手で何でも(せめて字だけは、箸だけは)できるようにならなければけなされる」
という状況で苦しみ、それができなかった劣等感を植えつけられるということは考えにくいですから。

いわゆる普通の道具を「右手用の」道具と言ってもらいたい。
右手専用の道具を左手で使いにくいのは自然な事だということを、アピールできる、わかってもらえると期待します。