marionette_girl

筋肉の不随意運動や不自然な動きのジストニアと慢性膵炎疑診の治療中。でも人生は楽しまなくちゃね♪

はじめまして♪マリオガールです(*^_^*)

はじめましての方もお馴染みの方もこんにちは♪
慢性膵炎疑診と付き合いながらジストニアとも奮闘しているマリオガールです。
身近になかなか同病の情報がないので
こうしてネットやブログで皆さんから頂く情報は
マリオ(通称)にとってとっても貴重です。
更新は亀状態ですがぼちぼちとお付き合いいただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


マリオの生存確認はこちらでね⇒ルィージブログ

日々の悪戦苦闘(笑)をつづっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BUMP OF CHICKEN で大盛り上がり!

2008年04月20日 19時26分16秒 | 信じがたいこと

マリオです。

もう感動でスーパーマリオになりそうです

でも、信じがたいこと!

これほど若い人だけとは思いませんでした

一万人くらい入る会場で
いくら捜しても同世代が2名くらいしかいなくって
みんな中学生・高校生からせいぜい30歳代。
その差20~30歳以上!
まるで付き添いの親みたいじゃん


ぎゃぁ~でした



これほどとは思わずあ~~状態だったけど
アリーナ席最前列の最高の場所!

なんせファン暦かれこれ7年!
だけど、ずっと立っていたり、腕を振り上げたり、
ジャンプなんか全然出来ないマリオです
でも充分楽しみました~~

ちょっとばっかり異様なまなざしを
受けたでしょうけど…
いいんだもん!

ここに集った若者だっていつか50になっても
こうして若者ライブに行くんだよ~
…と願ったマリオでした
コメント (2)

プカちゃんのおかげ?

2008年04月12日 18時13分50秒 | 信じがたいこと
もうブルブルの札幌です。
天気予報大当たり!
チラチラですが雪模様!

とってもまだまだ桜どころではありませんわ
画像はちょっと山のほうへ進んだところの本日の様子です。
寒そうでしょ

さて、「関東膵炎オフ、妄想から実現へ☆」…と
プカちゃんがブログってくれたせいか
またまた驚くべき閲覧数を記録です!

とある2時間の間で1300回以上の閲覧数
この時間のアクセスIP数は19人。

前回の1616回には及ばなかったものの
これはプカちゃん効果か??

どちらにしてもたくさん見てくださって
本当にありがとうございます。

体調が思わしくない不安を書いているうちに
見ず知らずの…それもお若い方々と知り合って
とっても楽しくブログらせて頂いています。

これは自分の力だけでは出来ないことで…。
皆さんに感謝感謝です。

ご覧くださった皆様。
もし、何かでお困りのことがあっても
どうかこうしてオシャベリしているだけで
また、そんなおしゃべりを覗いているだけで
気持ちが落ち着くことがあるかも…。

大変なこともいっぱいあるでしょうが
今できることを楽しくやっていけたらと思います。

見てくださってありがとうございました。
コメント (6)

びっくりのアクセス??

2008年01月30日 22時50分31秒 | 信じがたいこと

皆様。お変わりありませんか?

最近マジメに更新していたのにこの2日間更新できず…。

いったい、マリオさんどうしちゃったの?
…なんて心配してくださった方が
いたかどうかはわかりませんけど…(笑)


1月28日  神経内科受診日でした。

まあまぁそれなりに報告したいことがあるのですが…。

その前に…。
マリオの場合、消化器科も神経内科も
あらかじめ予約していた日に受診するのですが
どうも、病院の帰りはまっすぐ帰る気にはなれなくって…。
これって気分を変えたいのよね。
さっぱりして帰りたいわけで…

まぁ、そのときの状態にもよるのですが
調子がよければ病院の周りを散歩したり…
車でもう少し遠いところまで足を伸ばしたり…
デパートに寄って買い物したり…

これが曲者。

なんせ、バーゲンシーズン。
雪かき後のイマイチの調子だったにもかかわらず
ついつい欲張って寄ってしまいました。

駅前のデパートに車を入れて
ささやかな用事も足してから大通公園まで散歩。
それで帰ればよかったのですが
せっかくだからバーゲンをちょっと…と
思ったのが良かったのか悪かったのか…

ついつい病院でのストレス解消にささやかに買い物しちゃいます。

で、薬も飲むべくどこかで食事をして
ちょっと休憩すればよかったのでしょうけど
そこはやはり早く帰って休もう…と思い
薬も飲まず帰りにスーパーに寄ったところまではよかった…。

でも、もうそこで薬切れ

ガクガクのヨレヨレ。
そうそう…やっぱり雪かきも効いてきているのよね~。
なんせ、筋肉痛は翌々日に出る年齢なもので…

荷物をやっと持って車まで…。
帰宅したらもう復活できず…。
ちょろっと皆さんのところにお邪魔して
コメ返して…で爆睡

ふっふっふ

やっぱりキタ~~~~ってカンジで
無理に身体を動かすものではないとは思いつつ
でもやりたいことはやりたいのだ~と開き直り!

ひたすら筋肉弛緩剤と痛み止めを追加して爆睡の二日間でございました。

で、毎朝のオシゴトは欠かせません。
いつものごとく今朝、ブログのアクセスチェック!

マリオブログ、ちょっと裏話を公開。



みえるかしら?
普段はこんなカンジのアクセスIP数と閲覧数なのですが…。

今朝に限ってなんとびっくり!
こんなことってあるの?…って実際にあったのですけど



昨日の閲覧数です。

おぼろげながらもこの突出した閲覧数お分かりいただけるのでは…??

いったいなにがあったのだろう??…と
ちょっとばっかり不安になったマリオです。

どうかこれだけ熱心に見てくださった方
コメントいただけるといったい何があったか検討がつくのですけど…。

1時間に1616回もの閲覧を戴いてありがとうございます。
この数字は1週間分の閲覧数にも匹敵します。

12時という時間帯からすると
どなたか数人が会社のお昼休みにでも見てくださったのかしら??
実際のこの時間帯のアクセスIP数は9人なのですが…。

恥ずかしながら…すっかりマリオブログの実態を暴露してしまいました。


受診報告の前にこんな余談で終わりの記事でございました。
熟睡できる方も…不眠の方も…
皆様!オヤスミなさいませ…

かしこ。
コメント (6)

信じがたい出来事

2006年11月28日 16時36分22秒 | 信じがたいこと
2005年3月のとある土曜のことでした。
すこやか検診を受けようと思いました。
できるときにやろうと軽い気持ちでA医師の病院を受診したときのことです。

いつもリハビリで通院している勝手知ったる病院の待合椅子に座っていたら
70歳過ぎ位の老婦人がご主人を伴って初めて受診した様子で
受付嬢に何かをしきりに訴えています。

どうもとても胸が苦しいらしいのです。
でも受付嬢はいつもと同じように問診票の記入と廊下で待つようにと
指示したのでしょう。
その老婦人は私の隣に座って
「朝から胸が苦しくて身繕いを考えている余裕がなく
こんな格好で来てしまった…」と私に切々と訴えます。
そうとう胸が苦しいのでしょう。胸を押さえながら顔が苦痛にゆがんでいます。

その苦しそうな姿に看護師が出てきたら
まず先にこの老婦人を診察室に連れて行ってもらったほうがいいと伝えたくて
看護師が出てくるのを待っていました。

ところがその日はいつもと違ってすこやか検診を受診してしていたため
いつもと違う窓口から私の名前が先に呼ばれました。

手順を説明されているうちに
すっかり先ほどの老婦人のことを忘れてしまいました。

検診の順序が進み処置室の中で心電図検査をしていた頃
先ほどの老婦人の方が診察室に呼ばれたのですが
ドアを開けて入った瞬間ドサッっと音がして倒れこんだ気配。

医師が思わず声を上げます。
「心停止してる!」
「この人誰?」   そう、今日初めて受診した方のようでしたから…。

「救急車呼んで!」

心停止と聞いて心電図をしている自分の状況を振り返りました。

なんてばかな私。

さっきあれほどこの老婦人を先に診察してもらえるように
看護師に伝えたかったのに…。
いったい何をやっているんだか!!
自分のばかさ加減とこの老婦人の状況を考えると心臓がバクバクです。

小さな病院です。
心電図の機械も一台しかありません。
思わず看護師と一緒になって自分についている心電図の端子をとり
機械のコンセントを抜いていました。

この病院は消防署もすぐそば。
心臓で有名な大きな病院もすぐそば。
すぐ救急車が来てその老婦人は運ばれていきましたが
この責任の一端は自分にもある様な気がして
恐ろしさに加えて情けなさが相まって
自分自身の不甲斐なさにどうしようもありませんでした。

どうしてあの時看護師へ連絡しなかったのだろう…。
診察中でもドアを開けて医師に緊急の状況を伝えなかったんだろう…。
自分にももっと何かできたことがあったのではないだろうか…。
いったいどう歯車が違う方向に回っていたら
こうならなかったのだろうと思うと
後悔しても後悔しても悔やみきれない出来事でした。

普段から緊急時には何処の病院に行くか家族で確認しておくことが大事なのでは?
きっと自宅から救急車で心臓専門に搬送されていたなら
このような事態にはならなかったでしょうに…。

この老夫婦のご主人ですが
受付のときから医師の「心停止してる!」「救急車!」との叫び声の間にも
一言も声が聞こえませんでした。
きっといつも何もかにも奥様に任せきりだったのかもしれませんね。

この老婦人のその後がどうなったのかは知る由もありません。
処置が早くてきっと助かったに違いないと思いたいのですが…。
コメント (2)