marionette_girl

筋肉の不随意運動や不自然な動きのジストニアと慢性膵炎疑診の治療中。でも人生は楽しまなくちゃね♪

はじめまして♪マリオガールです(*^_^*)

はじめましての方もお馴染みの方もこんにちは♪
慢性膵炎疑診と付き合いながらジストニアとも奮闘しているマリオガールです。
身近になかなか同病の情報がないので
こうしてネットやブログで皆さんから頂く情報は
マリオ(通称)にとってとっても貴重です。
更新は亀状態ですがぼちぼちとお付き合いいただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


マリオの生存確認はこちらでね⇒ルィージブログ

日々の悪戦苦闘(笑)をつづっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もうすぐお彼岸

2018年09月20日 22時54分08秒 | いままでのこと…

三年前の今頃倒れたチチでしたが
気管切開し半年の入院後、年が明けて一月に医療療養型病院に転院しました。

気管切開して、暴れるので拘束での入院を受け入れてくれる病院は限られていました。

入院後すぐに胃ろう作成。

あれだけ暴れて拘束用の手袋を引きちぎりそうな位かみついていたチチも
薬の変更のせいかなのか、転院後落ち着きを取り戻しました。

救命病院から、医療療養型へ転院する際見学に行ったときには
その様子に驚きますよとケースワーカーさんにくぎを刺されていましたが
少しのことでは驚かないマリオもその様子にかなりショックを受け
どういうところに転院がいいのか、悩みました。

だって、300床もある大きな病院なのに、歩いている患者さんのすくないこと。

同じ時間に体位交換がはいるので寝たきりでみな同じ方向を向いて寝ている姿。

それはそれはショックでした。

でも…。

入院後考えてみますと、それだけ看護が徹底している証拠で
動線がはっきりしていて徹底した看護の動きのわかること、イコール安心とも受け取ることができました。

ストレッチャーで入院したチチも、自力では無理ですが週に一度は車椅子でリハビリに行くこともでき
それなりに…、私たち家族が倒れたチチを受け入れ納得できるまでの時間を過ごさせて頂きました。

しかし、トータル2年半の入院生活。
昨年の猛暑の夏も乗り越えたのですが、この春頃から徐々に体力が落ち
肺に水が溜まり状態が一気に悪化。
今年5月末のある日。
季節のいい時に家族に見守られお空の星となってしまいました。

入院生活は果てしなく続く…と家族は思いがち。

しかし、年齢相応の体力低下で入院に、介護に(?)は限りがあるのですね。

チチが亡くなりもうすぐ4か月。

入院から2年半。
家族に色々な覚悟をする時間をくれたのだと思います。

どんなことにも負けることのなかったチチが亡くなるということが
いまだに信じがたいですが、もうすぐお彼岸。
お仏壇に手を合わせ、残された家族が健やかに過ごせるように…と願う毎日が続いています。

久々に逢った知人に、チチが亡くなり、孫がもうすぐ一人増えることを伝えると
亡くなることは自然なこと、生まれることは奇跡なこと、
人が回っていること、いいことですね…と。

本当ですね。
命の繋がりあってこそですものね。

…そんなマリオも還暦。
健康で過ごさなくちゃね。

数年ぶりのブログ更新。

皆様のご健康をお祈りいたします。



コメント

病院からの電話にあたふたの日曜(^-^;

2015年11月01日 10時44分41秒 | イリョウテキおしゃべり

前の記事からまもまく気管切開をして呼吸の確保とともに
低空飛行ながら肺炎も随分と改善され意識が鮮明になるのを待っていたものの
元々のアルツハイマーですから意識がムラムラで振り回されっぱなしです。

気管切開で声がでなくなったことを怒り、
どうしてこうなったかとでない声で訴え、
認知症の感情失禁か、メチャメチャ怒りモード(ToT)

暴れて理学療法も出来ず、車イスどころではありません。
私たちが様子を見に来ても怒って拘束用グローブで
パンチパンチの嵐です。
さらにはキックで万が一妊婦の看護師さんがいたら大変(-.-)

それでも昨夜遅くにマリ太郎が来たらにっこり(笑)
生まれたばかりのひ孫の動画を食い入るように見ていましたわ(*^^*)
帰るときにはしっかり手を振って出ない声の代わりに手を振ってくれていました。

こうなったら無理にでも車イスの時間を取れるだけお願いしようかと思った矢先
今朝病院から連絡があり、あれこれ処置待ちです。

だって痴呆でも力はあって器用に経鼻栄養の管をかなり何度も抜いていたようで…。


あら(ToT)
どーしましょ(-_- )

後程状況報告します。
コメント

チチ入院であたふたマリオ(+_+)

2015年10月12日 00時34分38秒 | イリョウテキおしゃべり

5か月近くもご無沙汰です。
ほんとは2月から通っている体幹のバランスを取るストレッチ方法の記事を書きたいと思っていたのに夏も過ぎ…(+_+)

ほんとにもぉ~ってカンジでごめんなさい。


さて、前置きもなく、チチ入院の顛末です。


もともとお薬大好き人間でバファリンを多用すること20年近く…。
これまでも血圧が下がりすぎて救急受診したり…なーんてことも度々あって
今にオオカミ少年になるかも~なんて親子ならではの会話をしていたのですが
年々痴呆も入り薬の管理が大事になり
親子喧嘩勃発覚悟でお薬カレンダーを準備して
そのほかの薬は隠しておくなんていう非常手段にでていたわけで…。

ところが夏の終わりのある日。

一日4錠以上使っていたバファリンを飲みたくないと…。
でもその代り安定剤を飲んじゃったりでもうお手上げ状態。

夏バテも激しかったので定期受診を繰り上げてとにかく主治医のもとへ…。

結局、主治医も困った患者の一人であろうチチに優しい作用の新しい安定剤など処方してくれたのですが
その時はすでにもう遅し…だったのでしょうか?
直後からあんなに好きな薬を飲まずに寝てみたり、夜中にしりもちをついていたり
言葉が出にくかったり、なんだか空を眺めている様子にも見えたり…と
痴呆の症状の用にもみえていたようですが
母を困惑させていたと思ったら3日目には昼間痙攣を起こしたとマリオに電話。
とにかく職場から救急車を!と叫び(?)慌てて実家に向かいましたら
ちょうど救急車が出発したところ。
その後をついてお世話になっていた脳神経外科に搬送されました。

ところがです。

痙攣ということはてっきり脳外の分野の疾患か?と思いきや
MRIでは異常なしですって。
その代り肝臓とアミラーゼとアンモニアの数値が少々高めとのこと。

入院初日の夕方とりあえず入った救急処置の病室で吐血したとのこと。
管を入れて胃の内容物を出していたのですが新しい出血には見えない色。

数日後胃腸の専門病院に介護タクシーのストレッチャーで受診しても
胃カメラで見る胃壁はマリオのピロリ菌退治前よりずっときれい~!
血液検査も問題なしってことだったのですが、脳に異常はないとはいえ
痙攣が収まらない以上脳外で処置を…と担当医が奮闘してくれて早や1ヶ月でございます。

これが肝性脳症??って思わないでもないのですが
肝硬変などを引き起こすほどの異常所見もなく
誤嚥性の肺炎は少々あるもののどんどん意識レベルの低下と痙攣に悩まされ
サーモグラフィでは痙攣部位が真赤です。

そこで主治医の取った方法が脳を休ませて痙攣を収める…と言う方法。
そのためには人工呼吸器で一週間オヤスミ状態を作ったのです。
その間肝臓とアンモニアの毒素を抜く治療も並行に…。

で、一週間後。
脳の回復を待ちましたが徐々に意識は回復してきたものの未だにマダラな状態。
結局、舌根沈下で呼吸困難になり酸素量が少ないので挿管で酸素を送り込んでいる状態。

2回ほど管を抜くのにチャレンジしているのですが
酸素濃度が70くらいになるそうで結局また挿入と言う状態です。

入院以来、脈拍は100を切ることがほとんどなく、これじゃぁ体力なくなりそうです。

入院して一ヶ月。
82歳のアルツハイマーの老人ですもの、歩ける保証はリハビリ次第ですけど
こんなに意識がマダラではどうしようもなく…。

結局10日の土曜日には気管切開の説明を受けました。
そうすれば体位交換も楽でしょうし、車いすにも乗せられるかも…って。

でも意識レベルがすっきりしないとそれだって怪しいけど
今の状態では挿管でいつまでも異物を口に挿入していると口腔衛生も保てないわけで
すこし身体を動かして意識レベルを戻すことができれば…との目論見のようです。

…というところなのに今日は38度の熱。

15日に予定している気管切開、できるのかしら??

たった一ヶ月でこんなにも人生かわるものなのねぇ~。
そんなマリオはハハを一人にしておくのも忍びなく、夫を残し
現在ハハと同居中でございます。

リハビリ計画書にはパーキンソン症候群と書かれておりましたけど
まさに薬害性のパーキソニズムだわ~(+_+)

そして、これが肝性(…と診断するにはパンチに欠ける検査の数値だそうですが)脳症なのでしょうか?

可愛そうだけど、無事に気管切開して次の局面にたどり着きたいです。
コメント (2)

やっぱりねぇ~(^_^;)

2015年05月23日 23時17分32秒 | イリョウテキおしゃべり

持病があると保険加入を考えている場合なかなか難しいですよね。
緩和型もでてきていますけど掛け金は割高ですしね。

マリオも営業の方がご連絡してくださったついでに
かねてから思っていた保険の見直しをと思い立ったのですが…。

とりあえずどんな保険に入れるか…というシュミレーションのつもりで
告知書を書いてみることに

急遽のことだったので閃いた(?←思い出せた(笑)?)疾病を記入。
慢性膵炎、ジストニア、喘息、子宮筋腫。
薬の名前も記入。
これでばっちりかと思ったら帰られた後に言い忘れたことを思い出しすぐお電話を掛けました。
すると告知書が今まで2枚だったところをさらに追加して書けばいいとのことで
再度お目にかかる約束を取り交わしたのですが…。

告知書の追加を書くつもりでスタンばっておりましたら
それ以前に書いた4疾病の段階でもう保険の下取り加入が無理とのこと

やっぱりねぇ~。
そんな気がしたわ(笑)

追加したかったのは胆嚢と胃のポリープ。

きっと撥ねられた疾病は慢性膵炎とジストニアでしょうね。
慢性膵炎は疑診か早期慢性膵炎か…というところなのですけど
病名よりも服用中の薬で判断するとのこと。

なるほどねぇ~。

まぁ~もともとの保険がもうしばらく有効なので大事にしておきますわ


こちらはかわいい羊ちゃん
コメント

15.5.20NHK放送「ためしてガッテン」は膵臓がん特集

2015年05月20日 23時03分05秒 | イリョウテキおしゃべり

今日のためしてガッテンは膵臓がんの特集でした~。

…と言っても忘れてて最後の10分くらいしか見ることができず…

オンデマンドもあるけど
とりあえず番組HPをね早く!すい臓がん発見 自己判定ガイド初公開

先日の消化器科受診で消化器系の病気は家族からの体質を受け継ぐことが多いとのお話を伺ったばかり。
食生活はもちろん、様々は生活習慣や思考回路もやはり家族の中で受け継がれていきますものね。
DNAレベルのお話にもつながることでしょう。

我が家もハハが水のう胞で半年に一度の検査中。
間もなく80歳になりますが少しづつ大きくなっているらしいのです。
やはり体質は受け継がれているのでしょうね。

番組の中で血糖値があがったら要チェックとのこと。
考えてみればこの数年、食の太くないハハが時折血糖値で引っかかっている模様…

ハハは元気ですけど80の声を聞けばあれこれ心配なことが多くなり…。
今度の検査には同行しようかと思いますわ


画像は札幌に住んでいながら初めて訪れた羊が丘展望台のクラーク博士。

「Boys, be ambitious!」でございます
コメント

春爛漫♪…サクラ満開です(^^)v

2015年04月27日 22時59分45秒 | 神経内科受診日記
急激な暑さがやってきてサクラもびっくりな北海道。
阿寒湖方面で30度を超えたなんて調子崩れもいいところです

ご無沙汰していたマリオブログ。
リハビリの様子も記事にしたいと思いつつまぁ~追々に…なのですが
それよりも先に記事にしたいことが…。

7年ほどお世話になったDrと受診日が合わなくなり転院することに…。
さて、その行先は…

結局消化器や呼吸器科でお世話になっている病院でまとめてみていただくことに決心。
本日受診日に三科回って三人のDrにそれぞれの症状でしっかりお世話に…。
特にジストニアでお世話になることになった神経内科医は
初診が8年前だね~って思わず二人でカルテを見つめてしまいました~。
そして8年がかりで改めて宜しくお願いします!と言えたマリオもそうとう図々しいですが
それをきちんと受け止めてくれたDrも本当にお優しい~~

この半年ばかり、あれこれと相談に乗ってもらっていましたが
本日は改めてのご挨拶もですがまずは薬の打ち合わせと次回の予約。

そこでまたまた図々しいお願い。
やっぱり、運動量(活動量?)が多いと筋肉痛と言いますか、神経痛と言いますか
身体中の痛みがかなり堪えます

以前から試したかったトラマール。
そこまでは必要ないかも…でトラムセットをお試しで処方していただくことができました~

いやぁ~、これで痛みから解放されると思うと嬉しくて思わずブログるマリオでございます

備忘録として書き留めておきますと
消化器科はアミラーゼの数値が高いこと、EUS画像に線維化が見られること、先日からの暴飲暴食で痛みがでていること。
この三点があるなら早期慢性膵炎になるかもね、とのDrのお言葉。
この線引きが難しいのですよね。
画像的には数年前とそう変わっていないのが救いです。
何せ検査もサボっていたのでね~(笑)

内臓疾患は遺伝性のものが多いとの専門的なお話もしてくださいました。


そして、呼吸器科。
ここのところ季節の変わり目のせいか喘息の症状が…。
あっという間に見抜かれ、ツムラの29番「麦門冬湯」を処方していただきました。
息苦しい症状に効果出ていそうです。
そして、今日はなんだか身体がしゃっきりしてない?とDr。
その前の消化器科で時間がかかって呼吸器科Drをお待たせしていると焦っていたからかしら?と思いましたが
その後の神経内科を受診しながら思ったこと。

そうだ!リハビリの効果をDrが見抜いてくれたってこと?

そうなんです。
なんかかいつも身体がふにゃってしているって(笑)

やっぱり、細々と簡単なことなのに身体の動きが全然違うのを見抜いてくれたことが
とっても励みになります。
また、そんなことやリハビリの内容についても神経内科医にもお話しできたことはラッキーでした

サクラの季節。
こうして気分よく受診を終えられたことは何よりに報告として今日の記事にいたします~~
コメント

リハビリ効果!

2015年03月25日 10時20分32秒 | 神経内科的症状日記

一ヶ月ぶりの更新になってしまいました。

…まぁ~いつも亀更新だけどね(笑)


リハビリを初めて2か月。

自宅で自分で訓練できる方法を!というスタンスで初めているので
ボチボチっとやっています♪

でも、本当にやってみてよかった~~!の一言♪

自分のできないこともはっきりして時間をかけてリハビリして行けるといいんだよね。

その内容についてはメモ代わりに追々UPしていこうと思っているのですけど
暫しお待ちくださいませ!

北海道は寒のもどり…。

寒いです…。

寒いと堪えますので皆様ご自愛くださいませ~(^^)v
コメント

もっと早くから…(^_^;)

2015年02月23日 17時06分21秒 | 神経内科受診日記

更新がまたまた伸びてしまいました

でも成果をお伝えできるわ

7日にいただいたリハビリの紹介状をもって
9日、さっそく受診してきました。

診察してくださったのはこちらの先生
久々のココロの主治医に報告に…

2007年の2月末に受診して以来ですからちょうど7年ぶりの再会です。

今までの経過をお手紙にかいてもらっていたのですぐにリハビリを手配してくださいました。

この日はとっても寒かった札幌。
もう体中が痛くって当初お願いするつもりはなかった痛み止めの相談も…。
出すなら、トラマールよりもトラムセットがいいでしょうねって。

しかし…。
やはり、今の主治医はお手紙を書いてくださった主治医なので
そちらからこちらに移ることを了解してもらわなければ薬がだせないとのこと。

うんうん。
それはその通りなんですわ

そして、どうしたいかゆっくり考えていいんじゃない?とのこと。

そうだ!焦ることはないのだ!

痛いのはあれこれ対処療法で潜り抜けるとして
問題はちゃんと動かないことなんですから…。

もちろん痛いのも嫌なんですけどね

そして発病以来初めての理学療法士によるリハビリ

あちこちの筋肉に手を当ててくださりながら動きのチェック。

ひとつひとつ、自分でもへぇ~という感じです

    

ジストニアの症状なのかどうしても体幹が曲がってしまうので
ご覧のようなストレッチポールを使って背骨を伸ばし腹筋背筋をチェックします。

病院での治療というより、自宅で自分でできるように…とのマリオの依頼を心得てくださって
宿題を出していただきます。

そうしてリハビリに通うこと今日で4回目。

2回目の時にはもうこのストレッチポール買いに行っちゃいました
背筋が伸びてめっちゃ気持ちいいのです

こんなことならもっと早くにリハビリしておけばよかったと思いつつ
今からでも決して遅くないと自分に言い聞かせております。

来週には桂枝加朮附湯を出していただいた漢方医の先生にもご報告。
真面目に服薬中ですけど、身体がぽかぽかしてきています。

まだ冷えは取れていないのですけど、お世話になっている鍼灸師の先生もその効果にすぐ気づいてくれました。
そうそう!
リハビリの効果もてきめん
今まで、筋肉が緊張しすぎているところと弛緩しているところがあったのが
筋肉に張りがでてきているとのこと

すこしやっただけでもこうして違いが出るのかな??
薬の影響等もあるでしょうが、しっかり見直していこうと思います。

そんな鍼灸師の言葉に気をよくして、リハビリの先生にもお話しするマリオも
やる気が出るってものですわ

主治医との付き合い方はこのリハビリの様子をみて焦らず考えようという心の余裕がでました~
コメント

いくらなんでも…(T_T)

2015年02月07日 20時21分53秒 | 神経内科受診日記

ほとほと疲れています

気分転換に通院前に雪まつりを覗きながら気分を晴らしてきましたわ
でも、こーなったらってカンジで覚悟も徐々に固まりつつ…

先日の続きです。

血液検査の結果を電話でいただき、いつも親身になってくれるDr二人に会いに行きました。
一人はマリオのここ最近の不調を心配してくれていてDr自ら予約を先に入れてくれています。

もう一人は、先日から相談にのってもらっている別の神経内科医。

こうして、相談できるDrがいることのありがたさをしみじみ感じましたわ

で、一人目のDr。
リウマチ系の血液検査でOKでも、それに現れない人もいるからね~とのこと。
一人ひとり身体が違うってことを十分にご承知なのでしょう。

で、身体の痛みをとり、マリオの場合痛みを取るには身体を温める方法を…とのことで
初体験の漢方、桂枝加朮附湯を出していただきました。

身体を温めるのは自分でも実感していたので
さっそく湯たんぽを肩甲骨のところにあてて寝ること2日目。

夜中に目覚めることなく朝まで眠れました!

身体は痛いけど、痛みの緩和にはなっているのね

また一か月後に受診です。



そして、現在の状況を相談している神経内科医。
マリオの苦境を充分理解してくれていて、トラマールを出すことはできるけど
翌日に本来の主治医に結果をきちんと聞くことになっていたので
それを確認してから何とかしましょうってカンジで、次の予約を考えてくださいました。
漢方を出してくださったDrの受診日と同じ方が都合がいいのでそう伝えますと
そんなに待てますか?って…
有難いお言葉

でも先生もお忙しいのは十分に分かっていますし、こちらとしては痛みをとりあえず我慢してみて
主治医にお手紙を書いてもらいリハのDrに相談にいく段取りさえできれば
痛みには強いんですよなーんて、ちょっとエラそうに強がってみて大丈夫ですと、一か月後の予約としてきました。

で、翌日。神経内科の主治医を受診。
その前に雪まつりで気分を晴らしてから遅刻して受診しました(笑)
今回はご丁寧にドアまで開けてくださり、血液検査の結果に問題がなかったことを
マリオ以上に喜んでくれました。(←その喜び様が不自然に思っちゃうのはマリオがひねくれてる??)
こちらとしては問題はないだろうと思って受けているんですけどね~

で、トラマールも我慢できるなら飲まなくても…ね!ってカンジで
漢方も試すことにしましたし、お願いする意欲もわかず、はい~!といいお返事しちゃったわ(笑)

そしてリハビリを受けることはとってもいいことだと言ってくださっていたので
さっそくお手紙を書いてくださいましたわ

やった~~~

暮れから、このお手紙を無事に書いてもらえるかどうかをずっと不安に思っていたので
ほっとしたのでよく眠れたのかしら(笑)

とにかく、痛みからは解放されてませんけど確実に次の展開が見えてきているので
頑張った自分にご褒美をあげたいくらいです

…そんなわけでサザエさんの雪像画像。

マリオったら、若い友人にサザエさんと呼ばれていたのですのよん




コメント

血液検査速報(^_^)v

2015年02月02日 15時48分27秒 | 神経内科受診日記
血液検査の結果速報の電話をいただきました。
今週呼吸器科やらの受診があるので、悪い結果は予想していないものの
万が一の時には即対応できますからね❗

結果はリウマチ系は異常なし(^_^)v

白血球が惜しくも正常値を下回りました。

ここのところギリギリ正常値に入っていたんですけどね(^-^;
惜しい(^_^;)

あとはリハビリ用のお手紙を書いていただくのをしっかりお願いするわd=(^o^)=b


こうして今年の目標を少しずつ進めているのでございます\(^^)/
さぁ~、頑張りますd=(^o^)=b
コメント (2)

お手紙用に検査を…!?

2015年02月01日 22時12分15秒 | 神経内科受診日記

続きです。

ロキソニンが脳に働かない(?)成分なのか痛み止めの効果が出ないのはわかると主治医。
トラマールをだすことにしても、リハのDrへお手紙をだすにしても
なんの確定診断ができていない状態ではその痛みの解決にならないから
そんな症状なら血液検査を…ですって

今さらですか???

1年半ほど前から腕の筋肉痛がひどいからとアーテンを半年続けてみたりしていたのに
薬を試したり、その症状とうまく付き合っていくしかないのって言い続けてらしたのに…

そんな検査があるわけ??

結局、ジストニアも症状でしかないわけだし
なんの確定診断にもならないってわけで7年過ごしていたってことかなぁ~。

なんか悲しくなるわ

  

先日たまたま折鶴を一つ折ってみた時のこと。
たった一個の折鶴なのに細かい筋肉の動きができないので
起きてられないほどの頭痛と吐き気に襲われ…。

普段しない動きがダメなのよね。

そんな話をしたら、鶴なんか折ることないでしょって。

もう笑っちゃうよ。

何気に思いついて鶴を折るくらいしちゃダメですかっ

とにかく、めっちゃ落ち込む一日でしたわ

  


結局リウマチ系の検査をして精査しないとトラマールの処方も
リハのDr用のお手紙も書けないってことなんですわ。

それならもっと早くに手を打ってほしかった…と思いつつ血液検査の段取りとなったのですけど

なんと

その検査用の道具(スピッツ?と思われ…)がないですって

結局その日は採血できず土曜に出直してきました。

結果もすぐにはでないらしく今週再度受診することに…。

まぁ~きっと大丈夫だと思うのですけどね~
結果待ちっていうのはなんとも嫌な気分ですね~。

…というわけでロキソニンも全く効果なしで
今夜も痛みと戦いながら就寝いたします(笑)


オヤスミナサイ
コメント

今年は…

2015年02月01日 22時11分58秒 | 神経内科受診日記

北海道、あちこちで吹雪の模様。
不要不急の外出は避けましょうというのが最近の合言葉です。
…とはいうものの、受診予約を取り消すには勇気がいりますよね

まぁ、そんな事態にはなっていませんが…。

さて、今年の目標みたいなことを暮れからおぼろげに考えていました。

ジストニアからくる筋肉痛、身体のこわばりを鍼に頼るだけじゃなく
ストレッチ等自分にあったものをどこかで習いたいな~なーんて…。

そこで思いつくのはやはりこちらのDr。
久々のココロの主治医に報告に…

最後に受診したのが2008年ですから、もう7年ほど経ってしまいました。
こんなに病院とお付合いすることになるなんて思ってもいなかった頃ですね。

これだけ時間がたっていますがリハに関して相談者としては最適なDr。
暮れに思い切って病院に電話をしてみました。

外来看護師がDrに相談してくれた結果、いつでもどうぞとのこと。
ただ、7年間の経過を今の主治医からお手紙をほしいとのこと。
それがなければ診ることはできないって…

ここのところ転々と勤務先が変わっている主治医の手元にカルテがあるわけもなく…。
でも当たって砕けろだわ

…というわけで、最近筋肉痛、関節痛で夜中に目が覚めてしまいつらいので
前記事にあるようにトラマールをいただけないかの相談もかねて先週突撃受診

ここで、いつもの痛みは自分で作り出しているから…の主治医の持論

そう言われても痛くて眠れないのは困るのですわ

で、今の薬だってどうして効いているのかわからないとおっしゃる…

でもこんな風におっしゃっていたことも…。
薬の警告(^_^;)

まぁ~いずれにしてもこの痛みが何かストレスがあるんじゃないの??って。
で、そうやって薬に頼りやすいタイプだからこんな麻薬のような成分の薬を出すのはあなたにとってよくないのとのこと。

でもロキソニンも痛みにはなんの効果もなく、夜中に痛みで何度も目が覚めるのはつらすぎで何とかしたいとのことと
リハ用のDrへ受診するためのお手紙を…とのお願いを何とか切り出してみました。

続く…。


コメント

久々のEUS!

2015年01月26日 18時19分42秒 | 膵炎もどき受診日記

久々に膵臓の定期健診。
師走に通院(^_^;)第一弾

CTとEUS(超音波内視鏡検査)の検査です。
EUSは安定剤を使うので車での行き来は禁止なのですけど
タクシー移動ではお財布に優しくない…。
ぼーっとしながら慣れない公共交通機関もねぇ~と、過去の検査は安定剤なしで受診。

スタッフには相当驚かれて検査をしたのですけど、今回は夫が都合がついたので運転手をお願いしたのでした。

で、初の安定剤使用

いやぁ~全く痛くない~!
以前は痛くて検査後2時間ぐらい病院のソファーに撃沈していたことを思ったらうそのように楽ちん

いやいや???
そういえば以前は主治医が検査をしてくださると思っていたら
弟子の先生の指導医として後ろに構えていたのですわ。

今回は手慣れた主治医自らだったのが楽ちんの元でもあるでしょうね。
やはり熟練の方の検査は痛くないですもんね。

結果は、数年前と変わらず膵臓の少々の線維化があるのと
胆嚢ポリープの壁が肥厚しているとのこと。
いくつかあるもののサイズは7mmとオペ対象外で安心

で、線維化の膵臓ですが早期慢性膵炎、慢性膵炎の区域にも入らないそうです。
難病指定となる慢性膵炎の確定診断にはさまざまな基準があるのです。

主治医がとっても早口で説明してくれるのですけど
難しすぎて聞き直すこと度々でしたが、それも時間に制限があるわけで
Dr自ら説明は省略との宣言
それだけ判断基準がややこしいのですよね。

ただ一つ、現状が早期慢性膵炎には程遠いのか?と質問してみましたが
それはあながちそうでもないそうで、やはり気をつけてそうならないよう自己管理が必要ってことですね~

で、安定剤でジストニアの身体中の痛みにも最高に効果満点
久々に夜ぐっすり眠れました。

そうなんですよね~。
ここのところ、筋肉痛、関節痛がひどすぎて夜何度も目が覚めてしまいよく眠れないのです。
それは続くとさすがにツライ年齢…
そんな話をしてみると飲み薬で麻薬ではない効果的痛みどめとして使ってみてはどうかとの提案が

成分(一般名) : トラマドール塩酸塩
製品例 : トラマールカプセル25mg~50mg、トラマールOD錠25mg~50mg

その効果に驚いた直後だったので消化器科の主治医に処方してもらおうと思ったら
さすがにそれは神経内科に相談して…と言われてしまいました。
ごもっとも(笑)

さぁ~QOLを上げたいというのを直近の目標にしますわ
コメント (2)

年内最後の通院。

2014年12月30日 09時57分05秒 | 神経内科受診日記
年内最後の通院に北海道爆弾低気圧予報の最中に行ってまいりました。
予想は市内3日とも大外れ←有難いこと(笑)でラッキー

主治医は一緒でも初めて入る建物には少々緊張です(笑)

にこやかに出迎えてくれたDr。

関節痛、筋肉痛の訴えに
そういうものだからしょうがないよね~。
でも上手に付き合ってるでしょ…。

みたいな…(笑)

薬を出してもらって、鍼の同意書を書いてもらっておしまい…(+_+)

これでいいのか悪いのか…。

自分で自分の気持ちをコントロールして落ち込まないように、
痛みは紛らわす方法を…とは十分心掛けておりますけど
じゃあ、根本的にはどうしたらよいのやら…と
数年ごとにぶり返す悩みが最近もくもくと湧き上がってきています。

薬を飲んでいるだけでいいのか?マリオ?
そんな自問自答です。

この数年の感触では不随意運動が起きているところから
徐々に動きが悪くなってきていると思われます。
であれば自分でできるリハならやりたいと思うわけで…。

呼吸器科のDrのほうが喉や舌の動きの悪いことを話すと
口元のエクササイズを教えてくれるんですからね~

そんなアドバイスをDrに求めること…、いえ、
求めなくてもアドバイスしてくれることって高望みでしょうか?

きめ細やかな鍼灸師に巡り合ったおかげで
あれこれ人間の心と身体との関係とかれこれお話で盛り上がれるのが
マリオの何よりのメンテナンスかもしれません。

      

今年もあと数日。
皆様良いお年をお迎えくださいませね
コメント (2)

100本!

2014年12月24日 23時55分30秒 | 鍼治療
イブですね~
この年末年始、マリ男もマリ太郎もそれぞれの相方さんと勢揃いする予定です。
…というわけでこの数日掃除に布団の用意を少しづつ…。

いっぺんにやる筋力がないんだなぁ~これが…(笑)

少しづつ…すこしづつ…頑張ってますけど
この数日の疲れを癒しに午前中鍼へ

ここのところお世話になっている鍼灸院の先生にしっかり筋疲労を見抜かれ
マリオさん、今日の鍼の本数すごいです~!
ゴミ入れに入りません(笑)って

トレーのペン立のような容器が山盛で溢れております
治療される側はどこにどう刺してしているのかよくわからないので聞いてびっくり

今日は100本近いです~!って

普段は60本くらいらしいです

それでも多いですよね。



で、鍼灸師曰く…。

対処療法でやっていくとどうしても本数が増えてしまい、
本来なら、不調の大元を少ない本数で治療していくのが望ましいのですけど
今回はさすがにそうならなかったですね~とのこと。

先生もあれこれ試行錯誤しながら治療にあたってくださっています。

そんなめぐりあわせに感謝感謝してイブの夜を過ごしますわ~
コメント (2)