花の日々

はなのひび

尾道・三原の満開の桜

2019年04月17日 | Weblog

今年の春は、気温差の激しさに体がついて行かない。そんな中カープの絶不調でhideさんの機嫌は春の大嵐、毎日顔色うかがいの日々。はあぁ。。。気温差よりもこっちの方が体調にひびいているのかも?(笑)。とすっきりしない毎日を過ごしている間に、桜はほとんど散ってしまいました。「ボーっと生きてるんじゃねえよー!」とどこからか声が聞こえて来るようです(笑)。というわけで4月7日のことですけど、遅ればせながら満開の桜です。尾道へ行って来ました。

山陽道本郷ICへ降り、桜を楽しみながら向かうことにしました。ICを降りて2号線へ出るまでの川沿いに桜並木、菜の花と一緒に満開です。2年前、この桜並木を通り幼なじみのきっちゃんの葬式に行きました。あまりにも突然のきっちゃんの訃報、いまだにピンと来なくて淋しさは不思議となく、いつものきっちゃんの笑顔がそこにあり、よく笑ってやさしい声でまた電話がかかって来ると思っている…。

三原の道の駅「神明の里」でお弁当を買い、外で海を見ながら昼食。桜が満開、しかも青空が広がり暖かいとあって、広い駐車場は車でいっぱいです。

尾道は桜がほぼ満開。例年だとどこよりも1週間ほど遅い尾道の桜ですが、へんてこ?な気候だからですかねえ。尾道は桜も人もいっぱい。駅も見違えるようにリニューアルして、なんだか町中が明るくうきうきしているようです。桜の後ろに見える(見えるかな?)千光寺も桜が見頃で、ロープ―ウェイもなんだか楽しそうです。

帰り道、中心街を離れ尾道ICへ向かう途中に大好きな桜があります。てっぺんの少しの蕾を残しほぼ満開。日が沈む頃の桜は、違った顔をのぞかせる。咲き終えた花びらが川に浮かび霞み具合が幻想的で、なんだかちょっぴり哀愁を感じながらも心が落ち着く…。こんな年になると、今がとても大切に思え、桜がさらに愛おしく温かくやさしく感じる……。今年も大好きな桜に、そして尾道の桜に会えてありがとう。

 

コメント