ワン達の成長日記&いつも笑顔で。。。

トイプードル(ティカップサイズ)2匹とチワワの成長日記
日々のできごと、海外旅行など。。。

りりーが退院しました!

2018年04月23日 | 日記
朝から電車に乗って、りりーをお迎えに行ってきました。
待合室は予約の方や飛び入りの方でいっぱい!

8ヶ月のチワワちゃんが後ろ右脚を大腿骨骨折したと・・・
大腿骨骨折って、お年寄りのことのように思っていたけど
こんなちっちゃな子でも折れるんですね~

活発な、よく走る子だそうです。
まりんも気を付けなければと母は思うのでした

気になるお会計
内金を25万円入れていたので残りの312,920円をクレジットでお支払い
合計562,920円

1回目のオペで10万円ほどかかっているので
総合計66万円越えです

今日もワンちゃん専用タクシーを利用
認可がなくても営業できるんだそうです。
とても、優しいおじさんで
東京動物整形外科病院は評判が良いとおっしゃっていました。
運賃は普通のタクシーより少しお高いですが
抱っこで乗れるのは母もワンちゃんも安心なので
これからも利用したいなと思います。

お家に戻って

みみもまりんも臭いが気になるようでクンクン。。。


ケージの中でまったりとしていますが、ずっと私を見ています。
さみしかったんだね!


大好きなヨーグルトをおいしそうにペチャペチャ
肩から剃られていますが、今回は包帯でギブスをしているので
前回ほど痛々しさはありません。
肩から骨髄を採取したと聞いていましたが
傷はほとんどありませんでした。
骨の厚みが3mm、幅が4mmのところに移植した骨髄はほんのわずかなんでしょうね。


1回目の手術で硬いギブスを巻いていたので
先生がおっしゃる通り、肘の皮膚が炎症を起こしています。
ここが擦れて痛くて歩けなかったのかな?
かわいそうにね、肘までやられるところでした。

そうこうしているうちに安心してケージの中で眠っています


コメント

骨折の再手術が無事、終了しました!

2018年04月20日 | 日記
今日の午後からおこなわれた手術が無事、終了しました!




骨がまっすぐになりました
プレート法にピンが刺してあります。
髄内ピン法で固定していた間にこすれてしまった骨を
補強するためにピンを2本追加したそうです。

また、癒合不全を起こしていたため
肩から取った骨髄を骨折部に移植しました。
なので、肩にも傷ができていると説明がありました。

りりーに会うことはできませんでしたが
看護師さんが写真や動画を撮ってくださいました。


トリミングに行けてないので、大変なことに・・・



動画では『キュンキュン』とかすれるような声でずっと鳴いていました。
家族と離れて、痛い思いをし、どんなに孤独で不安か。。。
とても切ない。

感染症の心配は残っていますが、月曜日に退院できるようです。
コメント

やっぱり、東京動物整形外科で再手術

2018年04月20日 | 日記
3月31日に左前足(尺骨)を骨折し、4月1日に髄内ピン法でオペをしたりりーですが
レントゲンを撮るたびに、くっつく様子がない、骨がまっすぐにつながっていない
と不安に思っていたので、自分の判断で
昨年、お世話になった東京動物整形外科を昨日、受診しました。

初めて【ペットタクシー】を利用
抱っこで乗れて、りりーも安心だったようです。
電車だとケージに入れないといけないし
きっと、キュンキュン言ったと思います。

早速、レントゲンを撮っていただき、再手術することになりました。
もちろん、プレート法です。
小さい子はプレート法の方が良いそうです。

骨折してから20日経もっているので、すでにくっつきかけているかもしれない。
しかも、斜めに固定されている。
そうであれば、先生の手で骨折させてから
骨の断面を削って、再手術になるとのこと。

ピンが皮膚を貫いているようなので、感染症が起こっている可能性がある。

等々、前回よりも厄介なオペになるそう。。。

すぐに入院かもしれないと思い、食事を2日分持って行ってました。
案の定、すぐに入院となりました。

エリザベスカラーを持って行くのを忘れた

今日、昼からオペを開始し、遅くとも午後4時には終了すると説明を受け
ひとりで電車で帰ってきました。(トボトボ・・・)

費用は昨年同様、50万円~55万円と説明を受け、承諾印を押してきた
ペット保険に加入しているので1割負担ですみますが
償還払いなので、一旦、支払います。
昨日、内金の25万円を支払ってきました。

お金はかかってもまっすぐな脚に戻ってほしいのです。
りりー、がんばれ

今日、夕方、会いに行くからね!



コメント

散歩に行きたいよ~

2018年04月09日 | 日記
りりー、退院後すぐは元気がなく、食欲もありませんでした。
入院中は完食していると聞いていました。
退院時、骨を形成するためにお肉を多めに
いつもの2倍の量をあげてくださいと言われました。

まりんもみみも自分の量とりりーの食事量が違うとは気が付かないので
倍ほど盛っていました。
子育て中は下の子が「自分のが少ない」と文句を言ってましたね~
初回は2倍量を完食しましたが、その後、下痢
だんだん、残すようになったので、いつもの量を1日3回あげることにしました。
ほぼ完食しています。
やっぱり、小さいので1回にたくさん食べられないようです

そして
まりんとみみが散歩に行くときに、「くーんくーん」と泣きます。
小さい声で精一杯、訴えています。
だんだん、3本脚で動けるようになってきたので
抱きかかえ、落ち着くまで抱っこの生活です。

できれば、ケージで過ごさせてくださいと言われていますが
ピョンピョンして危険なので、可能な限り、いつも通り過ごしています。
2ヶ月もこの生活が続くなんて、困りましたね。

今日、退院後の受診です。
そんなこんなで、私の仕事は早朝や夜におこなうことに・・・
まぁ、自分で調整しながらできるので、ありがたいですが。
コメント

髄内ピン法で治療

2018年04月05日 | 日記
りりー、月曜日にオペをおこないました。
今回は髄内ピン法

前回はプレート法だったので、プレートはそのまま残っていて
両足のレントゲンで写ってます。
向かって左が右前脚、右が今回折れた脚


前回はプレートに4本のボルトで固定しました。
3か月後くらいにボルト2本を抜くオペが必要と言われていたけど
何回も麻酔をかけるのが嫌で、そのままにしていました。


今回の骨折部分
昨年とほぼ同じ場所です。

尺骨といって、手羽先でいうと太い方の骨です。
りりーは小さいので、骨の厚みが3mm、幅が4mmだそうです。


今回はこのように尺骨にある空洞にピンを通して固定しました。
細い骨の空洞は、それはそれは細くて・・・
ピンの太さが0.8mm

オペをしてくださった先生のご経験は、今までで1番小さい子が1.9kgで
ピンの太さが0.9mmだったそう。
その子の70%くらいしか体重がないりりー
0.8mmが入らなければ、0.7mmにするとおっしゃってました。
0.1mmで強度が半分くらいになるので、できれば、0.8mmを入れたいと。

どうにかドリルで空洞を広げながら、ピンが挿入できたて終了したと
予定より2時間も遅れて連絡がありました。
麻酔で事故があったのかも・・・と、とても心配でした。
通常、20~30分で終了するオペなのに、2時間もかかったようです。

水曜日の夕方、お迎えに行ってきました。

前回のように肩まで毛が剃られていないので
あまり痛々しそうではないです。

今回はギブスを付けているので、すぐに歩けるわけではなく
できるだけ安静にとのこと
(結構、難しいです・・・)

これで骨がくっつかなければ、前回の整形外科の病院で再手術になります。
ちゃんと、骨がくっつきますように。。。




コメント

りりー、再び、前足骨折

2018年04月01日 | 日記
りりーが再び、骨折しました。
昨年は右前足でしたが、今回は左前足

私が留守中の出来事
パパはいたのに、わからないと言う・・・
どうして、りりーばかり痛い思いをするんだろう?

今日は朝から3頭の狂犬病の予防接種、午後からはトリミングの予定でしたが
急きょ、予防接種は中止になり
りりーのレントゲン検査、血液検査となりました。

【左尺骨骨折】で右足の時とほぼ同じ場所
人間の手首のあたりです。
直径が5mmほどの細い骨がポキッと折れている!
手首の所なので2本の骨があり、その太い方が折れています。

明日、オペということになり、軽く固定してもらって
家に戻ってきました。






りりー&みみにお留守番をさせ、まりんだけトリミングへ
りりーは慣れたもので、3本の脚で器用に歩いています。

明日は朝食抜きで、再び、オペで入院です。

前回の病院(救急だったので江東区の動物病院)では
プレート法(プレート&ボルト)を用いて固定させ
翌日から歩行が可能になりました。

今回は近くの病院の先生のおすすめで、髄内ピン法で固定するそうです。
翌日から歩けることはないが、骨がくっつきやすいメリットがあるそう。
先生はプレート法は選ばないと、おっしゃっていました。

なんせ、りりーはとても小さく、オペも簡単ではないそうです。
今日の計測、1350gでした~

昨年は3月18日にオペで1歳のお誕生日(4月4日)はケーキもパスでした。
今年の2歳のお誕生日もギブスで固定されて、ケーキどころじゃないね!
やれやれ・・・

コメント