ワン達の成長日記&いつも笑顔で。。。

トイプードル(ティカップサイズ)2匹とチワワの成長日記
日々のできごと、海外旅行など。。。

髄内ピン法で治療

2018年04月05日 | 日記
りりー、月曜日にオペをおこないました。
今回は髄内ピン法

前回はプレート法だったので、プレートはそのまま残っていて
両足のレントゲンで写ってます。
向かって左が右前脚、右が今回折れた脚


前回はプレートに4本のボルトで固定しました。
3か月後くらいにボルト2本を抜くオペが必要と言われていたけど
何回も麻酔をかけるのが嫌で、そのままにしていました。


今回の骨折部分
昨年とほぼ同じ場所です。

尺骨といって、手羽先でいうと太い方の骨です。
りりーは小さいので、骨の厚みが3mm、幅が4mmだそうです。


今回はこのように尺骨にある空洞にピンを通して固定しました。
細い骨の空洞は、それはそれは細くて・・・
ピンの太さが0.8mm

オペをしてくださった先生のご経験は、今までで1番小さい子が1.9kgで
ピンの太さが0.9mmだったそう。
その子の70%くらいしか体重がないりりー
0.8mmが入らなければ、0.7mmにするとおっしゃってました。
0.1mmで強度が半分くらいになるので、できれば、0.8mmを入れたいと。

どうにかドリルで空洞を広げながら、ピンが挿入できたて終了したと
予定より2時間も遅れて連絡がありました。
麻酔で事故があったのかも・・・と、とても心配でした。
通常、20~30分で終了するオペなのに、2時間もかかったようです。

水曜日の夕方、お迎えに行ってきました。

前回のように肩まで毛が剃られていないので
あまり痛々しそうではないです。

今回はギブスを付けているので、すぐに歩けるわけではなく
できるだけ安静にとのこと
(結構、難しいです・・・)

これで骨がくっつかなければ、前回の整形外科の病院で再手術になります。
ちゃんと、骨がくっつきますように。。。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« りりー、再び、前足骨折 | トップ | 散歩に行きたいよ~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事