徳不孤必有隣 marimerucha  

羽生善治先生の棋譜の鑑賞
ワンちゃん(まりめるちゃ)とのふれあい
クローン病との闘いの日々を綴っています

診察前に鎮痛剤希望

2020年01月12日 | くろーん
今年は寒い時はかなり寒いけど大体は暖かい
まだ今冬は雪☃を見ていない

寒いより暖かい方がクローン病は暴れない感じですが
こちらも痛い時はかなり痛い

昔なら直ぐに病院に行っていた位の痛みがある
夜なら救急外来のある大きな病院

最近は必死で自宅で我慢する事がほとんど

それは救急外来にいくと緊急を要する患者優先
強度の腹痛があっても他の患者が出血しているなら後回しにされる

冷や汗ダラダラで硬い椅子に長時間座って待ち
やっと診察となると検査される
自分でこういう症状だから痛み止めをうってくれと言っても
聞いちゃくれない
今度は硬いベットに寝かされ点滴をさされ検査結果を待ち
炎症値が高いからとそこでやっと鎮痛剤の投与
遅い時にはここまで6時間位

まぁ痛みが少なくても(無くて)鎮痛剤を望む人達がいるから仕方がないとはいえ
激痛のまま6時間待ちは辛い
それくらいなら自宅の柔らかいベットで苦しんでいたほうがいくらかマシ
痛みが数値で判明する器械でも出来ないものかなと望んでいます
今病院に行っても10/100位かな なんせ2日前は70/100くらいあって苦しんでいたので
そういう器械が有ると病院に到着し鎮痛剤希望すると痛みの数値を測り危険だと直ぐに助けてもらえそうだから


コメント   この記事についてブログを書く
« 令和二年 | トップ | 時報の音楽 »

コメントを投稿

くろーん」カテゴリの最新記事