徳不孤必有隣 marimerucha  

羽生善治先生の棋譜の鑑賞
ワンちゃん(まりめるちゃ)とのふれあい
クローン病との闘いの日々を綴っています

alphazero vs elmo

2018年12月11日 | 将棋について
Google開発のAI alpha 将棋を覚えさせて2時間で最強ソフトelmoと100局対局し勝率9割

elmoを始めとする将棋ソフトはプロ棋士よりも強いのに…
このalphazeroとelmoの対局棋譜が先日公開されました
zipFileを解凍してスマホのピヨ将棋で棋譜並べしました
その中でも羽生竜王がお勧めの棋譜が12,17,18,23,32,35,52,76,78,81局らしいです

昔から棋譜並べは好きです 特に升田幸三実力制四代名人、二上達也九段、有吉道夫九段、羽生竜王、佐藤康光九段など実践集の解説を見ながら盤上に再現すると絵画を観るような映画を観るような楽しみが有ります

今回のalphazeroの棋譜は自分自身の棋力が不足しているのか
序盤の大胆さ、中盤の手順、終盤の怪力や玉捌き、何というか未来の前衛芸術的な舞台を眺めている感じ
例えば第一局目の終盤での捨て駒の手順や左の金の動きなど実戦では読めませんし
万一思いついても選択肢から外します
多分プロ棋士やアマ強豪の指し手ならこの棋譜の意味を理解し勉強にもなるのでしょう
現在YouTubeでもこのalpha vs elmoの棋譜並べも上がっています
多分近いうちにプロ棋士の解説などもあるかもしれない 自分で理解を試みるのはそれからにします


コメント   この記事についてブログを書く
« 師走 | トップ | 4割は悲惨な目に遭う行軍 »

コメントを投稿

将棋について」カテゴリの最新記事