麻里布栄の生活と意見

小説『風景をまきとる人』の作者・麻里布栄の生活と意見、加えて短編小説。

生活と意見 (第604回)

2018-03-25 21:24:34 | Weblog
3月25日

キンドルストアに、故・社会思想社の現代教養文庫がぽつぽつ出始めていて、とてもうれしいです。以前、古本を買ったことをここで書いた秋山英夫訳編「ツァラトゥストラ」と、学生のころに買って、だいぶ前から姿を見なくなっていた野上素一訳著「神曲物語」を買いました。紙の黄ばみもない、新しい状態で昔の本が読めるのはいいですね。ただ、誤植が多い。「墓の歌」が「幕の歌」になっているところがあったり、句読点が抜けているところがあったり。早く出さないと価値がなくなるという種類の本ではないのだから、もう少し慎重に作っていただけたらと思います。ファンとしては(他人には強気で言えますね。本当は真っ先に自分に言わなければいけないことはわかっています)。

なんとかゴールデンウイークには、短編集〈エッセイ的なものも含む〉をまとめて、キンドル本として上梓したいと思っています。それが、本という形にできる最後のものかなと感じます。まあ、電子書籍は、100ページの短編でも一冊として出すことができるので、もう少しはいけるかもしれませんが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 生活と意見 (第603回) | トップ | 生活と意見 (第605回) »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事