まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

スコットランド王ジェイムズ4世愛妾 マーガレット

2018-06-28 19:30:50 | 王の寵姫・愛妾
悲しい恋物語のヒロインになった恋人
マーガレット・ドゥラモンド


1475〜1501/愛妾 1495〜1497

ジェイムズ4世の、数ある愛妾の中で本命と言われているのが
マーガレット・ドゥラモンドです。
すごーく遠い親戚なので書きませんが、というか辿りきれませんでしたが
デイヴィッド2世妃マーガレット・ドゥラモンドの何代か離れた姪にあたるらしい。

ジェイムズ4世とは密かに結婚し、マーガレット・チューダーとの結婚が決まると
身を引くために妹二人と服毒自殺したという… まさに悲恋物語。

水を差すようで申し訳ないのだが、事実はちょっと違うかもしれません。
でも歴史には諸説あるので、どれを信じるかはあなた次第…ってことで。

マーガレットは、初代ドゥラモンド卿の娘さんでした。
二十歳そこそこでジェイムズ4世の恋人になり、リンリスゴウ宮殿で暮らしていました。
マーガレットという娘さんも生まれています。
     
でも、どうやら真剣にお付き合いしたのは約2年ぐらいだったようで
マーガレット・チューダーとの結婚のかなり前に別れていた様子。
そうすると正確には愛妾ではなくて恋人ですね。

けれども1501年に、妹ユーフェミア、シビラとともに食事をしたすぐ後に
亡くなったのは事実です。
若くして亡くなった三姉妹は、ダンブレーン大聖堂に埋葬されました。 涙を誘いますね。

マーガレットの死後ジェイムズ4世がミサを行い、娘マーガレットの保護を続けたことで
二人の愛は続いていて、深いものだったと思われたのかもしれません。
マーガレットの死は、ジェイムズ4世とマーガレット・チューダーの結婚を推し進める
貴族たちによる毒殺と囁かれるようになりました。

物語としてはその方が面白いですよね。

わたしも何かの本で読んだことがあるのですが、中世から近代初期の食事環境は
貴族といえどもひどかったらしく、特にイングランドは遅れていたみたいです。
床がゴミだらけとか、食器使い回しとか、腐る寸前の肉生焼けとかね… すごいね!
てことは、もちろんスコットランドもひどかったわけで「食中毒でしょ」と
当時はたいした捜査もおこなわれませんでした。 親の家で食べた後だしね。
現代でも食中毒説が強いようです。

だけど食中毒ですぐ死ぬものかしら? やはり毒殺なんじゃないの?
でも何度も言うけど両親の邸宅で食べた後よ、親もからんでいるとか?

ジェイムズ4世とマーガレットの結婚が本当で、マーガレット・チューダーとの結婚がなければ
スコットランドとイングランドは連合国になっていないかもしれないわけで
かなり歴史がかわっていたかもしれません。
スコットランド独立を願う方は、おおいに肩入れしたくなる女性なのかもしれませんね。

娘のマーガレットは、最初にゴードン卿ジョンと結婚し
次にInnerpeffray領主ジョン・ドゥラモンドと再婚しました。
         
ジョン・ドゥラモンドとはどこかで繋がってると思うんだけど探せませんでした。

(参考文献 森譲氏『スコットランド王国史話』 Wikipedia英語版)

スコットランドの歴史を楽しくわかりやすく!
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね





ひとことK-POPコーナー



やってきました SHINee WORLD THE BEST 2018 ~FROM NOW ON~ in TOKYO DOME のBlu-ray
ジャケットを見ただけでいろいろな場面を思い出してしまって泣いたさ…
ちゃんと落ち着いて、通して見ようと思ってまだ見れずにおります 次の休みの日に見るとしましょう


セブンネットショッピング
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 『なんでもない一日』ローリ... | トップ | スウェーデン王エリク14世愛... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 ( 空飛ぶ狐)
2018-07-03 09:56:36
ヨーロッパ史…特に王室や貴族の女性に興味がありまして、こちらにたどり着きました。不衛生さは、知ってましたがここまでとは…。ゾッとします。現代に生まれて良かった。また、興味深い人物とエピソードを楽しみにしてます。
こんばんは (まりっぺ)
2018-07-12 21:12:36
空飛ぶ狐さま、はじめまして
こんばんは、コメントありがとうございます

中世の食事の不衛生さは確かにどこかで読んだことがあるのですが、何か忘れてしまったのでちゃんと出典を探せねば、と本棚をゴソゴソしましたら、ミシェル・ブラウンの『ロイヤル・レシピ』という本を見つけました。
歴代英国王の好物のレシピを書いたものなのですが、それによるとけっこうちゃんと料理していたみたいで、自信がゆらいできました。

でも王侯貴族の死因でけっこう “ 毒殺と言われているが不明 ” みたいな記述が多いのは、食中毒的な要因も多々あったのではないかなぁ…なんて思っています。

コメントを投稿

王の寵姫・愛妾」カテゴリの最新記事