健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

感謝です。2017年

2017年12月31日 | 日記
アドラーに学ぶ部下育成の心理学
小倉 広
日経BP社


あっという間に駆け抜けた一年でした。こころがいなくなってこんなに空虚なのかと思うことだらけです。こころがいなかったときはこれが普通だったはずなのに。

散歩の時間
ケアの時間
トリミングの時間
病院の時間
寛ぎの時間

全部、こころの時間だった…その時間が空いた…
嬉しくない…

これが現実なんです。

それをそう言い続けてもこころは戻らないし、こころも喜ばないと思うから
前を向いて生きるよ。ただ淋しさはそんなに早くは埋まらない…

こんなことばかり書いている自分も嫌だけど、こうして書いて励まして前向いて
そんな場所があってとても心が洗われてどれほどありがたかったことかと思います。

少しずつ思い出にして癒されながら前を向いて生きたいと思います。
ずっとこころと一緒だよ。

戌年の2018年、また心新たに生き抜くと決めて今年の感謝を申し上げます。

この場を持てて感謝しています。

ありがとうございました
月並みな言葉ですが、この言葉しか思い当たりません。今年一年の感謝をこめて。

コメント

楽になった

2017年12月30日 | 健康
病気にならない「酵素食」レシピ
鶴見 隆史[医学監修]
青春出版社


△×○の治療院に行ってきました
案外分り易く迷うことなく行く事が出来ました。

しかして、ああでこうでそうだと伝えてマッサージ開始…

口数は少なく余計な事は言わない…
  私も言わなくてぽよ~ンとしてました…

で、少しずつ話をしてみました。
人としてのいろいろな話って事ですがそれだけしました。

そんなところでしたが、このマッサージ師ですが、「手」が解かってるってことを感じました。
違和感のあるところで留まり、ほかのところより強くちゃんとケアをするように押してくれました。
その時、この人はわかるんだとわかりました。この人、というよりはこの人の「手」は
分るんだということがわかりました。
その「手」でケアしてもらって楽になり、これで年末年始は越えられると思っています。

偶然の出会いであってもこの出会いは身体にとってとてもありがたい物になるのかもしれません。
いつもの先生に加えてとても心強い人になってくれることを願います。

それにしてもどうしてマッサージの人は全て長良川の西側になるの

コメント

2017年のこり3日

2017年12月29日 | 日記
食物養生大全
鶴見 隆史
評言社


あっという間の年末三日間となりました。

今年は思い込み母ちゃんが入院することもなく年末を迎えましたが、こころがいません
こうして、どこかちょっとずつ変化のある年末を毎年迎えて行くようになるのでしょう。

        それが老いというもの。

ぶち切れ父ちゃんは相当病状が進んでいます。一見したところはわからないのです
全く普通の老人に見えます、
それが最大のネックですよね…

仕様がないと思いつつ、思えない。この悪循環が家族の持つジレンマとなっていきます。

そして、どう考えても思い込み母ちゃんも相当進んでるって自覚せざるを得ないという状況を突き付けられる昨今、どうしてもすぐにムカついて怒鳴ってしまうのでありました。

こころのいないこの空虚感で、おせちはオーダー品、
しめ飾りはぶち切れ父ちゃんが我が家は「喪中」と勝手にのたまい、
喪中はがきを自分だけ作り、私には年賀状を30枚買えといい…

どっちだよ

                   意味不明とはまさにこの事で…

本当に困ったものですよ。これが老老介護の現実です。
  見た目は世間体を繕い十分に普通に見えます
全く助けはいりませんよとアピールし、実はチョー大変っていう、、、
どこの老老のお家でも同じなのでしょうか…

似たかよったかの現実があちこちであると実感しますよ。

仕事をしながら、この老老の変化に対応して行く事は本当に大変な事です。
これが私たち世代が直面している社会的な現実。

しかも、あまり社会制度に頼らず、自立を目指している老老が直面している現実です。
薬は最小限、診察も最小限、介護保険も最小限。
こういう家族への社会的介護の厚遇は無視されていると感じてもおかしくはありません。

介護保険は最大限、薬は最大限、病院は入りびたり…
このような人は行政に認知され、ケアされ、最大の介護を受ける。

この相反する現実にどう対峙したらよいのでしょうか…

ちょっとそんな事を痛感している私なのでした。

2017年の年末です。




コメント

想定外のドタバタに

2017年12月28日 | 健康
最強の福音! スーパー酵素医療
鶴見隆史
グスコー出版


毎年年末は、整体に行き、整えて新年を迎えるのが恒例です。
何も考えず、いつもの先生に予約をしようとしたところ、、

入院中で、今年の診療はおわり
                    との連絡がありました…

うっそ~

驚きました。それでもそれが現実なのでこれはまずお見舞いを伝えて、頭真っ白

この不調はこのままでは年を越せないぞと…どこに行けばいいの

ってな訳で、友人と話をしていた処、そういえば、△×○があったじゃん
と思い出させてくれて、

予約しよ
ってな事でさっさと連絡して予約しました。

そんな訳でこの不調が収まる事を期待して行ってくることになりました。

はてさて、どうなるでしょうか…
コメント

ラフエの忘年会2017

2017年12月27日 | グルメ
自分をリセットする酵素断食のすすめ~変わるなら 始めるなら 断食だ~
藤五郎太
Winas, Inc.


今日は事務所の忘年会です
お天気がちょっと不安定でとても寒くなり明日の朝雪かという予想です

そんな中での忘年会です。


おしゃれな建物にびっくりです。
今年オープンしたお店です。
コースのお料理です。
おとおし



オードブルのような小鉢たち。


牡蠣の味噌椀 西京味噌だとのこと。これが絶妙な味わいでした。

お造り


焼き物 鰆です。


マスの山芋の卸し和え

ほたてとかぶ、蟹のあんかけ

そして、カモ肉

〆は、きのことごぼうの炊き込みご飯、味噌汁、漬物です。

このあとにミルクプリンでした。

食べた、食べた。おまけに飲みました。
美味しい和食ですが、創作和食です。
楽しい食事でした。

こんなに食べている年末、朝とお昼の時間がポイントです。
フルーツがメインで食べないようにしていますよ。でもこれは食べすぎだと思いますわ…







コメント