健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

心境

2017年10月31日 | 日記
アドラー心理学で家じゅうスッキリ! 片づける極意 (人生が大好転! 自分も家族も幸せになる!)
クリエーター情報なし
マキノ出版


10月が終わります。

光陰矢のごとし

とはよくぞ言ったものです。実感しています。

淋しさは募りますが、淋しい、淋しいと言ったところでこころは帰ってきません。
逝ってしまった肉体は人であれ動物であれ全て同じことです…。

わかっていますよ。わかっています。
これは、わかっている事とは全く異次元の感情なんだな、と痛感します。

ただ、不思議としかいいようのない温かさも実際感じます。
  こころの魂がそばにいます。

だから、淋しさを超えて次に行こうとできるんだなと思います。

肉体は滅びても魂は不滅だとお寺で散々説かれているのに、人は哀れなものです。
淋しさにそれを忘れてしまうのですから。

その魂が教えてくれます。

片づけなさい。片づけなさい。ちょっとずつ…

こころが逝ってから、仕事といえば、、

「断捨離」

のようです。

あと2か月で今年も暮れます…

片づけますよ。しっかりと。






コメント

アルバム作成でかんづめ…

2017年10月30日 | 日記
幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智恵 (講談社現代新書)
岸見 一郎
講談社


台風が来るというので用心してたら、雨がザンザン降ってきて
様子を見ようと思っていたら、TVでPCで自動的に写真をピックアップしてアルバムを作ってくれるサービスがあるって聞いたので、
これだ
と閃き、こころの写真をまとめないと、と思っていた矢先に救いの手
やるっきゃない
と思っていろいろとやっていたら…

とうとう一日かかってしまい、台風という口実の元、一歩も外出しないで
日曜日が過ぎて行きました…

こんなこと、一年に一度あるかどうかってことでびっくりしました

2週間くらいしたらアルバムが出来上がってきます楽しみです。

もう一冊頼みたいなと思っています。
こころと一緒にいたいです

コメント

お見事

2017年10月29日 | 日記
武豊デビュー20周年記念写真集
クリエーター情報なし
近代映画社


天皇賞 秋

この重馬場の、はるかに想定を超えるぬかるみを、武豊ジョッキーが導いて、
見事に耐えきりました。

何とも言えない、武豊の経験とその腕と、並みのお手並みではないことがわかる、
素晴らしい、身震いするほどのレースだったと思います。

キタサンブラック、おめでとう

これは本当に凄いレースでした。地味に見えるでしょう。でも、これは心から敬服します。

さすが、武豊ジョッキー
というレースだとつくづく思います。

いやぁ、久々にいいレースだったと感動です。

変な比較ですが、こころは馬に比べれば小さくて足元にも及ばないほどのわんこです。
あの大きな大きなお馬を調教して、走らせるんだからこれはほんとに凄いとしか言いようのない、そんな話ですよね。

キタサンブラック、男前だね。個人的にはディープよりかっこいいと思うわ~
コメント

中途半端だらけ

2017年10月28日 | 健康
酵素が病気にならない体をつくる! (青春文庫)
鶴見 隆史
青春出版社


先日、友人が今話題の並ばないと買えない大人気の食パンを下さいました。

なんか、「金賞」とか、賞までとっている美味しい食パンです。

人の厚意であるとしっかり認識はあります。
が、

ありがとうございます。お気持ちだけ頂戴します。パンは結構です

お断りしました。本当にお気持ちは嬉しい物でした。並んで買われたとも。

その理由は…

   マーガリンが使ってあるのに天然酵母で発酵させている

マーガリンはいただきません
それに「小麦粉」という事もありますが、それはなかなか避けるのは難しい事ですね。
厳選された小麦粉に、なぜマーガリンを使うの
   私には意味不明です。

それでも一斤が2000円近くするらしいです。

冗談だろ

世の中、中途半端なものが美味しい、体に良い、という風潮が横行してるイメージです。

そりゃ、都合がよすぎます。ありえません。

ただ、大人げないねって言われるわね。これじゃ。

わかってますけど、こういうところからわかってもらわないと長くお付き合いできません。

本当にごめんなさい

    でも、嘘はつけません。自分が頂かないのにもらう事も嫌です。
だから、この先もこうして生きていくと思います。
どうぞ、ご理解くださいませ。

フルーツは大好きですよ。お野菜も大好きですよ。

そうじゃなくても好まざる物もいただかざるを得ないことが多いので、
選べるときは選びます。
誰のためでもありません…自分のため、それだけです。

人生、なんだか、生きにくいかも…

   それでも私は「私」でいたいのです。




コメント

こころの穴を埋めるのは…

2017年10月27日 | 日記
勇気の日めくり まいにちアドラー ([実用品])
岸見 一郎
NHK出版


この日は、今までならお茶を飲んだりご飯を食べたりを頻繁にしていた知人と会いました。
今までは忙しくて用事を済ませてさっさと帰ったり…だったのが、、この日は久々にランチをしました。

オーエセルで。
水と塩
という意味だと思います。フランス語で。


おしゃれです。




お手頃ではないですが、ランチです。

久しぶりのフレンチです。

このお店はたまにお邪魔するところ。それでも久々でしたが。

美味しいなと思いつつ、これはやっぱりいただけないと思う素材もありました。
そういう事を理解してくれる人と行かないといけませんね。

それでも少しは心が満たされました。

こころのいない空虚感を食べ物で補っている傾向があるように認識しています
良くありませんね…
美味しい物は嬉しいですが、それはストレスなくいただいての事。

ちょっとこれはまずいなと思っている私です…

それでもがんばっていますよ、それなりに。
友人たちに支えられて。

周りの方々に感謝が絶えません…有難うございます。
月並みな言葉ですが心からそう思っています。そのおかげでなんとか前に進めます。

そんなしわ寄せで、、断捨離が凄いですよ、これ。
押入れを引っ越して以来初めてかも、という感じで片づけて、その中でいらないものはすてるすてる
それでもなんとか、自身を保っていられるようにと願っていますよ。

生きていると、つくづくいろんなことがあって、それに対応して行くべきなのかもしれません。
昨日もちょっと触れたように、心に素直でありたい分、難しいところはあるのですが、
いちいち言わなくても良いので、自身の心に秘めながら素直に過ごすってことも大切ですよね。




コメント