健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

やらかした2017

2017年09月30日 | 生きる
食物養生大全
鶴見 隆史
評言社


ぎゃ~~~またか

なぜ、この時期なの

家に仕事から帰ったら、、

転んだ…と。

膝をついてしまったらしく、大腿骨の骨折部分は必死にかばったらしい…
しか~し、痛くて歩けない、、だから、、寝る

なんと

あれから1年が過ぎ、感慨にふけっていたらこれだよ、これ
参った…

完璧に自滅です。
誰かに押されたとか、倒されたとか、では、ないのです。
自分で勝手に、自分の不注意で転んでいるんです。そう、勝手に。。。

やめてよ…
そういいたいだけですわ、ほんと。。

その人の性格がその状態を決めるって思えて仕方がありません。
なんか、思い込み母ちゃんの性格だと、勝手に転びそうだよね…
それは、止められないその人の性格に伴う行動、行為なんですよね。

誰にもある根底にある行動パターンのようなものです。

偶然その日にこころのバイオレゾナンストリートメントの予約を入れていました。
時は、予約が先、そして転倒ですから…

こころも久しぶりのトリートメントです。
初めての場所で、興奮気味でもありましたが、トリートメントが始まって
しばらくするといつもの通り、寝ましたよ。

よかった
久しぶりのリラックスタイムです

こころには気持ち良いのです。その証拠です。

いろいろなご縁が重なって伺ったお宅です。
ありがとうございます
感謝です。

また、少しずつこころが回復するかもしれないところを
見つけましたよ。
なんとか、頑張りたいです。

そんな忙しい一日でした。
コメント

こだわり

2017年09月29日 | 生きる
幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智恵 (講談社現代新書)
岸見一郎
講談社


アドラーに魅せられて本を読んだりしますが、岸見先生が好きなのかもしれませんね。
だから、アドラーと岸見先生のセットものを手にとっています。
生きる指針です。

わんこで言えば、
原因療法が一番しっくりとして、須崎先生に師事し、毎回凄いなと思って修正させてもらいながら成長させてもらっています。
ご本人が値段はそれなり。とはっきりと言われるところも大好きです。
その通りだと思っていますから。


人で言えば、
人の身体がもともと持っている力に添って生きていく。食べ物を選ぶ。生活スタイルを生体の持つ、もともとの習性に合わせる。食養生で病気はほぼ治る。治る前に病気にならない生活をする。
そういうことをぶれずに説いてくださる鶴見先生が大好きです。

そして、そんな鶴見先生と似ているところのある、苦労人、元島先生。
鶴見先生と同じく、真実を曲げず、自分を信じ、貫き通す強さを持っている人です。

私の大好きな人の共通点は、、

貫き通す

ところです。
圧力にも屈せず、真実のみを力に、自身を信じて。

こんな生き方が理想です。
それに近づけるように日々努力しているつもりですが、なかなか言葉の様には行きません
それでも、いつかそうなるように、命尽きるときに良かったと言えるように生き抜きたいと思います
そんな人に出会えたことが一つのエネルギーに、違いありません。


コメント

「今」だから

2017年09月28日 | 生きる
人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)
岸見 一郎
中央公論新社



今頃は毎年、季節感を思う気持ちが強くなるようです。
まず、曼珠沙華が好きなんだと再認識。

やっぱ、赤でしょ

こころの不調から大変だと思うのも秋が多い感じかな。
同じAPNAのメンバーさんにバイオレゾナンスをお願いしようと思っているのも今です。

母の骨折も秋で一年経ったと毎年思うのも多分今頃になるんでしょう。

恒例のくりきんとんもぼちぼち行こうと思い出すのも今頃です。

今回はそれにプラスして、選挙はあるし、議会傍聴ツアーはあったし…

いろいろと思うとその時その時の「今」って一瞬でしかなく、それでも大切な瞬間で。

今日は犬友のともちんのお誕生日
お姉さんからのプレゼントの一部を分けていただいて…。
沖縄の「ミズリ」のベーグルです。
本当に素材の味が口に広がって凄いなって思います。
今日は「トマトバジル」を頂きました。

80歳を過ぎた二人が食べるんですよ。このベーグルなら
彼らにはもう限られた「今」なんです。
本当にありがとうございます。

そんな「今」をかみしめる季節のようですね。



コメント

ルリチャン

2017年09月27日 | 日記
食物養生大全
鶴見 隆史
評言社


こころがあまり調子が良くない中、散歩は欠かせません。
そんなある日、久々に出会いました。

ルリチャンだって

はじめまして。ルリチャン。

こころより一回り大きな骨格の女の仔
お父さんに頼ってました。

ぼけちゃってごめんね。
その方がおっしゃるに…

この仔の前の仔もコーギだったんです
と。

コギ飼いにはよ~くわかる人事なのであります。

やっぱりね


そう思いますよ。
コーギという犬種はほんとに独特の性格、性質の持ち主です。
それはそれはなかなか抜け出せないものだなって思いますものね。

今は精一杯の愛情をこころに注いでいます。

こころが元気でずっといてくれればいいけれど、それはあり得ない事。
だから元気で旅立てるように精一杯の事をします。
それは、老老に対しても同じです。

あれから一年が経ちました。そう母の骨折です。
この一年、いろいろな事がありました。これからもっといろいろな事が降りかかってくることでしょう。
そういう年回りです。
避けることは不可能でしょう。だからこそ、生き抜いていきたいと痛感しています。

わんこも人もおんなじです。


コメント

そば 再び

2017年09月26日 | グルメ
「酵素」が病気にならない体をつくる!
鶴見 隆史
青春出版社


先日食べたおそばが悲しくて(ごめんなさい
あのままじゃちょっと嫌だったので、食べ直しに行ってきました。。



おそばやさんのたたずまいはどこも素敵です。
暖簾を入ると、混んではいないものの、お待ちでした



そして、席に通されました。
そばがき


とろろそば


そして最後に蕎麦湯

どことなくホッとしました。

おそばの触感が歯に伝わり、のどごしがさっぱりなめらか。その味はほんわかと香っている「そば」でした。
蕎麦掻はもちっとして、ほのかに香りました。

おそばでした。

この当たり前のことを求めました。個人の価値観の中でですが。
嬉しかったです。

仕事にも、介護にも、日常の生活にもこういうこだわりがどこかにあると一日が嬉しい気がします。
全てにこだわる事は難しいけれど、その中の一つでも。

今日の仕事は絶対にこれをやる。
でもいいし、
今日の介護は布団を干して気持ちよく寝てもらえるように。
とか、
ランチは完ぺきに酵素だらけにする。
とか、
いろいろあるけれど、
一日一つでもそういうことができれば幸せだと思います。

あれから一年となろうとしています。
だからこそ、この先に残されている時間は刻一刻と限られてきています。
よくぞ、ここまで、一年、もったものだと思うのはきっと本人を含め、家族は全員だと確信しています。

ありがとう

コメント