健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

ゲット品

2016年01月31日 | 日記
チョーわくわくの一日に買ったりもらったり。

パンフレットは多々、もらいました。その中で、ゲットしたものでございます。


其の名の通りの飴でございます。
別に変な味ではなくて普通に舐めることができる飴ですね。


これが美味しいんです。えのきだけではなくてマイタケとかはなびらたけとか4種ありました。
その中で「えのき」を選んだ理由は、、
亜鉛と鉄分
です。
これをもっているのはえのきだけで、このブースの方も
いろいろあるけど、「えのき」が凄いのよ。
といってらっさいました。

そしてなんといっても

今話題の「水素」
いろいろな水素カプセルがあることがわかりました。
それぞれがどういうものか、という事は情報として踏まえているということが個人的には必要になります。
良いお勉強になりました。
その水素のお水を作れるボトル

ちがう会社でしたが、このボトルに水素ガス発生剤を入れて作るタイプのものです。
これもまたいろいろな物があるなぁという実感ですね。

もっともっとたくさんあったのですが、現場でいただくものが多くて持ってこれないものが多々あります。
当然そのために行くわけですから…。

とにかく、やっとわくわくが落ち着いてきましたよ。
平常心でがんばらなくては。
と思うこの頃でございます。



医者も知らない酵素の力
Edward Howell,今村 光一
中央アート出版社




コメント

でら楽し~その3 京花

2016年01月30日 | グルメ
無事豊洲に到着して、ゆりかもめ終了。
初めて乗りました。私が東京人だったころにはなかったものです。景色がよくて
気分転換ができてとても印象の良い乗り物になりました。
普段モノレールなんて乗らないので、楽しかったですよ

さてさて、そして地下鉄に乗り換えて

飯田橋。知人との待ち合わせの場所です。
久しぶりにお目にかかるので楽しみでした。
旦那様がなくなられ、闘病時には大変苦労をされていたのでどうされているかと思っていましたが、
時とは偉大でした。その間を知らないという事は恐ろしい…
何事もなかったかのようにお変わりなく逢う事ができました。

そして「京花」というお知り合いのお店に連れて行ってもらいました。

名古屋人はエビを全て食します

何と贅沢な。うにも。ぶりもみんな美味しいのですよ。

これは卵つつみの白魚しっかりとした味がついていて、これぞだし汁って感じで和食を楽しみました。

きんかんも久々にいただきました。お魚が美味しい粕漬けです。

そして煮物。う~~ん大根が体にやさしく美味しいのですよ。

良く食べるわ…
能登のなまこで箸休め


そして

天ぷらです。今年初めてフキノトウを頂きました。春の苦みがきいていて幸せです~
ソラマメの天ぷらも美味。

〆となりました。

茶そば。
今までいただいたものが帳消しかってくらいあっさりしてました。でも凄いこしのある麺で
とても美味しかったです。これでもう一回食べられそう…って気のせいにもなったりしました。
お腹いっぱいになり、話も満開
私は夜帰るのでこのあたりでお開きとなりました。

「京花」のご主人は「花形」さんとおっしゃるのです。粋でしょ

この日は本当に素晴らしくお天気に恵まれた一日で、心から一日上京してよかったなと思える時間となりました。

飯田橋と言っても神楽坂なんです。昔の花街です。それがおしゃれに現代風になっていてまた行きたいですよ。このあたり。

青山も表参道も高層ビルが立ち並び、近代的にこそなりましたが、風情がどこかに置き去りにされてしまったなと個人的な感想を持っています。
大学時代、本当におしゃれで洗練されていたけれど、どこかに必ず人の温かみのある街だった青山、渋谷、表参道はもうないのです。
それを時代というのでしょう。それが時代なら、もう少しその在り方を考え直す必要があるのではないのかな。
と淋しさを覚えずにはいられません。  これが年をとった証拠なのでしょうかね…

生きる時代は選べないけれど、与えられた時代、時間の中で満足できるものに巡り逢えること、それ自体が幸せなのかもしれませんね。

現代の人たちにとってそれは何なのか知りたい気がします。

そんなことを思いながら新幹線で帰ってきたのでありました。

感謝。感謝 





嫌われる勇気
岸見 一郎,古賀 史健
ダイヤモンド社


コメント

ちょ~楽し。

2016年01月29日 | 日記
そして、な、なんと
こちら

こころのトリートメントメソッドです~
やはり、あったか


いろいろ話をしていると、獣医さんはかなりの人が使ってますよって。
驚き~でした。
わんこが使っていると言ってもあまり驚かれない、ってのに、驚きました。

勿論、人がケアをするものですが。

そして、わが師のブース

「酵素」がこの方のおかげでにわかに注目されてきました。
私たちは信じているんです。酵素が人類を救える担い手の一つであると。
だからこそ、ここまで頑張れるんです。
この後、先生の講演があり、それも聞いて無事予定は終了しました。


なんて素敵な夕日でしょう。
とても穏やかな東京湾の夕焼けでした。風もなく、気温も高め。歩いていてもとても気分のよい、そんな夕暮れ時でした。

「ゆりかもめ」全線に初めて乗り、お台場を通過し、目的地で降り、またその先に向かって再びのり、

築地の市場が豊洲に引っ越すと言っているその場所。もう外観は出来上がっています。
駅もあります。着々と進んでいるんですね。楽しみですね。

いろんなことがありました。でも楽しい事には変わりないんです…

その後のことはまた次に





薬のいらない体は、酵素がつくる!: 医者にかかる前に「食習慣」を変えなさい (知的生きかた文庫)
鶴見 隆史
三笠書房
コメント

でら楽し。

2016年01月28日 | 日記
行ってまいりました。
じゃん

当日の朝も風邪っぽくてどうしようか悩んだ末、いってしまったのでありました。

なんといっても、今年のこの業界の最先端の情報の宝庫ですから、行かない手はないのです。
しかも、わが師も出店してまして、講演までするというのに、行かないわけがありません…
お天気も上々でしたので、えいやっと新幹線に乗ってしまったということでございました。

興味があるものにとっては一日中、遊園地状態ですよ、これ。

え、水素で毛が生えるの


酵素温浴してるけど、
岩塩浴ってのもあるのか


しかも、下半身と足浴に分かれて。

強烈なおじさん登場

今に有名になるから、今のうちだよ。のってごらん
と、この方が乗っているのはゴムの資格のラバーマットとでもいうのでしょうか。。

こちら。
ちゃんと、写真撮影許可はもらいました。一理賛成する私もいます。

現代病と言われる病―昭和初期にはなかった新しい難病、奇病、慢性病の元は何か。

  普通に考えてみれば生活習慣の急激な変化を上げないわけにはいきません。
  その立ち位置で考えれば、食生活、環境等の変化。一番の影響は、食生活と運動。
  肉に油。車にテレビゲーム。
  これらが根源にあることは恐らく間違いない事だろうと想像します。
  足を使う事。頭を使う事。和食を食すこと。
  などなど。アナログ的に生活をすれば、現代病はもう少し後で出現したかもしれません。
  そして、過激な薬。
  こんなことが重なって病気を生んでいるのだろうと考えるのは個人的には当然のことだろうと思っています。
  それを改善していけば、こうなるんだよ。ということをこの方は言っているのでしょう。

その点において、賛成します。

ってな訳でわくわくチョー楽しい統合医療展その1とします

つづく
コメント

お料理

2016年01月27日 | 旅行
バスツアーの宴会は琵琶湖グランドホテルでした。
そのお料理がこちら

さすがに美味しくいただきましたよ。
京都が近いからかどうか、とても美味しかったのです。
鴨葱そばの鴨もなかなか美味かったです。

琵琶湖も寒そうな水面をしてまして、風の強さ、気温の低さを感じました。

ホテルの外観を撮ることも忘れ、バタバタしてました

とにかくとっても寒かったけど、とってもお天気に恵まれた、とっても楽しいツアーでした。



ヒトの寿命を左右する・酵素
星崎 東明
ヘルス研究所
コメント