健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

こころとこころ

2018年07月20日 | 生きる
アドラー人生を生き抜く心理学 (NHKブックス)
岸見 一郎
NHK出版


こころが家にやってくることになり、犬種だとか、名前だとかあんまり拘らなかったんです。

引き受ける段になり、

こころです…と言われ、一瞬頭によぎったのが…

トイプードルの「こころ」ちゃんのことでした。

この仔は整体の先生のところの仔で、その先生が

いい名前だろ、こころっていうんだよ
と自慢げに言っていたことを思い出して、、

こころなの おんなじやん

  偶然です。驚きました。

そのトイプードルのこころちゃんも先月旅立ったと聞きました。
その仔は15歳だったそうで、天寿ですね。
とても元気な仔でした。あまり病院にいったとか、聞かなかったです。

お疲れ様でした。こころちゃん。
家のこころと逢ってるかな
きっとたくさんの「こころ」がそちらにはいるのかもしれませんね。

先日、整体でそんな話をしました。
生きるものの宿命とはいえ、淋しいものです。その淋しさは時間が癒してくれるのでしょうか。切なさも感じます。

そんな年齢を痛感するこの酷暑のひと時となりました。

            おそまつ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 消えた温度 | トップ | ちみっとお休み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生きる」カテゴリの最新記事