健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

ストライキで済んだ

2019年01月05日 | 日記
老いる勇気 これからの人生をどう生きるか
岸見 一郎
PHP研究所



なんとなく、悪い予感がして夜実家に戻った…
やっぱり…

ハンガーストライキに突入し、本当に旅立とうとしてた
これで3回目か4回目

どことなく、そんな気がしてた。

から、帰った

と言っても良いのです。虫の知らせってこと

案の定…そうだった。。。

それでもちゃんと話をしてくれて、なんとか説得に成功したと思う。

りんごのすりおろしを食べてもらい、少しのバナナ。
入れ歯が入っていないから噛み砕けない…
それでも、なんとか話をちゃんとして帰ってきました。

どうかな、明日は…

思い込み母ちゃんは、

あんたのお荷物になるよ、私
と言ったけど…

自然にしててくれればいいよ

それ以外に言いようがない。

命を自らの手で断つことは言語道断
それだけは避けたい。
ちゃんと寿命を全うしてもらいたい。それだけがのぞみ。
きっともう少し、生きると思うけど、それでも有難いと思ってる。

それは、心の底からの叫び。

天がその生を限るまで、人は生きる仕事を課せられている

そう信じてる。だから良かったと思う。

人は自分で命を限ってはいけません。

与えられた時間を生きること。それが使命の一つだと信じます。

                  感謝
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 見溜めした… | トップ | 割れる割れる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事