健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

飛燕のクッキー

2018年06月24日 | 日記
気がつくと一日過ぎていてブログも忘れてたって日々が続いています…

最近はもっぱらAWGに傾倒しているのですが、人はいろいろ学んでいるんですね。
つくづくわかりました。

当然犠牲を払ってきましたがこの年になって「やっとか、あなたは」って感じ。

そんな中、理解者という人はいてくれるんですね。
それにも感謝です。

そんな、理解者には知ってほしいと思っています。この日はその方にAWGを体験してもらいました。話しながら少しはリラックスしてもらえたかなと思いつつ、久しぶりにお話ができて嬉しかったです。
「波動」が「共振」する人には、知ってもらいたい、わかってもらいたいというスタンスになりました。

    誰にでも知ってほしい、わかってほしい、

ず~っとそう思って全てのことをやってきた気がします。
きっと、「変な人」とか、「またなんか始めたの?」「うっとうしいな」とか
思っている人は多いと思いますよ、我ながら。
人って理解してもらいたいと思って生きていると思います。

それが、やっと、実感として、
      わかってくれる人には説明はいらないんだなってこと。
言葉じゃなくて「気」とか「波動」とかでわかってくれるようです。

その数が多くても少なくても、そんな事は関係なく、そういう存在が身近にいてくれるかどうかの方が大切ですよね。

そんな中の一人がAWGを試しに来てくれて、くださいました。



「飛燕」

あの大戦の形見。その貴重な一機を展示している各務原航空宇宙博物館。
その地元のお店が作ったクッキーです。

1つは頂くつもりでいますが、老老に持っていきますよ。

何せ、ぶち切れ父ちゃんは元管制官です。飛行機大好きです。

そんなこんなで、いろいろな事を感じる今日、この頃です。

             おそまつ






アドラー人生を生き抜く心理学 (NHKブックス)
クリエーター情報なし
NHK出版
コメント