健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

まずは家族から

2018年06月20日 | 健康
超不都合な科学的真実 もうからない重要な発見はすべて潰される! (5次元文庫)
ケイ・ミズモリ
徳間書店


連日、AWGでのトリートメントをぶち切れ父ちゃんと思い込み母ちゃんでしています。
人を健康にするには、まずは身内からです

原理など全く理解していないぶち切れ父ちゃん、
膝が痛かったことを黙っていて、最近よほど痛いんでしょう、
痛いというようになりました。
本当に昔気質の人で我慢強いところがあります。

そこで、トリートメントをしてみると、

なんかな、軽くなったぞ

        調子の良い事いうなよと思いつつ、

そーなの良かったじゃん

と聞いていました。
すると、母がいいました。

お昼すぎてから、やっていない方もやってくれといって両膝をやったのよ
ですと。

ホントだったんだ

ってな訳で私の方が驚く始末となりました。
思い込み母ちゃんは、程度が重く、あまり自覚がないようですが、気長にやっています。
そりゃ、そうですよね。右顔面神経はあるのかないのかわからず、耳の神経はつぎはぎをされて、右耳は聞こえず、右目の瞼は閉じられない。脳腫瘍はある。大腿骨骨折でボルトを入れられて…。そんな現実ですからそんなに易々とわかるとは思っていません。
なので、気長にね。

もっぱら私自身は夜、休む前に集中して行っています。
「腸」
のプログラムをしたところ、
おならはでるわ、お腹はなるわ、ごろごろ動くし、
こんなに直接的に反応がでるものなのかと驚いています。

冗談抜きで、これは想定をはるかに超えるパワーを持っているような、そんな気がします。

まだまだチャレンジは続きますよ。


コメント