健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

2016日本ダービー

2016年05月30日 | 日記
マカヒキ

しびれるレースでしたおめでとうございます。川田J。

騎手にはわかるんだ着差が。

と痛感。それはルメールだからなの
いや、ちがうでしょ

個人的勝手な感想です

ロマンを求めると、ディーマジェスティに勝ってほしいと思ってましたが、
というより蛯名Jが悲願のダービージョッキーになるというシナリオを描いておりましたが…
せっかくの最内枠なのに、道中、あの位置なの
と思いました…
これじゃ、勝てんよって…
勝ってほしかったのに…

来年までガンバレやと神様が言ってんだな~って事ね。

勝手に「私の」があるのですが、ダービーで思い出すのは「わたしのメイショウサムソン」です。
あの時、サムソンは1枠2番。
杉本さんが言っていたのを、ぱくってますが、
あの守ちゃん(勝手にすみません。)が念願のダービージョッキーになったレース。
あれはまさにサムソンが守ちゃんにくれたプレゼントでした。
きっと、本人もサムソンも心通じていたことでしょう。

マカヒキという仔の事をあまり知りませんが、冷静沈着な川田Jが、着順「確定」が出たとき、
空を仰いで泣いていた瞬間を見たとき、「持ってるな」と感じました。

勝ち馬だけが戻れるターフ。
ルメールはさっさと戻っていったのに、確定が出るまでダートに入り、決して誇示しなかった
マカヒキと川田J.。

「ダービー馬」の品格ってこういうものかもしれないな、とその時、サムソンを思い出しました。

そして、ターフから少しだけ歩いて戻っていきました。
川田将雅Jは競馬ファミリー出身だと聞いていますが、本当に芯の通った人なんだと
つくづく感じました。

ダービーだけでなくそれぞれにそれぞれのストーリーがあるでしょう。
それでもきっと何かがきらりと光るところに栄光はやってくるんだなって。
みられているんだなって。

お疲れ様もままならぬうちに
また来年のダービーに向けて全ての競馬関係者、ファンが歩き出します。

川田J、マカヒキ おめでとう

心動かされるものがある事は幸せなことだと確信しています。



幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
岸見 一郎,古賀 史健
ダイヤモンド社

コメント