健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

a nice catch

2016年05月03日 | 日記
木の芽時のこの頃、思い込み母ちゃんが鬱気味ですね…
ぶち切れ父ちゃんは発作が頻繁になっています…

こうなってくると、周りから「大変だね」と言われる言葉が、「こういうことか」と実感することになるわけです…

ふ~~~

案外大変だなと実感してるこの頃です…

ただちょっと引いてみることができた瞬間、今までの自分が押しつけで老老を見ていたかもしれないとふと思いました
気づけた自分で良かったとつくづく思いますよ…

こういう些細なことを直接ではないけれど教えてくれているのはもしかしたらこころなのかもしれないなってふと思います

誰に対しても、どんな時でも、自分がほしい、したい、ってことしかしないんですよね、こころは

そんなこころを見てると、「素直」ってどれほど大切で難しいのかってことを教えられたと痛感してます。

励まされているのは人の方なのかもしれないなと確信に近い何かがありますね。
とったよ~

すっごいスライデングでも、頑張るね~~

って。

あ、このブログの著作権は写真ともども放棄してませんので、よろしくです

だって、こんなこころがいるんですよ~独り占めしちゃいたいですよ~~
見せたくて、魅せたくて。
って飼い主バカですが…

通常の日常を送れることに対する感謝が最近は強いですね、、。
いつまでこの日常が続くのか、それが大切なことですね。
粛々と時を刻みますよ、しっかりと。




幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
岸見 一郎,古賀 史健
ダイヤモンド社
コメント