健康食は犬好食- 眼からうろこのはがれる真の栄養学

こころとの思い出とこれからを生き抜くために必要なこと。老老の愚痴など心のバランスを保ちたいそんな日記です

量子波シール

2019年03月25日 | 日記


最近のおもろいトピックスは、この量子波シールです。


驚くことなかれ、ガラケーに貼って使っていますが、確実に空気が冷たいってわかります。
どう説明したらいいのかはわからないけれど、ちがうのはわかります。

げげげこれは、凄いな、と。
本当に感じています。変なやつですかね。

どうしましょう。うそを言うつもりは毛頭なくて、自身が感じたことなのでこうとしか言えないのですが。

スマホは裏側に貼ったんですが、表にもはります。


いろいろなことが加速度をまして動いています。驚き以外の何物もありません。
こんなに生き急いでって感じがします。時の流れの中にいるだけですが、凄い渦の中にいるような気もします。

ただただ、面白くて楽しくて、どうしましょう状態の自身はもう少し続くのかな、ありがたいことです。

                おそまつ

コメント

横柄だろ

2019年03月24日 | 日記
世界の医師が注目する 最高の食養生
鶴見 隆史
評言社



やっとの思いでちょっとできた時間に庭の雑草を抜いていると、
思い込み母ちゃんが、
実はやりたいことがある…とのたまい、ナンテンの周りをきれいにしだした。
それは、それでよいのです。

ところが、  ここからが問題でした。私には

不自由な足のため、フォローが必要なので、当然フォローしながらの掃除になるわけです。
あれがいる、これがいるというものを用意してそれぞれに作業をしました。
気がつくと、さっさと窓を閉め切り、本人は家にさっさと入り、外には使ったはさみや、取り除いた葉っぱが
おいてありました。

驚きました

ちょっと、終わったの?終わったんなら終わるって一言言ってから入れんの?横柄やね


というと、
自分のできることはやったから、あそこに置いておいたでしょ
というではありませんか

そうですかそれは正論ですか

ぶちぎれましたよ、私。

やりたい時だけ人に頼んで用意させたんだから、終わるなら終わるで一言声かけてはいるのが普通やろ
勝手すぎるんじゃないの、横柄な人やね


そういったらしばらく無言でいましたが、それからおもむろに
私のできることはしたんだから、どーのこーのと言ってました。
全く自分だけできることをすればいいらしいです。
冗談じゃありません。
むかついたってありゃしない

情けないですが、それが母親です。現実です。

確かに私は子供ですが、この年になり、社会経験を積み、人としては平等だと思っているのです。
いつまでも「親」が子を見下すことが正当であるとは到底思えません。

確かに私は「子」ですが、使用人ではありません。

この日、無言で家をでました。

それくらい、むかつきました。私が変でしょうか。
これ以上のことを言わないで黙っているのが精いっぱいだったのです。

「変」ならご意見を伺いますので教えてくださいますか。
さすがに、私は正しいとは言えませんよ。

こうじゃないの?って教えてもらえることがありがたいことですから。

ほんと、悲しくなりました。
どうも、愚痴の一コマ、    おそまつ

コメント

アキモのランチ第2弾

2019年03月23日 | 健康
キラー・フード―あなたの寿命は「酵素」で決まる
エドワード ハウエル
現代書林



学校から離れることになり、学校のある街にはこれから頻繁にはいかなくなるであろうと思いますが、
この日はご挨拶に知り合いと会いに行ってきました。

ランチを兼ねて。

せっかくなのでakimoのランチを一緒にいただこうと思いました。
おまけに、お弁当を買って老老のごはんにもなるんです
この日はこのランチです。


お店でいただき、持って帰り、とても体が喜びました。
食後が全然違います。うれしくなるほどです。

そんな日はどこか幸せな時間が流れますよ~~

              おそまつ
コメント

ハートの岩塩

2019年03月21日 | 生きる
幸運体質になれる浄化ブック (単行本)
ウィリアム・レーネン著
KADOKAWA/角川学芸出版




凄いお塩がきました。

ヒマラヤクリスタル岩塩のハート型




どうするの、これ


と、思いましたが
すぐさま、この岩塩から出てる波動が凄くて、今使ってるこのPCの電磁波をカットしてるような、なんかしてます。
確実に、このキーボードがひんやり感じますから。

お塩の持つ浄化力で、凄いパワーを感じています。

どうしてこんなんになってしまったんだ?と思ったり、

           もともとそういう人だったよ、あなたはね。戻っただけだって。

という声が聞こえてきたり、最近凄いエネルギーとパワーに押されて日々が過ぎていくのです。
仕事、一つやめたんだよ、これで。。
ふつうは、ほっとして暇になるとか、楽になるとか、あるじゃないですか、しばらくは

そうききませんか。ましてや、定年退職ではありませんから、そうそう感慨深くもないし。自分で決めた時期だし。
決められたことは何一つなく、全て自分で決めてるし…

押し寄せる波に「はいはい」とお調子者の私はホイホイと乗ってどこに行くんでしょうか…

最近、心の底から思うよ。
           楽しくて仕方がないの。どうしましょう。病気かな…

目出たい奴だと笑ってやってください。

まだまだ、頑張るから

               おそまつ
コメント

パワーワード「ありがとう」

2019年03月20日 | 日記
人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)
岸見 一郎
中央公論新社



卒業式が行われ、巣立っていきました。謝恩会後の二次会にお邪魔しました。

この子達が最後の卒業生です。

ありがとう


    月並みですが、この月並みな言葉に言霊を乗せて送ります。

お別れの時花束とプレゼントをくれました。見てくださいよ。これですよ。これ。

全く考えてもいなかったので驚きました。
その反面、凄くうれしかったです。心から嬉しかったです。本当にうれしかったのです。
淋しいなとは思います。彼らは人生の船出です。しっかりと大地に根を這って生きてほしいと願います。
自身は、人生の次の段階への船出となります。
それぞれのスタートラインが違ってもそれぞれの目標に向かって生きるんです。
とっても優しい花束で、嬉しくて心震えます。よかったなと自身へのご褒美ですかね。そう思っていいですかね。


この年になると、人生を変える勇気が本当に必要です。
それが、こんなにすんなりと出てくるものかと思うほどの決断で、何の障害もなく整いました。
そのことを驚く自身です。先はどうなるんでしょう。
その時々に納得できるように、生きていきたいなと思っている次第です。

春が来ました。新しい一歩の始まりです。
これからもよろしくお願いします。

                   おそまつ
コメント